4238 Movies

ラブソングができるまで Music and Lyrics (2007)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

落ちぶれた1980年代の元アイドルと、彼に認められて胸ときめかす詞を書く女性が、悪戦苦闘しながらスター歌手のために曲作りに励み、やがて二人の間に愛が芽生えるまでを描く、主演ヒュー・グラントドリュー・バリモアヘイリー・ベネット他共演、監督、脚本マーク・ローレンスによるロマンチック・コメディの快作。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:マーク・ローレンス
製作総指揮
ナンシー・ジュボーネン

ハル・ギャバ
ブルース・バーマン
製作
マーティン・シェイファー

リズ・グロツァー
脚本:マーク・ローレンス
撮影:ハビエル・ペレズ・グローベット
編集:スーザン・E・モース
音楽:アダム・シュレシンジャー

出演
アレックス・フレッチャー:ヒュー・グラント

ソフィー・フィッシャー:ドリュー・バリモア
コーラ・コーマン:ヘイリー・ベネット
クリス・ライリー:ブラッド・ギャレット
ロンダ・フィッシャー:クリステン・ジョンストン
スローン・ケイツ:キャンベル・スコット
コリン・トンプソン:スコット・ポーター
グレッグ・アントンスキー:ジャイソン・アントン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2007年製作 104分
公開
北米:2007年2月14日
日本:2007年4月21日
製作費 $ 40,000,000
北米興行収入 $50,514,050
世界 $145,896,420


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
1980年代に、爆発的な人気で一世風靡したバンド”PoP!”のボーカル、アレックス・フレッチャー(ヒュー・グラント)は、今ではその人気も風前の灯だった。

現在のアレックスには、つまらないテレビ番組の出演や、テーマパークなどの巡業依頼しかこなかった。

アレックスのマネージャー、クリス・ライリー(ブラッド・ギャレット)は、人気歌手コーラ・コーマン(ヘイリー・ベネット)から、新曲の依頼が入ったことをアレックスに知らせる。

そこに、ソフィー・フィッシャー(ドリュー・バリモア)という女性が、植木の手入れに現れるが、彼女はサボテンのとげが指に刺さり帰ってしまう。

その後、アレックスとクリスはコーラに会い、昔の曲のカバーではなく、早急に新曲を作ることを要求される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
かつて1980年代、一世風靡したバンド”PoP!”のボーカル、アレックス・フレッチャーは、今では人気も忘れ去られ、低俗なTV番組の出演や、テーマパークの巡業依頼しかない、落ちぶれた生活を送っていた。
そんなアレックスはある日、人気歌手コーラから新曲の依頼を、マネージャーのクリスから知らされる。
そこに、植木の手入れでソフィーという女性が現れるが、彼女はサボテンのとげが指に刺さり帰ってしまう。
その後アレックスは、気乗りしないまま曲作りを始めるものの苦労してしまう。
そんな時アレックスは、再び植木の手入れに現れた、ソフィーが口ずさんだ歌詞を気に入る。
ソフィーは、アレックスが”PoP!”のメンバーだったことを知って驚き、彼から作詞の手伝いを頼まれるものの、尻込みしてそれを断ってしまう。
しかし、アレックスは、熱心にソフィーを説得して、堕落した自分をさらけ出し、ようやく彼女の協力を得られることになるのだが・・・。
__________

トゥー・ウィーク・ノーティス」(2002)でもヒュー・グラントと組み、本作が監督2作目のマーク・ローレンスの、軽快で無駄のない演出は実に心地よい。

オープニングとエンドロールの、1980年代の雰囲気を見事に再現している、プロモーション・ビデオの仕上がりも抜群だ。
その主題歌”PoP! Goes My Heart”の小気味好いリズムも最高だ!!

その1980年代に活躍した、イギリスの二人組みミュージシャン”ワム!”のアンドリュー・リッジリーが主人公のモデル。

北米興行収入は約5100万ドルに留まったが、全世界では約1億4600万ドルに迫るヒットとなった。

ヒュー・グラントは、40代後半の渋みも加わったお茶目な元アイドルを好演し、見事な歌のパフォーマンスも披露してくれる。

幼さも残るドリュー・バリモアも、相変わらずのキュートな魅力と確かな演技力を見せてくれる。
クライマックスで、アレックスの曲を聴き感激する彼女の表情は、思わずホロリとさせられる。

二人の曲をアレンジしてしまうが、ラストでは、オリジナルで熱唱するスター歌手のヘイリー・ベネット、長身と図太い声が印象的な主人公のマネージャー、ブラッド・ギャレット、豪快なソフィー(D・バリモア)の姉役クリステン・ジョンストン、ソフィーと関係のあった作家、ジョージ・C・スコットコリーン・デューハーストの息子でもあるキャンベル・スコットなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020