4503 Movies

奇傑ゾロ The Mark of Zorro (1920)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1919年に発表された、雑誌”The All-Story”に連載されたジョンストン・マッカレーの”The Curse of Capistrano”を基に製作された作品。
圧政に苦しむ人々のために戦う男”ゾロ”の活躍を描く、監督フレッド・ニブロ、製作、脚本、主演ダグラス・フェアバンクスマーゲリット・ドゥ・ラ・モットノア・ビアリーSr.チャールズ・ヒル・メイルズロバート・マッキム他共演のアドベンチャー・ロマンス。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:フレッド・ニブロ

製作:ダグラス・フェアバンクス
原作:ジョンストン・マッカレーThe Curse of Capistrano
脚本
ユージン・ミラー
ダグラス・フェアバンクス
撮影:
ウィリアム・C・マクガン
ハリス・ソープ
音楽:モーティマー・ウィルソン

出演
ドン・ディエゴ・ヴェガ/セニョール・ゾロ:ダグラス・フェアバンクス
ロリータ・プリード:マーゲリット・ドゥ・ラ・モット
ペドロ・ゴンザレス軍曹:ノア・ビアリーSr.
ドン・カルロス・プリード:チャールズ・ヒル・メイルズ
カタリナ・プリード:クレア・マクダウェル
フアン・ラモン大尉:ロバート・マッキム
アルヴァラド総督:ジョージ・ペリオラット
フレイ・フェリペ神父:ウォルト・ホイットマン
ドン・アレハンドロ・ヴェガ:シドニー・デ・グレイ
ベルナルド:トート・デュ・クロウ
少年:ノア・ビアリーJr.
労働者:チャールズ・スティーヴンス
少年:ミルトン・バール

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1920年製作 90分
公開
北米:1920年11月27日
日本:1921年11月11日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
19世紀初頭、スペイン領カリフォルニア
圧政に苦しむ人々の前に、それに立ち向かう覆面の騎士が現れ、民衆のために戦った。

圧政の元凶である総督アルヴァラド(ジョージ・ペリオラット)は、貧民の味方をして反逆者を増やす、”セニョール・ゾロ”と呼ばれる男を捕らえようとする。

一方、人々は、悪い噂もあるものの、黒いマスクで顔を隠すゾロが、自分たちを救ってくれると信じていた。

総督に目をつけられていた農園主ドン・カルロス・プリード(チャールズ・ヒル・メイルズ)は、妻カタリナ(クレア・マクダウェル)と娘のロリータ(マーゲリット・ドゥ・ラ・モット)と共に悩んでいた。

酒場に向かった血の気の多いペドロ・ゴンザレス軍曹(ノア・ビアリーSr.)は、噂のゾロに怯える部下たちに、剣の一突きで倒してみせると言って豪語する。

そこに、最近スペインから戻った名門の御曹司ドン・ディエゴ・ヴェガ(ダグラス・フェアバンクス)が現れる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
19世紀初頭、スペイン領カリフォルニア
圧政に苦しむ人々のために立ち上がた男”ゾロ”を、支配者である総督アルヴァラドは捕らえようとする。
スペインから戻った富豪の御曹司ドン・ディエゴは、気弱で戦いを好まないように見せかけていたが、実は彼こそが、人々のために戦うゾロその人であった。
父からプリード家の娘ロリータとの結婚を勧められたドン・ディエゴだったが、気が進まないまま彼女に会う。
人がいいだけで魅力のないドン・ディエゴに失望したロリータだったが、その後に現れた勇ましいゾロに彼女は心を奪われてしまう・・・。
__________

その後に何度も映画化される”ゾロ”が登場する映画として、本作が最初の作品であるサイレント映画。
1925年には、続編”ドンQ”が公開された。

2015年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

善と悪の戦いは単純明快であり、フレッド・ニブロの軽快な演出は冴え渡り、謎の男”ゾロ”の活躍や秘密をユーモアを交えて描く、痛快大活劇として大いに楽しめる作品。

スタントだけでなく本人も演じる、剣術を含めたダグラス・フェアバンクスのアクションは見事であり、気弱で人がいいだけの富豪の御曹司のシーンもまた魅力的だ。

御曹司の主人公には惹かれず”ゾロ”の彼には心を奪われるヒロインのマーゲリット・ドゥ・ラ・モット、ゾロを追う軍曹を愉快に演ずるノア・ビアリーSr.、総督に財産を奪われるヒロインの父親チャールズ・ヒル・メイルズ、その妻クレア・マクダウェル、総督ジョージ・ペリオラットの部下で、ゾロの恋敵となる大尉ロバート・マッキム、人々に慕われるものの鞭打ちの刑を受ける神父ウォルト・ホイットマン、主人公の父親シドニー・デ・グレイ、主人公の使用人トート・デュ・クロウノア・ビアリーSr.の息子ノア・ビアリーJr.が少年役で、同じく少年のミルトン・バール、労働者のチャールズ・スティーヴンスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021