4310 Movies

イコライザー The Equalizer (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1985~1989年にCBSで放映されたテレビ・シリーズ”The Equalizer”(ザ・シークレット・ハンター)の映画化。
身を隠すように静かに暮らしていた元CIA工作員が、ある娼婦と出会ったことをきっかけに、ロシアン・マフィアに戦いを挑む姿を描く、監督アントワーン・フークア、製作、主演デンゼル・ワシントンマートン・チョーカシュクロエ・グレース・モレッツ他共演のサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

デンゼル・ワシントン / Denzel Washington 作品一覧
クロエ・グレース・モレッツ / Chloë Grace Moretz / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:アントワーン・フークア

製作
トッド・ブラック
ジェイソン・ブルメンタル
デンゼル・ワシントン
アレックス・シスキン
スティーヴ・ティッシュ
メイス・ニューフェルド
トニー・エルドリッジ
マイケル・スローン
製作総指揮
エズラ・スワードロウ
デヴィッド・ブルームフィールド
ベン・ウェイスブレン
原作
The Equalizer
マイケル・スローン
リチャード・リンドハイム
脚本:リチャード・ウェンク
撮影:マウロ・フィオーレ
編集:ジョン・ルフーア
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

出演
ロバート”ボブ”マッコール:デンゼル・ワシントン
ニコライ・イチェンコ/テディ・レンセン:マートン・チョーカシュ
アリーナ/テリー:クロエ・グレース・モレッツ
フランク・マスターズ:デヴィッド・ハーバー
マンディ:ヘイリー・ベネット
ブライアン・プラマー:ビル・プルマン
スーザン・プラマー:メリッサ・レオ
スラヴィ:デヴィッド・ムニエ
ラルフ/ラルフィ:ジョニー・スコアーティス
テヴィ:アレックス・ヴィードフ
ウラジミール・プーシキン:ウラジミール・クリッチ

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
2014年製作 132分
公開
北米:2014年9月26日
日本:2014年10月25日
製作費 $55,000,000
北米興行収入 $100,769,140
世界 $191,569,140


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ボストン
ホームセンターの従業員として勤務し静かに暮らすロバート”ボブ”マッコール(デンゼル・ワシントン)は、仕事を終えて帰宅し、いつものように、”老人と海”を持参して行きつけのダイナーに向かう。

マッコールは、ティーンエージャーの娼婦テリー(クロエ・グレース・モレッツ)と言葉を交わし、彼女の様子を気する。

翌日の夜もダイナーに向ったマッコールは、テリーと”老人と海”の内容について話し、哲学的な考えを語る。

マッコールは、ポン引きのスラヴィ(デヴィッド・ムニエ)に呼ばれて、嫌々、店を出たテリーをが気になる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ボストン
CIA工作員のロバート”ボブ”マッコールは、ホームセンターの従業員として勤務し静かに暮らしていた。
行きつけのダイナーで出会ったティーンエージャーの娼婦アリーナの様子を気にするマッコールは、彼女がロシアン・マフィアであるポン引きのスラヴィに痛めつけられたことを知る。
亡くなった妻に元の生活には戻らないことを誓ったマッコールは、悩んだ末に悪に対する制裁を始める決心をする。
スラヴィに会ったマッコールは、アリーナから手を引く気のない彼らを一瞬にして殺害する。
組織のボス、プーシキンは、凄腕の部下レンセンを現地に送り込み、スラヴィらを殺したプロと思われる相手を探しだすよう命ずる。
レンセンの存在を知ったマッコールは、工作員としてのスキルを生かして、それに対抗するのだが・・・。
__________

1980年代のテレビ・シリーズ”The Equalizer”(ザ・シークレット・ハンター)の映画化で、「トレーニング デイ」(2001)以来となる、アントワーン・フークアの演出、製作と主演を兼ねるデンゼル・ワシントンが組んだ作品ということで話題になった。

CIA工作員という身分を隠しながら静かに暮らす主人公が、かつての生活に戻らないという亡くなった妻との約束を破り、悪を倒す決断をして制裁を加えていく姿を描く。

ロシアン・マフィアを倒し、娼婦が更生したことを見届けた主人公が、ネット上の広告サイトで助けを求める人々を救おうとする場面でドラマは終わる。
テレビ・シリーズと同じ基本スタイル(テレビでは新聞広告)が示されたことで、続編が製作されることが予想できる。
2018年の9月に、監督アントワーン・フークア、主演デンゼル・ワシントンで続編が公開される予定が発表されている。

人に優しく接する温厚で哲学的な主人公が、特殊技能を生かし”超人”の様に変身する、スーパーヒーロー映画タッチのサスペンス・アクションで、派手な武器などを使わない戦いの描写などがいい。

ハリー・グレッグソン=ウィリアムズの軽快な音楽も非常に印象的。

北米興行収入は約1億ドル、全世界では約1億9200万ドルのヒットとなった。

主演のデンゼル・ワシントンは、包容力と優しさを感じさせながら、怯むことなく巨悪に立ち向かう、誰もをねじ伏せてしまう雰囲気を感じさせる主人公を好演している。

主人公以外の者と比べると、圧倒的な威圧感で無敵に見える、元スペツナズであるロシアン・マフィアマートン・チョーカシュ、意外にも出演場面が少ないのが残念な、主人公に救われる娼婦クロエ・グレース・モレッツ、その同僚ヘイリー・ベネットロシアン・マフィアと関係する地元の悪徳警官デヴィッド・ハーバー、主人公に協力する、同僚だった元CIAの夫婦ビル・プルマンメリッサ・レオロシアン・マフィアデヴィッド・ムニエアレックス・ヴィードフ、主人公の同僚ジョニー・スコアーティス、ロシアン・マフィアのボス、ウラジミール・クリッチなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020