4383 Movies

ザ・フォッグ The Fog (2005)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1980年に公開されたジョン・カーペンターの「ザ・フォッグ」のリメイク。
霧と共に現れる幽霊に呪われた島の人々の恐怖を描く、原案、製作ジョン・カーペンター、監督ルパート・ウェインライト、主演トム・ウェリングマギー・グレイスセルマ・ブレア他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ルパート・ウェインライト

製作
ジョン・カーペンター
デブラ・ヒル
デヴィッド・フォスター
製作総指揮
デレク・ドーチー
トッド・ガーナー
ダン・コルスラッド
原案:キャラクター創造
ジョン・カーペンター
デブラ・ヒル
脚本:クーパー・レイン
撮影:ネイサン・ホープ
編集:デニス・ヴァークラー
音楽:グレーム・レヴェル

出演
ニコラス”ニック”キャッスル:トム・ウェリング
エリザベス・ウィリアムズ:マギー・グレイス
スティーヴィー・ウェイン:セルマ・ブレア
スプーナー:デレイ・デイヴィス
トム・マローン:ケネス・ウェルシュ
ロバート・マローン神父:エイドリアン・ハフ
キャシー・ウィリアムズ:サラ・ボッツフォード
アンディ・ウェイン:コール・ヘッペル
ウィリアム・ブレイク:ラデ・シェルベッジア
マンディ:ソニア・ベネット
ブランディ/ジェニファー:メイガン・ヘファーン
ショーン・キャッスル:マシュー・カリー・ホームズ
メーケン:R・ネルソン・ブラウン
ハンク・キャッスル:アレックス・ブルハンスキー
コニー:メアリー・ブラック
ダン:ジョナサン・ヤング

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
2005年製作 103分
公開
北米:2005年10月14日
日本:2006年7月29日
製作費 $18,000,000
北米興行収入 $29,511,110
世界 $46,201,430


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1871年、オレゴン州、アントニオ島。
沿岸で停泊中の大型帆船”エリザベス・デイン”で火災が発生し、船から遠ざかる4人は水中の何かにボートが当たり動かなくなり、一人が水中に引き込まれる。

2004年。
灯台スタジオ”KAB”のDJスティーヴィー・ウェイン(セルマ・ブレア)は、自分の先祖もいる4人の勇者である”島の父”の銅像の除幕式があることを伝える。

所有する船”シーグラス”で観光客に釣りを楽しませる仕事をするニコラス”ニック”キャッスル(トム・ウェリング)は、雇っている友人のスプーナーと共に、その日の仕事を終えて島に戻ろうとする。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1871年、オレゴン州、アントニオ島沖合。
帆船で火災が発生し、その場からボートで離れた4人以外の全員が死亡する。
134年後、島を造り上げた英雄4人の銅像の除幕式が行われる。
島の住人であるニコラス”ニック”キャッスルは、半年ぶりに故郷に戻った恋人エリザベスを歓迎する。
自分が海に沈む悪夢に悩まされていたエリザベスは、風変わりな男メーケンが海岸で拾った懐中時計に見覚えがあることも気になる。
その頃、沖合からの濃霧が接近し、島では怪事件が多発する・・・。
__________

1980年公開の旧作で監督、脚本、音楽を担当したジョン・カーペンターは製作を担当した。

オリジナル版でジョン・カーペンターと共に脚本を担当し、製作を兼ねたデブラ・ヒルが、本作の公開の7か月前に他界しているため、彼女に捧げられた作品になった。

大筋では旧作の内容は継承しているが、細かい部分でアレンジされていて、ヒロイン”エリザベス”の役柄やラストは全く違う。

25年の歳月を経たリメイクと言うことで、特殊効果技術の進歩も期待したいところなのだが、低予算ではあったが工夫が凝らされていた旧作のようなインパクトがない。

ホラーとしての恐怖感も今一で、帆船”エリザベス・デイン”と乗員の呪いの秘密が解き明かされていく過程に多少、面白味がある程度の作品に終わっている。

ジョン・カーペンターの名作ホラーのリメイクとして期待された興行収入も、公開直後は好調だったが、北米で3000万ドル弱、全世界で約4600万ドルに留まった。

特別な活躍をするわけではないため、物語のキー・パーソンと言えるヒロインのマギー・グレイスの方が目立ってしまう、島の住人トム・ウェリング、島のラジオ局のDJセルマ・ブレア、主人公ニック(トム・ウェリング)の友人であるデレイ・デイヴィス、市長のケネス・ウェルシュ、神父のエイドリアン・ハフ、ヒロインの母親サラ・ボッツフォード、スティーヴィー(セルマ・ブレア)の息子コール・ヘッペル、帆船の船長ラデ・シェルベッジア、犠牲者の女性ソニア・ベネットメイガン・ヘファーン、彼女らと共に殺される主人公のいとこマシュー・カリー・ホームズ、帆船の懐中時計を海岸で見つける住人R・ネルソン・ブラウン、主人公のおじアレックス・ブルハンスキー、スティーヴィーのおばメアリー・ブラック、気象観測所のスタッフ、ジョナサン・ヤングなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021