4502 Movies

ギャンブル・プレイ The Good Thief (2002)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ジャン=ピエール・メルヴィルが製作、監督、脚本によるフランス映画「賭博師ボブ」(1956)を基に製作された作品。
落ちぶれたギャンブラーが挑むカジノ襲撃計画を描く、監督、脚本ニール・ジョーダン、主演ニック・ノルティチェッキー・カリョエミール・クストリッツァレイフ・ファインズ、ナッサ・クヒアニチェ他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ニール・ジョーダン
製作
シートン・マクリーン

ジョン・ウェルズ
スティーヴン・ウーリー
製作総指揮
クリスティン・ハームズ
ニール・ジョーダン

ティエリー・ド・ナヴァセル
オリジナル脚本”賭博師ボブ
ジャン=ピエール・メルヴィル

オーギュスト・ル・ブルトン
脚本:ニール・ジョーダン
撮影:クリス・メンゲス
音楽:エリオット・ゴールデンサール

出演
ボブ:ニック・ノルティ

ロジェ:チェッキー・カリョ
ウラジミール:エミール・クストリッツァ
アン:ナッサ・クヒアニチェ
トニー・エンジェル:レイフ・ファインズ

ポーロ:サイード・タグマウイ
ラウル:ジェラール・ダルモン

イギリス/フランス/アイルランド 映画
配給 フォックス・サーチライ ト・ピクチャーズ

2002年製作 108分
公開
イギリス:2003年3月7日
北米:2003年4月25日
日本:2004年1月31日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $3,517,800
世界 $5,756,950


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニース
落ちぶれたギャンブラーのボブ・モンタナ(ニック・ノルティ)は、自分がヤクを打っているのを見ても気にしない、ボスニア出身で17歳のアン(ナッサ・クヒアニチェ)が気になる。

その後ボブは、ヤクの売人サイードに銃を奪われた地元警察の刑事ロジェ(チェッキー・カリョ)を助ける。

ボブは、クラブのオーナー、レミと付き合うアンが、娼婦かジャンキーに身を落すと考えレミからアンを解放する。

アンを連れてバーに向かったボブは、友人ラウル(ジェラール・ダルモン)とポーロ(サイード・タグマウイ)に彼女を紹介する。

アンに食事をさせてホテル代を渡したボブは家に戻る。

翌日、スーツケースを持って海岸線道路を歩くアンを見つけたボブは、車を止めて彼女から事情を聞く。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニース
落ちぶれたギャンブラーのボブ・モンタナは、バーで見かけたボスニア出身で17歳のアンが気になる。
付きまとう男からアンを解放してやったボブは、行き場のない彼女を家に滞在させる。
その後、競馬で全財産を失ったボブは、友人のラウルからある計画を提案される。
それは、日本マネーで一新した、モナコのカジノの壁に飾られた名画を強奪する計画だった。
ラウルとカジノを下見したボブは、絵が偽物であることを見抜き、本物が近くの保管庫にあることをラウルから知らされる。
地元警察の刑事ロジェに監視されながら、ボブはラウルやポーロ、そして保管庫の警備システムを担当するウラジミールらを仲間に引き入れ、強奪計画を進めるのだが・・・。
__________

この手の作品は、絵画強奪の実行までの計画進行の過程などを楽しめる。
それに加え、裏社会などとも絡む微妙な人間関係を描くニール・ジョーダンの演出手腕が見所の作品。

勝ち方(犯行)にはスタイルが必要だと言うクライマックスの主人公の言葉通り、陰険なムード漂うドラマが、F1の”モナコ・グランプリ”を前にした緊張感と共に、優雅とも言いえる雰囲気に変わる終盤の展開は見ものだ。

計画実行の直前までよれよれ状態だった主人公が、大勝負に出てカジノを破滅させるほど勝ってしまうというのはやや極端過ぎる話だが、生き方のスタイルに拘るということで許せる気分にもなる。

前科のある悪党の主人公を彼らしい雰囲気で演ずるニック・ノルティと、彼を監視し続ける刑事チェッキー・カリョとの友情にも近い関係も爽やかに描かれている。

保管庫の監視システムを設計しながら計画に加わるエミール・クストリッツァ、主人公を慕うボスニア出身の少女ナッサ・クヒアニチェ、画商レイフ・ファインズ、主人公の友人サイード・タグマウイジェラール・ダルモンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021