4508 Movies

愛のさざなみ Fools (1970)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

引退した俳優と夫への気持ちが冷めた女性、偶然に知り合った二人の愛を描く、監督トム・グライス、主演ジェイソン・ロバーズキャサリン・ロススコット・ハイランズ他共演の恋愛ドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト
監督:トム・グライス

製作
ヘンリー・ポリンジャー
ロバート・ヤミン
脚本:ロバート・ルドルソン
撮影:マイケル・ヒューゴ
編集:バイロン・ブラント
音楽:ショーティ・ロジャース

出演
マシュー・サウス:ジェイソン・ロバーズ
アナイス・アップルトン:キャサリン・ロス
デヴイッド・アップルトン:スコット・ハイランズ
公園の男:ロイ・ジェンソン
公園の男:マーク・ブラムホール
犬の飼い主:マーク・ハンニバル
ヒッピー:ジャック・ナンス
精神科医:マコ岩松

アメリカ 映画
配給 Cinerama Releasing Corporation
1970年製作 93分
公開
北米:1970年12月23日
日本:1973年9月22日
製作費 $900,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
サンフランシスコ
公園で昼のひと時を過ごしていた往年の怪奇俳優マシュー・サウス(ジェイソン・ロバーズ)は、幼い子供二人が、その場にいた犬を挑発して吠え始めたのを気にする。

読書をしようとしていたマシューは、犬の吠える声が気に障り、今度、近付いたら腕を噛まれてもぎ取られると言って子供を脅す。

子供達は泣きながら母親の元に戻り、腕を掴まれたと言いつける。

犬の飼い主(マーク・ハンニバル)は、その様子を見ていた二人の男性(ロイ・ジェンソン/マーク・ブラムホール)に犬を預けて、マシューに近付き、子供に何を言ったかを尋ねる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
サンフランシスコ
往年の怪奇俳優マシュー・サウスは、公園で出会った女性アナイスと惹かれ合う仲になる。
私立探偵に尾行されていたアナイスは、気持ちが冷めた弁護士の夫デヴィッドが、自分に未練があることを知る。
年齢が離れた奔放なマシューと過ごす時間に安らぎを感じるアナイスは、彼と愛し合う仲になるのだが・・・。
__________

実力派スター、ジェイソン・ロバーズと期待の若手スター、キャサリン・ロスの共演が話題になった作品。

監督は、活躍中の俳優ジョン・グリースの父であるトム・グライス(トム・グリースとも読む)。

引退して夢もなくした怪奇俳優と、経済的には恵まれているものの弁護士の夫への気持ちも冷めた女性の恋を描くドラマ。

生き方の違う、年齢差のある男女の愛が淡々と描かれるのだが、妻に未練がある夫の行動が、クライマックスの悲劇を引き起こすという衝撃的な結末となっている。

キャリアのある名優ジェイソン・ロバーズと「卒業」(1967)「明日に向って撃て!」(1969)で人気急上昇のキャサリン・ロスの個性は生かしているものの、トム・グライスの演出にいまいち切れがない。

とは言え、1970年代を懐かしく思える世代には興味深い作品で、当時の世相を反映した反戦運動なども随所で描写さる。

夢破れた俳優という役柄だが、奔放な自由人を彼らしく演ずるジェイソン・ロバーズ、何とも言えない魅力的な表情が印象的な美しいキャサリン・ロスの共演はファンには嬉しい。

ヒロインを追い回す弁護士の夫スコット・ハイランズ、公園の二人組ロイ・ジェンソンとマーク・ブラムホール、主人公と揉める犬の飼い主マーク・ハンニバル、ヒッピーのジャック・ナンス、精神科医役でマコ岩松などが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021