4240 Movies

THE GREY The Grey (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

旅客機墜落事故の生存者7人の命を懸けた闘いを描く、製作リドリー・スコットトニー・スコット、主演リーアム・ニーソンダーモット・マローニー、製作、監督、脚本ジョー・カーナハンによるサバイバル・ドラマ。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:ジョー・カーナハン
製作総指揮
ロス・ファンガー

ジェニファー・モンロー
ビル・ジョンソン
アディ・シャンカー
スペンサー・シルナ
製作
ジョー・カーナハン

ジュールズ・ダリー
ミッキー・リデル
リドリー・スコット
トニー・スコット
原作:イアン・マッケンジー・ジェファーズ”Ghost Walker”
脚本
ジョー・カーナハン

イアン・マッケンジー・ジェファーズ
撮影:マサノブ・タカヤナギ
編集
ロジャー・バートン

ジェイソン・ヘルマン
音楽:マルク・ストライテンフェルト

出演
ジョン・オットウェイ:リーアム・ニーソン

ジョン・ディアス:フランク・グリロ
ジェローム・タルゲット:ダーモット・マローニー
ピート・ヘンリック:ダラス・ロバーツ
トッド・フラナリー:ジョー・アンダーソン
ジャクソン・バーク:ノンソー・アノジー
ルーク・ルウェンデン:ジェームズ・バッジ・デール
ヘルナンデス:ベン・ブレイ

アメリカ 映画
配給 オープン・ロード・フィルムズ

2011年製作 117分
公開
北米:2012年1月27日
日本:2012年8月18日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $51,580,240
世界 $77,278,330


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
アラスカ
石油採掘現場で、狼などの野生動物から作業員を守るスナイパーとして雇われたジョン・オットウェイ(リーアム・ニーソン)は、最愛の妻を亡くし、自殺も考える辛い日々を送っていた。

そんなオットウェイは、休暇のため家族の元に向かう、ならず者集団の作業員と共に旅客機に搭乗する。

機内で隣に座る、トッド・フラナリー(ジョー・アンダーソン)から話しかけられたオットウェイは、彼の話を迷惑に思う。

フラナリーは気分を害して他の席に移り、オットウェイは眠ることにする。

その後、嵐が近づき機体は揺れ、作業員達は騒ぎ始め、オットウェイは死を覚悟する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

イアン・マッケンジー・ジェファーズの、短編小説”Ghost Walker”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
アラスカ
石油採掘現場で、狼などの狂暴な野生動物から作業員を守る、スナーパーとし雇われていたジョン・オットウェイは、最愛の妻を亡くし、自殺まで考える辛い日々を送っていた。
そんなオットウェイは、休暇のため、ならず者集団の作業員達と旅客機に搭乗する。
離陸した機体は、嵐のために激しく揺れ始め、やがて山中に墜落してしまう。
奇跡的に助かったオットウェイは、7人が生存していることを確認し、暖を取り、食料を確保して南に向かおうとする。
オットウェイは、その場が狼の生息地であること知り、犠牲者を出しながら、極寒の地で移動を始めるのだが・・・。
__________

旅客機墜落現場で生き残った男達の、生存のための闘いのドラマは、愛する妻を亡くした主人公の不安定な精神状態も描く、心理的な描写を強く印象づけているところが注目の作品でもある。

その主人公を演ずるリーアム・ニーソンと監督ジョー・カーナハンは、「特攻野郎AチームTHE MOVIE」(2010)でもコンビを組み、今回も息の合った、二人の意気込みが感じられる力作となっている。
リドリー・スコットトニー・スコットも、本作同様、同作の製作に参加している。

ロケは、舞台となるアラスカではないカナダで行われ、厳しい環境の中での撮影となった。

死を恐れることのない傷心の身でありながら、生存のために最後まで死力を尽くす主人公を、60歳を目前にしたリーアム・ニーソンが、体を張った迫真の演技で熱演している。

悪態ばかりつくものの、人間味を感じさせる作業員フランク・グリロ、同じく、崖で落下して狼の餌食になるダーモット・マローニー、主人公と共に、最後まで生に執着するものの命を落とすダラス・ロバーツ、作業員のジョー・アンダーソンノンソー・アノジージェームズ・バッジ・デール、ベン・ブレイなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020