4292 Movies

サハラに舞う羽根 The Four Feathers (2002)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1902年に発表された、A・E・W・マイソンの冒険小説”The Four Feathers”を基に製作された6度目の映画化作品。
祖国の戦いに疑問を感じ除隊したエリート士官が臆病者と判断され、苦しんだ末に向かった戦地での壮絶な戦いを描く、監督シェカール・カプール、主演ヒース・レジャーウェス・ベントレーケイト・ハドソンマイケル・シーンジャイモン・フンスー他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:シェカール・カプール
製作
ポール・フェルドシャー
ロバート・ジャッフェ
製作総指揮
ポール・フェルドシャー
アロン・ライヒ
ジュリー・ゴールドステイン
原作:A・E・W・マイソンThe Four Feathers
脚本
マイケル・シファー
ホセイン・アミニ

撮影:ロバート・リチャードソン
編集:スティーヴン・ローゼンブラム
音楽:ジェームズ・ホーナー

出演
ハリー・フェヴァーシャム:ヒース・レジャー

ジャック・ダランス:ウェス・ベントレー
エスネ・ユースタス:ケイト・ハドソン
ウィリアム・トレンチ:マイケル・シーン
トム・ウィロビー:ルパート・ペンリー=ジョーンズ
エドワード・キャッスルトン:クリス・マーシャル
アブー・ファトゥマ:ジャイモン・フンスー
ファヴァーシャム将軍:ティム・ピゴット=スミス
イザベル:ルーシー・ゴードン
グスタフ:ダニエル・カルタジローン
サッチ大佐:ジェームズ・コスモ
ハミルトン大佐:アレックス・ジェニングス
イドリス=エス=サイア:デオビア・オパレイ

アメリカ/イギリス 映画
配給
パラマウント・ピクチャーズ(北米)
ミラマックス(世界)
2002年製作 131分
公開
北米:2002年9月20日
イギリス:2003年7月18日
日本:2003年9月20日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $18,306,170
世界 $29,882,660


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1884年。
イギリス陸軍は地球上の1/4を征服していた。

士官学校のハリー・フェヴァーシャム(ヒース・レジャー)は、将軍である父親(ティム・ピゴット=スミス)に輝かしい軍人としての将来を期待されていた。

ハリーは、恋人のエスネ・ユースタス(ケイト・ハドソン)や親友のジャック・ダランス(ウェス・ベントレー)と共に舞踏会に出席する。

スピーチしたフェヴァーシャム将軍は、国のために戦う尊さを説き、ハリーとエスネの婚約を発表する。

ある日の食事の際、現れた連隊司令官ハミルトン大佐(アレックス・ジェニングス)は、狂言的集団にスーダンイギリス陸軍基地が襲撃され、自軍が全滅したことを伝える。

1週間以内にスーダンに向かうことを知らされたジャックらは出撃を喜ぶが、ハリーは複雑な思いだった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
四枚の羽根」 The Four Feathers (1939)

*(簡略ストー リー)
1884年。
地球上の1/4を征服していたイギリス陸軍は、マフディーの反乱軍に対抗するためスーダンへの増兵を決定する。
士官学校のハリー・フェヴァーシャムや親友ジャックらの連隊にも出兵の命令が下る。
しかしハリーは、砂漠を手に入れるための戦争に疑問を抱き除隊を決意する。
婚約者エスネにそれを伝えていたハリーは、ジャック以外の親友3人から、臆病者の証である白い羽を受け取る。
将軍である父の指示で仕方なく軍人になったハリーだったが、その苦悩する姿を見たエスネまでが彼に羽を渡す。
そして仲間達は出兵し、苦しみ抜いたハリーは、危険を承知で単身スーダンへと向かうのだが・・・。
__________

イギリスの英雄チャールズ・ゴードン将軍によるスーダン派遣を題材にした歴史ドラマであり、三人の男女の恋愛関係や仲間達との友情も描く、シェカール・カプールらしい重厚な内容の作品。

直前の展開から極端に変わってしまうシーンなど、頭を傾げる場面展開が、意図的な脚本なのか理解できないところながある。

例えば、砦がマフディーの反乱軍に占拠されたことを知ったイギリス部隊の指揮官が、仲間達に司令官への報告をするべきだと意見されるもののそれを拒むが、その直後に、司令官は部隊の指揮を執っている・・・など、など。

それはともかく、青年将校達や現地人の勇者との友情と戦いに恋も絡めた、壮大なドラマを単純に楽しむことをお勧めします。

ジェームズ・ホーナーの勇壮な音楽も印象に残る。

信念を貫くものの、親友達の信頼と愛も失ってしまう、壮絶な運命をたどる主人公を熱演するヒース・レジャー、唯一人、彼を信ずる親友のウェス・ベントレー、主人公の恋人ケイト・ハドソン、主人公の親友マイケル・シーンルパート・ペンリー=ジョーンズクリス・マーシャル、正に適役、主人公と親交を深める現地人の勇士ジャイモン・フンスー、主人公の父親である将軍ティム・ピゴット=スミス、その副官ジェームズ・コスモ、ヒロインの友人ルーシー・ゴードン、奴隷商人ダニエル・カルタジローン、連隊司令官アレックス・ジェニングス、収容所の看守デオビア・オパレイなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020