4234 Movies

ブルックリン横丁 A Tree Grows in Brooklyn (1945)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1943年に発表された、ベティ・スミス同名自伝的小説を基に製作された作品。
辛い時代を生き抜く家族を少女の視点から描く、ブロードウェイから映画界に進出し、実際はこの作品より前があるものの、実質的にはエリア・カザンの監督第1作といっていい作品であり、主演ドロシー・マクガイアジェームズ・ダンペギー・アン・ガーナージョーン・ブロンデルロイド・ノーラン共演による家族愛のドラマ。


ドラマ(家族愛)


スタッフ キャスト ■
監督:エリア・カザン
助監督:ニコラス・レイ
製作:ルイス・D・ライトン
原作:ベティ・スミス
脚本
テス・スレシンジャー
フランク・デイヴィス
撮影:レオン・シャムロイ

編集:ドロシー・スペンサー
音楽:アルフレッド・ニューマン

出演
ドロシー・マクガイア:ケイト・ノーラン
ジェームズ・ダン:ジョン”ジョニー”ノーラン
ペギー・アン・ガーナー:フランシー・ノーラン
ジョーン・ブロンデル:シシー・エドワーズ
ロイド・ノーラン:マクシェイン巡査
テッド・ドナルドソン:ニーリー・ノーラン
フェリーク・ボロス:ロメリー
チャールズ・ホルトン:バーカー
ジェームズ・グリーソン:マックギャリティー
ルース・ネルソン:ミス・マクドーノー
ジョン・アレクサンダー:スティーヴ・エドワーズ
アデリン・デ・ウォルト・レイノルズ:ウォーターズ夫人
メエ・マーシュ:リジー・ティンモア

アメリカ 映画
配給 20世紀 FOX
1945年製作 129分
公開
北米:1945年2月28日
日本:1947年7月


アカデミー賞 ■
第18回アカデミー賞
・受賞
助演男優賞(ジェームズ・ダン)
特別賞(ペギー・アン・ガーナー)
・ノミネート
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨークブルックリン
貧しいアパートで暮らす、ノーラン一家の苦しい生活は切迫していた。

堅実な妻ケイト・ノーラン(ドロシー・マクガイアー)は、掃除婦など、身を粉にして働き、毎週欠かさず保険金をかけ、稼いだ現金は必ず半額貯金していた。

想像力豊かな娘のフランシー(ペギー・アン・ガーナー)と、やんちゃな弟ニーリー(テッド・ドナルドソン)も、鉄くずなどを集めては売りさばき家計を助けていた。

一家の主ジョニー(ジェームズ・ダン)は、ウェイター”芸人”をしていて、夢ばかり追い続ける楽天家だった。

フランシーは、貧しい生活に追われて素っ気無い母よりも、空想好きの父ジョニーを愛していた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
貧しくも、力を合わせ逞しく生きるノーラン家の中で、主のジョニーは、気のいい楽天家として日々を暮らしていた。
そんな夫にかまっていられず、生活のために働きづめのケイトだった。
想像力豊かな娘のフランシーは、空想好き父のことを愛していた。
学習意欲旺盛なフランシーは転校を希望して、ジョニーは娘の願いを叶えてあげる。
そんな時、ケイトの妊娠が分かり、辛い生活が続く中、ジョニーは家族に幸せを与えられない自分の無力感に絶望しながら、亡くなってしまう。
やがてフランシーは,母ケイトが、自分や父を愛していないと思い込み、憎むようになる・・・。
__________

20世紀初頭のブルックリン、貧しい生活を送る平凡な一家族の物語を、一家を支える母親の苦悩や、経済力には乏しいが、温かく家族を見守る父親の悲哀・・・。
母親の愛情を受け入れられず、父親の奔放さばかりに惹かれる娘の姿などを繊細に描いた、エリア・カザン演出の珠玉の名作。

特に、随所に見られる、舞台演出家らしい画面構成が印象的だ。

2010年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

第18回アカデミー賞では、ジェームズ・ダンが助演男優賞を、ペギー・アン・ガーナーが特別賞を受賞した。
・ノミネート
脚本賞

また、当時の街並みを、ノスタルジックな雰囲気で見事に再現している、セットや小道具も素晴らしい。

主演のドロシー・マクガイアは、生活苦と子供達への愛情の乏しさに苦悩する母親役を、迫真の演技で演じ切っている。

アカデミー助演賞を受賞したジェームズ・ダンの、楽天家でありながら、夫や父親としての責任を果たしきれず、寂しく死んでいく姿は涙を誘う。

感受性の強い娘を演じたペギー・アン・ガーナーの、二人に劣らない名演なくして、本作は語れないほど素晴らしかった。

また、派手な伯母を演じたジョーン・ブロンデルも、物語の中で大きな存在感を示し、妹(D・マクガイア)と対立しながら、母としての愛情を取り戻させる役を好演している。

若き日のロイド・ノーランの、実直な巡査役も印象に残る。
(若いとは言っても40歳を過ぎていた)

弱音を吐かない逞しくやんちゃな弟テッド・ドナルドソン、祖母フェリーク・ボロス、保険の集金人役チャールズ・ホルトン、フランシー(P・A・ガーナー)の想像力の豊かさを褒め、彼女を励ます教師役のルース・ネルソンなどが共演している。

アパートの住人でメエ・マーシュ、同じく、前年の「我が道を往く」(1944)で、老神父役のバリー・フィッツジェラルドの母親役で、わずかながら出演し、親子の再会を感動的に演じたアデリン・デ・ウォルト・レイノルズも、一家にピアノを預ける夫人役で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020