4240 Movies

エクソシスト The Exorcist (1973)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

悪魔にとり憑かれた少女を守ろうとする母親、そして悪魔祓いの儀式を行う神父達を描く、監督ウィリアム・フリードキンエレン・バースティンリンダ・ブレアジェイソン・ミラーマックス・フォン・シドーリー・J・コッブ共演、1970年代のオカルト映画ブームの火付け役となり社会現象にまでなった作品。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■
監督:ウィリアム・フリードキン
製作: ウィリアム・ピーター・ブラッティ
製作総指揮: ノエル・マーシャル
原作:ウィリアム・ピーター・ブラッティ
脚本:ウィリアム・ピーター・ブラッティ
撮影:オーウェン・ロイズマン
編集
ノーマン・ゲイ
エヴァン・A・ロットマン
美術・装置
ビル・モーレイ
ジェリー・ワダーリッチ
音楽
マイク・オールドフィールドTubular Bells
ジャック・ニッチェ

出演
クリス・マクニール:エレン・バースティン
リーガン・マクニール:リンダ・ブレア
デミアン・カラス神父:ジェイソン・ミラー
ランカスター・メリン神父:マックス・フォン・シドー
ウィリアム・F・キンダーマン警部補:リー・J・コッブ
ジョー・ダイアー神父:イエズス会ウィリアム・オマリー神父
シャロン・スペンサー:キティ・ウィン
バーク・デニングス:ジャック・マッゴーラン
カラス神父の母:バシリキ・マリアロス
パズズ(声):マーセデス・マッケンブリッジ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1973年製作 122分
公開
北米:1973年12月26日
日本:1974年7月6日
製作費 $10,497,440
北米興行収入 $232,671,010
世界 $441,071,010


アカデミー賞 ■
第46回アカデミー賞
・受賞
脚色・録音賞
・ノミネート
作品・監督
主演女優(エレン・バースティン)
助演男優(ジェイソン・ミラー)
助演女優(リンダ・ブレア)
編集・撮影・美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
イラク北部、古代都市ニネヴェ近郊、ハトラ遺跡。
神学者のアメリカ人神父ランカスター・メリン(マックス・フォン・シドー)は、悪霊パズズの像を発見する。

メリン神父は、かつての死闘を思い起こしながら、再び、この宿敵と戦う不吉な予感を感じ、帰国する決意をする。

ワシントンD.C.ジョージタウン
女優のクリス・マクニール(エレン・バースティン)は、ロケのために、その地に滞在していた。

ある日、クリスは、借家の屋根裏の物音が気になり、12歳の娘リーガン(リンダ・ブレア)の部屋に行くと、窓が開き冷気が漂っていた。

イエズス会創設のジョージタウン大学の神父で、精神科医でもあるデミアン・カラス神父(ジェイソン・ミラー)は、独り住まいの母親(バシリキ・マリアロス)を気遣い、信仰についての悩みもあり辞職を考える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

1971年に発表された、ウィリアム・ピーター・ブラッティ同名小説を基に製作された作品。

実際にあった、メリーランド悪魔憑依事件を基にした物語で、ウィリアム・ピーター・ブラッティは、製作、脚本も手がけ、作品中、映画製作者役で出演もしている。

*(簡略ストー リー)
人気映画女優クリス・マクニールの娘リーガンが体調に異変が起きる。
あらゆる医療検査で、異常が見られないリーガンだったが、超常現象のような出来事や、彼女が関係しているとも思われる、映画監督の奇怪な死亡事故も起き、医師団は、クリスに”悪魔祓い”を勧める。
クリスは、地元のイエズス会の神父カラスにそれを相談するが、彼は教会の許可が必要なために慎重になる。
その後、リーガンに、悪魔がとり憑いていることを確信したカラスに、”悪魔祓い”の許可が下りる。
そしてカラスは、その経験者であるメリン神父の助手として、リーガンに憑いた悪魔との闘いに挑む・・・。
__________

前年「ゴッドファーザー」(1972)が打ち立てた興行収入記録を、あっさり破ってしまった世界的大ヒット作品。

製作費 $10,497,440
北米興行収入 $232,671,010
世界 $441,071,010

後に、続編、関連作品など3作が製作される。

2010年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

第46回アカデミー賞では、作品賞以下10部門にノミネートされ、脚色、録音賞を受賞した。
・ノミネート
作品・監督
主演女優(エレン・バースティン)
助演男優(ジェイソン・ミラー)
助演女優(リンダ・ブレア)
編集・撮影・美術賞

監督は、「フレンチ・コネクション」(1971)でアカデミー賞を受賞した直後のウィリアム・フリードキン
彼は、残念ながらこの後、ほとんど評価される作品を手がけていないのは残念だ。

本作でウィリアム・フリードキンは、悪魔に憑かれる少女を守ろうとする母親と、仕事への挫折や母の死に直面する神父、両者の苦悩を、平行して繊細なタッチで描いている。

マイク・オールドフィールドの、印象的な主題曲”Tubular Bells”やジャック・ニッチェの音楽他、サブリミナル効果が恐怖感を煽る。

翌年「アリスの恋」(1974)でアカデミー主演賞を受賞するエレン・バースティンは、娘に襲い掛かる非現実的な現象に困惑し、ヒステリックにもなる映画女優役を好演している。

カラス神父役のジェイソン・ミラーは、主演と言っていいほどの熱演で、落ち着き払った、重厚な演技を見せてくれる。

当時まだ33歳の彼はこの年、自身の戯曲である”That Championship Season”で、 早くもピューリッツァー賞を受賞することになる。
彼の息子は俳優のジェイソン・パトリックで、最初の妻は名優ジャッキー・グリースンの娘である。

撮影当時実はまだ43歳のマックス・フォン・シドーの老け役も素晴しい。
冒頭とクライマックスだけの登場となり、出演時間は短いが存在感を見せる。
そのメイクには、毎日何時間も費やしたと言われている。

映画史上に残る役、”悪魔にとり憑かれる少女”を演じたリンダ・ブレアの、”平常時”の自然で健康的な可愛らしさと、今観ると、それほどショッキングではないが、悪魔のメイク時とのギャップには当時、驚かされたものだ。

大ベテランで演技派の、リー・J・コッブを刑事役に起用し、ドラマにさらに重みが加わっている。

主人公が俳優で、映画の撮影現場が登場したり、刑事や神父も映画好きだったりするシーンが、随所に見られるのが興味深い。

ドラマの中で奇怪な死を遂げる、映画監督役のジャック・マッゴーランと、同じく死亡する、カラス神父(J・ミラー)の母バシリキ・マリアロスは、本作の公開前に他界している。

実際にイエズス会の神父でもある、カラスの友人である神父ウィリアム・オマリー、主人公のアシスタントのキティ・ウィンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020