4503 Movies

プラン9・フロム・アウタースペース Plan 9 from Outer Space (1959)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

宇宙人の”ゾンビ増殖計画”に翻弄される人々を描く、製作、監督、原案、脚本、編集エドワード・D・ウッドJr.、主演グレゴリー・ウォルコットデューク・ムーアトム・キーントー・ジョンソンメイラ・ヌルミ/ヴァンパイラベラ・ルゴシクリズウェル他共演のSFホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:エドワード・D・ウッドJr.

製作:エドワード・D・ウッドJr.
原案:エドワード・D・ウッドJr.
脚本:エドワード・D・ウッドJr.
撮影:ウィリアム・C・トンプソン
編集:エドワード・D・ウッドJr.
音楽:ゴードン・ザーラー

出演
ジェフ・トレント:グレゴリー・ウォルコット
ポーラ・トレント:モナ・マッキノン
ハーパー警部補:デューク・ムーア
トム・エドワーズ大佐:トム・キーン
ラリー巡査:カール・アンソニー
ケルトン巡査:ポール・マルコ
ダニエル・クレイ警部:トー・ジョンソン
宇宙人イロス:ダドリー・マンラブ
宇宙人タンナ:ジョアンナ・リー
宇宙人の支配者:ジョン・ブリッケンリッジ
ロバーツ将軍:ライル・タルボット
ダニー:デヴィッド・デメリング
イーディス:ノーマ・マッカーティ
大尉:ビル・アッシュ
クレイの葬儀の牧師:リン・レモン牧師
会葬者:ベン・フロマーとグロリア・ディア
ジェイミー巡査:コンラッド・ブルックス
女ゾンビ:メイラ・ヌルミ/ヴァンパイラ
老人:ベラ・ルゴシ
老人(代役):トム・メイソン
本人/ナレーター:クリズウェル
カルダー:カール・ジョンソン
新聞を見ている男性:エド・ウッド
墓掘り人:ヒュー・トーマス

アメリカ 映画
配給 Valiant Pictures
1959年製作 80分
公開
北米:1959年7月22日
日本:1995年8月19日
製作費 $60,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
超能力者クリズウェルは、ミステリアスな物語に興味がある人々に語りかけ、墓荒らしの恐ろしい出来事について話し始める・・・。
__________

妻を亡くした老人(ベラ・ルゴシ)は、悲しみの中で葬儀を済ませる。

バーバンクに向かう旅客機のパイロット、ジェフ・トレント(グレゴリー・ウォルコット)と副操縦士のダニー(デヴィッド・デメリング)は、光と大きな音に驚き、未確認飛行物体UFO/空飛ぶ円盤を目撃する。

その後UFOは、墓地の近くに着陸する。

作業を終えた墓掘り人(ヒュー・トーマス)は、ゾンビと化した女(メイラ・ヌルミ/ヴァンパイラ)に殺される。

妻のことを想う老人は生きる希望を失い、街道を走る車に飛び込み死亡する。

老人の葬儀が行われ、会葬者(ベン・フロマー/グロリア・ディア)は、墓掘り人二人の死体を発見する。

通報を受けたダニエル・クレイ警部(トー・ジョンソン)とハーパー警部補(デューク・ムーア)は墓地に急行し、ラリー巡査(カール・アンソニー)の報告で現場の状況を知り付近を調べる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
UFO/空飛ぶ円盤が飛来して墓地付近に着陸し、死者がゾンビ化して甦り殺人を犯す事件が起きる。
捜査を始めたクレイ警部は老人と女ゾンビに殺され、付近の住人であるパイロットのジェフ・トレントと妻ポーラは警戒する。
その後、UFOはハリウッドワシントンD.C.も飛来し、指揮官のエドワーズ大佐は攻撃を仕掛ける。
友好的に接しようとする宇宙人側はメッセージを送り、自分たちを認めない人類に対し、ゾンビ増殖計画”プラン9”を実行するのだが・・・。
__________

製作映画のすべてが失敗に終わり、”最低の監督”と言われたエド・ウッドエドワード・D・ウッドJr.)の作品なのだが、ティム・バートンが演出しジョニー・デップが主演した「エド・ウッド」(1994)が話題になったために、一躍注目された作品でもある。

”史上最低の映画”と言えるかは別として、構成、演出、編集など、すべてにおいて平均以下であることは疑いようのない作品。

しかし、冷戦下の当時の社会情勢などもふまえた軍拡への警鐘や、現在でも通用する、ゾンビ/アンデッドが登場するエピソードや役者の熱演など、それなりに見どころはある。

また、ファンには嬉しい、往年の怪奇スター、ベラ・ルゴシを無理矢理に出演させ、彼が撮影中に亡くなったために(遺作)代役を使ったこじつけ的なシーンなどはどう見ても不自然なのだが、どこか憎めない作品でもある。
*本作の公開は1959年だが、撮影は1956年。

エド・ウッドには気の毒だが、ティム・バートン作品の中でも評価の高い「エド・ウッド」のための参考と考えれば、実に興味深く鑑賞できる。

主演のグレゴリー・ウォルコットは、宇宙人が拠点にする墓地の付近に住み、UFOを目撃して事件に関わるパイロット役を演じている。
クリント・イーストウッドの盟友として知られ、彼の作品の多くに脇役として出演したウォルコットなのだが、出演者の中でまともな演技者に見えるところが、本作の”質の悪さ”を物語っている。

主人公の妻モナ・マッキノン、事件を捜査する警部補のデューク・ムーア、UFO攻撃部隊の指揮官で宇宙人との接触を試みる大佐トム・キーン、事件捜査に加わる巡査のカール・アンソニー、ポール・マルココンラッド・ブルックス、事件の責任者であるものの、ゾンビに殺されて自身もゾンビ化する警部トー・ジョンソン、”プラン9”を実行する宇宙人のダドリー・マンラブジョアンナ・リー、二人に指示を与える支配者のジョン・ブリッケンリッジ、UFO対策の責任者である将軍ライル・タルボット、主人公の同僚である副操縦士デヴィッド・デメリング、客室乗務員のノーマ・マッカーティ、クレイ警部(トー・ジョンソン)の葬儀の牧師リン・レモン牧師、老人の葬儀の会葬者ベン・フロマーとグロリア・ディア、女ゾンビのメイラ・ヌルミ/ヴァンパイラ、撮影中に亡くなったために遺作となった老人役のベラ・ルゴシ、その代役トム・メイソン、冒頭とエンディングに登場しナレーターも担当する超能力者のクリズウェル、主人公の妻を助ける農夫カール・ジョンソン、新聞を見ている男性エド・ウッド、墓掘り人ヒュー・トーマスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021