4292 Movies

戦争のはらわた Cross of Iron (1977)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1955年に発表された、ウィリー・ハインリッヒの小説”The Willing Flesh”を基に製作された作品。
戦い、そして全てを憎む男の戦場での生き様を描く、監督サム・ペキンパー、主演ジェームズ・コバーンマクシミリアン・シェルジェームズ・メイソンデビッド・ワーナーセンタ・バーガー他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト ■
監督:サム・ペキンパー
製作
ヴォルフ・C・ハルトヴィッヒ

アーリーン・セラーズ
アレックス・ウィニトスキー
原作:ウィリー・ハインリッヒThe Willing Flesh
脚本
ジュリアス・J・エプシュタイン

ジェームス・ハミルトン
ウォルター・ケリー
撮影:ジョン・コキロン

編集
トニー・ローソン
マイケル・エリス
音楽:アーネスト・ゴールド

出演
ロルフ・シュタイナー曹長:ジェームズ・コバーン

シュトランスキー大尉:マクシミリアン・シェル
ブラント大佐:ジェームズ・メイソン
キーゼル大尉:デビッド・ワーナー
エヴァ:センタ・バーガー
クリューガー伍長:クラウス・レーヴィッチェ
トリービッヒ中尉:ロジャー・フリッツ
マイヤー少尉:イゴールガロ
ゾール二等兵:アルトゥール・ブラウス
マーグ二等兵:ブルクハルト・ドリースト
ツォル二等兵:アーサー・ブラウス

西ドイツ/イギリス 映画
配給
EMI Films(イギリス)
コンスタンティン・フィルム(西ドイツ)
1977年製作 133分
公開
西ドイツ:1977年1月28日
イギリス:1977年3月8日
北米:1977年5月11日
日本:1977年3月17日
製作費 $6,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1943年、第二次大戦下、東部戦線ロシアタマン半島
ロルフ・シュタイナー軍曹(ジェームズ・コバーン)の指揮するドイツ軍の援護小隊はソ連兵を襲い、少年兵を見逃して連行する。

西部戦線から赴任したシュトランスキー大尉(マクシミリアン・シェル)は司令部のブラント大佐の元に向い、副官のキーゼル大尉(デビッド・ワーナー)を紹介される。

シュトランスキーが”鉄十字勲章”を手に入れるためにフランスから来たことを知ったブラントは、自分の勲章を渡そうとする。

それが冗談だというシュトランスキーは、東部戦線を立て直すため司令官に命ぜられたことをブラントに伝える。

ソ連を打ち破るため、部隊の士気を高める必要があるとシュトランスキーは語る。

士気が低くなるのは敗北が続いているからだと言うブラントは、もはやドイツ軍に誇りなどないことを伝え、東部戦線を知らないシュトランスキーに忠告する。

シュトランスキーは、軍人としての役目を果たすことを伝える。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1943年、第二次大戦下、東部戦線ロシアタマン半島
劣勢の陣地で護衛小隊を指揮するドイツ軍のロルフ・シュタイナー軍曹は、上官として赴任してきたシュトランスキー大尉に偵察の報告をする。
ナチ党員ではない貴族出身のシュトランスキーは、名誉欲だけでこの地に志願し、”鉄十字勲章”を受けることだけを考えていた。
最初の戦闘でそのチャンスが訪れ、部隊を指揮したという証人として署名を求められたシュタイナーはそれを拒む。
司令官のブラント大佐はシュタイナーから話を聞き、戦死した少尉が指揮を執っていたことを知る。
戦死者の戦功を奪おうとするシュトランスキーの卑劣な行為を非難するブラントだったが、それを含め全てを憎み自分の世界で生きるシュタイナーの考えが理解できない・・・。
__________

製作は当時の西ドイツイギリスで、オープニングのナチヒトラー、”ヒトラーユーゲント”そして戦闘映像のバックで流れる童謡”Hänschen Klein/幼いハンス”がなんともミスマッチで興味深く、いきなり引き込まれてしまう。

トレードマークともなった、超スローモーションと残虐性をマッチさせたダイナミックなサム・ペキンパーの映像感覚は冴え渡り、今までに体験したことのない凄まじい戦場の戦いが幾度となく描写される展開は見応え十分だ。

戦い、そして上官をも恐れずに全てを憎む異端児的な歴戦の勇士ジェームズ・コバーンが、自分達の抹殺まで考える”鉄十字勲章”にこだわる上官クシミリアン・シェルに銃を向ける、緊迫感溢れるクライマックスは圧巻だ。
主人公が、憎き相手を単純に殺すことなく勇気を証明させようとするが、上官もプロイセン魂を見せて戦うという結末も見事な演出だ。
ラストの主人公の高笑いが衝撃的であり、再び流れる”Hänschen Klein”が効果的に流れる。

問題を抱える主人公を兵士として評価する、部隊を指揮する司令官ジェームズ・メイソン、その副官デビッド・ワーナー、主人公と親交を深める看護師センタ・バーガー、シュトランスキー(クシミリアン・シェル)の副官ロジャー・フリッツ、主人公の同僚クラウス・レーヴィッチェアルトゥール・ブラウスブルクハルト・ドリーストアーサー・ブラウス、直属の上官イゴールガロなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020