4214 Movies

ファイナル・カウントダウン The Final Countdown (1980)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

日本軍による真珠湾攻撃の前日にタイムスリップしてしまったアメリカ海軍の空母”ニミッツ”の、歴史を変える状況下での混乱を描く、監督ドン・テイラー、主演カーク・ダグラスマーティン・シーンキャサリン・ロスジェームズ・ファレンティノチャールズ・ダーニング他共演のSF映画。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:ドン・テイラー
製作:ピーター・ビンセント・ダグラス
製作総指揮:リチャード・R・セント・ジョン
脚本
デイヴィッド・アンブローズ

ピーター・パウエル
ゲイリー・デイヴィス
トーマス・ハンター
撮影:ヴィクター・J・ケンパー
編集:ロバート・K・ランバート
音楽:ジョン・スコット

出演
マシュー・イーランド艦長:カーク・ダグラス

ウォーレン・ラスキー:マーティン・シーン
ローレル・スコット:キャサリン・ロス
リチャード・T・オーウェンス中佐:ジェームズ・ファレンティノ
サミュエル・チャップマン上院議員:チャールズ・ダーニング
ダン・サーマン中佐:ロン・オニール
カウフマン:ロイド・カウフマン
シムラ:スーン=テック・オー
ペリー大尉:ジェームズ・コールマン

操舵手:ピーター・ダグラス
アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1980年製作 103分
公開
北米:1980年8月1日
日本:1980年7月5日
製作費 $12,000,000
北米興行収入 $16,647,800
世界 $56,647,800


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1980年、ハワイ真珠湾
空母”ニミッツ”に乗艦する、国防総省と造船したタイドマン社の要請で派遣された民間人オブザーバー、ウォーレン・ラスキー(マーティン・シーン)は、タイドマン社長の見送りを受ける。

タイドマンは車の中から、ラスキーが”ニミッツ”に乗艦するためヘリコプターで飛び立つのを見守る。

ニミッツ”。
ラスキーは、副長ダン・サーマン中佐(ロン・オニール)に迎えられデッキに案内される。

F-14”で帰艦した飛行長リチャード・T・オーウェンス中佐(ジェームズ・ファレンティノ)は天候を気にする。

ラスキーは、艦長マシュー・イーランド(カーク・ダグラス)を紹介され、やはり天候のことを話す。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1980年、ハワイ沖。
空母”ニミッツ”に、国防総省の依頼で派遣された民間人オブザーバーのラスキーが乗艦する。
その後の気象の激変により、”ニミッツ”は電磁波の渦に巻き込まれてしまう。
艦長のマシュー・イーランドは、通信が途絶え周辺の状況が変化したことに気づき、飛行長オーウェンス中佐に、周辺と”真珠湾”の偵察を命ずる。
オーウェンスの指示を受けた偵察機は、旧式のヨットと、見慣れぬ船を”真珠湾”で目撃する。
ラジオからは過去の出来事などが放送されたために戸惑うイーランドは、偵察機の撮影した戦艦”アリゾナ”が、無傷のまま”真珠湾”にいることをラスキーに知らせる。
太平洋戦争を研究しているオーウェンスは、博物館の”アリゾナ”の写真と、偵察機が撮ったものが同じだということに気づき驚く。
その後、ヨットに乗っていた、副大統領候補になる可能性があるチャップマン上院議員が、日本の”零戦”の攻撃を受ける。
その様子を偵察機の報告で知ったイーランドは、自分達が”真珠湾攻撃”の前日にタイムスリップしたことに気づくのだが・・・。
__________

最新鋭兵器を搭載した巨大空母”ニミッツ”が、過去に戻り、”真珠湾攻撃”に遭遇するという想定がまず面白い。

歴史に介入するべきか迷う当事者の様々な考えも興味深いのだが、結局はアメリカは戦争には勝つ訳で、問題は、”真珠湾攻撃”の屈辱を味わうことを回避する攻撃に出るかがポイントということになる。

俳優でもあるドン・テイラーは、その辺りもなかなかうまい演出で観る者を楽しませ、結果的には歴史は変わらなかったということになるのだが、ラストで思わぬ展開が待っている。

その結末は、物語に大きく影響することはないため、それを知っていても十分に楽しめる仕上がりにはなっている。

とにかく、国防総省アメリカ海軍全面協力による臨場感ある映像や、”F-14”と”零戦”の空中戦などは必見!!
*”零戦”は”T-6 テキサン”、改造レプリカなどを使用。

スケール感のあるジョン・スコットの音楽も印象に残る。

緊迫する状況下で、時に見せるユーモラスな表情がいい、艦長のカーク・ダグラス、民間人オブザーバーのマーティン・シーン上院議員役チャールズ・ダーニングの秘書キャサリン・ロス、飛行長ジェームズ・ファレンティノ、副長のロン・オニール、乗員のロイド・カウフマンジェームズ・コールマン、”零戦”パイロットのスーン=テック・オーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020