4371 Movies

ザ・フォーリナー The Foreigner (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

テロで娘を亡くし復讐を誓った男の戦いを描く、監督マーティン・キャンベル、製作、主演ジャッキー・チェンピアース・ブロスナンマイケル・マケルハットン他共演のアクション・スリラー。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:マーティン・キャンベル
製作
ジャッキー・チェン
ウェイン・マーク・ゴッドフリー
アーサー・サーキシアン
D・スコット・ランプキン
ジェイミー・マーシャル
クレア・カプチャク
キャシー・シュルマン
原作:スティーヴン・レザーThe Chinaman
脚本:デヴィッド・マルコーニ
撮影:デヴィッド・タッターサル
編集:アンジェラ・M・カタンザーロ
音楽:クリフ・マルティネス

出演
クアン・ノク・ミン:ジャッキー・チェン
リアム・ヘネシー:ピアース・ブロスナン
ジム・カヴァナー:マイケル・マケルハットン
ケイ・ラム:リウ・タオ
マギー・ダン/サラ・マッケイ:チャーリー・マーフィ
メアリー・ヘネシー:オーラ・ブラディ
ファン・クアン:ケイティ・ルング
リチャード・ブロムリー:レイ・フィアロン
ヒュー・マクグラス:ダーモット・クロウリー
ショーン・モリソン:ロリー・フレック・バーン
キャサリン・デイヴィス:リア・ウィリアムズ
マリッサ・レヴィット:ピッパ・ベネット=ワーナー
マシュー・ライス:サイモン・クンツ
テイラー夫人:ロベルタ・テイラー
イアン・ウッド:ルーファス・ジョーンズ
クリスティ・マーフィー:スティーブン・ホーガン
パトリック・オライリー:ニール・マクナミー

イギリス/中国/アメリカ 映画
配給 STX Entertainment
2017年製作 113分
公開
北米:2017年10月13日
日本:2019年5月3日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $34,393,510
世界 $145,418,100


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロンドン
ベトナム共和国陸軍特殊部隊員である中国人移民のクアン・ノク・ミン(ジャッキー・チェン)は、高校生の娘ファン(ケイティ・ルング)を迎えに行き、ダンスパーティー用のドレスを買いに行く。

ファンは店に向かい、クアンは車を駐車しようとする。

バイクを降りた男がキーを落とし、それを拾う。

駐車しようとしたクアンは、強引に駐車しようとした車と事故を起こす。

次の瞬間、付近の銀行が爆破されて惨事になる。

無事だったクアンは、ファンを捜すためにドレス店に入る。

記者のイアン・ウッド(ルーファス・ジョーンズ)は、北アイルランドの加過激派組織”UDI”の犯行声明と、今後のテロ活動を電話で知らされる。

現場に向かったイアンは、爆死したファンを抱き泣き崩れるクアンを目撃する。

現場にバイクで向かった実行犯のパトリック・オライリー(ニール・マクナミー)は仲間の元に戻り、死者12人他負傷者多数を出した事件を伝えるニュースを見る。

北アイルランドベルファスト
副首相のリアム・ヘネシー(ピアース・ブロスナン)は、愛人のマギー・ダン(チャーリー・マーフィ)と過ごしていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロンドン
中国料理店を経営する中国人移民のクァン・ノク・ミンは、テロにより最愛の娘ファンを亡くす。
過去と今回の悲劇により妻子を失ったクアンは絶望し、捜査が進まない中、独自で犯人を見つけようとする。
ベトナム共和国陸軍特殊部隊員だったクアンは、そのスキルを活かし、犯人と思われる北アイルランドのテロリストを見つけるため、副首相のヘネシーに接触するのだが・・・。
__________

1992年に発表された、スティーヴン・レザーの小説”The Chinaman”を基に製作された作品。

スリラー作家スティーヴン・レザーの原作を基に、イギリス北アイルランドの対立の末に起きたテロの犠牲となった娘の復讐を果たそうとする男の孤独な戦いを描くアクション・スリラー。

北アイルランド問題”が物語のキーポイントであり、テロリスト内部のイギリスに対する考えの相違などが複雑に描かれている。

マーティン・キャンベルが、製作を兼ねるジャッキー・チェンピアース・ブロスナンと組んだことで話題になった作品ではあるが、やや荒唐無稽なご都合主義的な内容が気になる。

北米興行収入は約3400万ドルに留まるものの、全世界では約1億4500万ドル(中国市場で8100万ドル)のヒットとなった。

最愛の娘を失い復讐を誓う元特殊作戦部隊員を熱演するジャッキー・チェン、元テロリストであるもののイギリスとの和平の架け橋となる北アイルランド副首相のピアース・ブロスナン、その警護官であるマイケル・マケルハットン、主人公のレストランを共同経営しながら彼を支えるリウ・タオ、ヘネシー(ピアース・ブロスナン)の愛人となり利用するテロリストのチャーリー・マーフィ、テロに絡んでいたヘネシーの妻オーラ・ブラディ、主人公の娘ケイティ・ルングロンドン警視庁テロ対策指令部警視監のレイ・フィアロン、ヘネシーの同胞でテロの黒幕ダーモット・クロウリー、ヘネシーの甥であるテロリストのロリー・フレック・バーン、ヘネシーとの交渉役であるイギリス政府閣僚リア・ウィリアムズテロ対策指令部の刑事ピッパ・ベネット=ワーナーMI5の尋問官サイモン・クンツ、テロに利用されるジャーナリストのルーファス・ジョーンズ、爆破テロ実行犯ニール・マクナミー、テロリストのアジトであるアパートの管理人ロベルタ・テイラーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021