4503 Movies

ビーストリー Beastly (2011)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

美女と野獣”をモチーフに2007年に発表された、アレックス・フリンのフェアリーテール”Beastly”を基に製作された作品。
自信過剰で傲慢な高校生が呪いで醜い姿になりながら真実の愛を手に入れるまでを描く、監督、脚本ダニエル・バーンズ、主演アレックス・ペティファーヴァネッサ・ハジェンズメアリー=ケイト・オルセンニール・パトリック・ハリスリサ・ゲイ・ハミルトンピーター・クラウスダコタ・ジョンソン他共演のロマンチック・ファンタジー。


ファンタジー


スタッフ キャスト
監督:ダニエル・バーンズ
製作:スーザン・カートソニス
製作総指揮:マイケル・フリン
原作:”Beastlyアレックス・フリン
脚本:ダニエル・バーンズ
撮影:マンディ・ウォーカー
編集:トーマス・J・ノードバーグ
音楽:マーセロ・ザーヴォス

出演
カイル・キングソン/ハンター:アレックス・ペティファー
リンディ・テイラー:ヴァネッサ・ハジェンズ
ケンドラ・フィルファーティ:メアリー=ケイト・オルセン
ウィル・フラトーリ:ニール・パトリック・ハリス
ゾラ・デイヴィス:リサ・ゲイ・ハミルトン
ロブ・キングソン:ピーター・クラウス
スローン・ハーゲン:ダコタ・ジョンソン
トレイ・マディソン:エリック・ナドセン
ハロウィーンパーティー参加者:リアノン・モーラー=トロッター
デイヴィス医師:デビッド・フランシス
ダン・グランバーグ:ブライアン・イーストマン
ヴィクター・バレル:ジオ・ペレス
テイラー:ロク・ラフォーチュン

アメリカ 映画
配給 CBS Films
2011年製作 86分
公開
北米:2011年3月4日
日本:2012年2月4日
製作費 $17,000,000
北米興行収入 $27,865,570
世界 $43,202,280


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク、バックストン・アカデミー高等部。
高校生のカイル・キングソン(アレックス・ペティファー)は、人気ニュースキャスターの父ロブ(ピーター・クラウス)と優雅に暮らす自信過剰で傲慢な少年だった。

環境委員長の選挙に立候補したカイルは皆の前でスピーチし、ガールフレンドのスローン・ハーゲン(ダコタ・ジョンソン)や友人トレイ・マディソン(エリック・ナドセン)から最高だったと言われるものの、異様な雰囲気のケンドラ・フィルファーティ(メアリー=ケイト・オルセン)の態度が気に入らなかった。

そんなカイルは、ケンドラと友達だと思ったものの、それを否定するリンディ・テイラー(ヴァネッサ・ハジェンズ)が気になる存在になる。

カイルは、忙しいロブと話をする時間もないことが不満だった。

子供をジャマイカに残して出稼ぎに来ているメイドのゾラ・デイヴィス(リサ・ゲイ・ハミルトン)にも、カイルは冷たく接する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
自信過剰で傲慢な高校生カイル・キングソンは、人気ニュースキャスターの父ロブと共に優雅な暮らしをしていた。
環境委員長に立候補して当選したカイルは、異様な雰囲気で魔女と噂されるケンドラを嫌い、彼女の恨みを買い呪いをかけられる。
頭髪を失い傷とタトゥーの醜い姿になったカイルは、ケンドラから、1年以内に真実の愛を見つけられなければ永遠にその姿のままだと言われ、ロブに家を与えられて姿を消す。
父に見捨てられたと考えるカイルは、メイドのゾラと盲目の家庭教師ウィルとの生活を始める。
気になる存在だったリンディの行動を追ったカイルは、彼女が麻薬中毒の父親のことで悩んでいることを知る。
父親が売人を射殺した事件に巻き込まれたリンディを助けたカイルは、彼女を家に呼び一緒に暮らし始めるのだが・・・。
__________

美女と野獣”をモチーフにしたアレックス・フリンのフェアリーテール”Beastly”を基に製作された作品。

自信過剰で傲慢な高校生が、魔法で醜い姿になりながら真実の愛を手に入れるまでを描くロマンチック・ファンタジー。

現代版の”美女と野獣”ということで、これまで映画化された主人公の醜い姿とは変わったメイクなどはなかなか新鮮だ。

注目の若手スター、アレックス・ペティファーヴァネッサ・ハジェンズの共演などが話題になった。

脚本を兼ねるダニエル・バーンズの演出は単調ではあるものの、それなりに盛り上がり、おとぎ話的な雰囲気で進行するファンタジーとして楽しめる内容には仕上がっているが、批評家からは酷評されてしまった作品でもある。

醜い姿となり、今までの考えを改める主演のアレックス・ペティファーは、皮肉な言い方だが、傲慢で嫌味な高校生のシーンの方がハマリ役だったようにも思える。

主人公の愛を受け入れるヒロインのヴァネッサ・ハジェンズ、主人公に呪いをかける魔女メアリー=ケイト・オルセン、主人公と暮らすことになる盲目の家庭教師ニール・パトリック・ハリス、主人公を正しい方向に導くために助言するメイドのリサ・ゲイ・ハミルトン、人気ニュースキャスターである主人公の父親ピーター・クラウス、主人公のガールフレンドのダコタ・ジョンソン、主人公の友人エリック・ナドセン、医師のデビッド・フランシス、麻薬の売人ジオ・ペレス、ヒロインの父親ロク・ラフォーチュンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021