4504 Movies

イコライザー2 The Equalizer 2 (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2014年に公開された「イコライザー」の続編。
親友を殺した元同僚の陰謀に立ち向かう”イコラザ-/仕事請負人”の戦いを描く、製作、監督アントワーン・フークア、製作、主演デンゼル・ワシントンペドロ・パスカルアシュトン・サンダースビル・プルマンメリッサ・レオオーソン・ビーン他共演のサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

デンゼル・ワシントン / Denzel Washington 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:アントワーン・フークア
製作
トッド・ブラック
ジェイソン・ブルメンタル
デンゼル・ワシントン
アントワーン・フークア
アレックス・シスキン
スティーヴ・ティッシュ
メイス・ニューフェルド
トニー・エルドリッジ
マイケル・スローン
製作総指揮
モリー・アレン
デヴィッド・ブルームフィールド
原作
The Equalizer
マイケル・スローン
リチャード・リンドハイム
脚本:リチャード・ウェンク
撮影:オリヴァー・ウッド
編集:コンラッド・バフ
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

出演
ロバート・マッコール:デンゼル・ワシントン
デイヴ・ヨーク:ペドロ・パスカル
マイルズ・ウィテカー:アシュトン・サンダース
サム・ルビンスタイン:オーソン・ビーン
ブライアン・プラマー:ビル・プルマン
スーザン・プラマー:メリッサ・レオ
レズニック:ジョナサン・スカーフ
ファーティマ:サキナ・ジャフリー
アリ:カジー・タウギナス
コヴァック:ギャレット・A・ゴールデン
グレース・ブレイリック:タマラ・ヒッキー
グレースの娘:リース・コート
グレースのトルコ人の元夫:アダム・カースト

アメリカ 映画
配給 Sony Pictures Releasing
2018年製作 121分
公開
北米:2018年7月20日
日本:2018年10月5日
製作費 $62,000,000
北米興行収入 $102,084,360
世界 $190,400,160


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
トルコ国鉄イスタンブールから400キロ。
海兵隊員で”DIA/アメリカ国防情報局”工作員であったロバート・マッコール(デンゼル・ワシントン)は、9歳の娘を元妻から連れ去ったトルコ人の男(アダム・カースト)と話をする。

襲いかかってきた仲間を叩きのめしたマッコールは、男から娘を取り戻す。

マサチューセッツ州、ボストン
法律事務所に呼ばれたグレース・ブレイリック(タマラ・ヒッキー)は、戻って来た娘(リース・コート)を抱きしめる。

Lyft”のドライバーとして静かに暮らすマッコールは、常客であるホロコーストの生存者サム・ルビンシュタイン(オーソン・ビーン)を迎えに行き、彼をコピーセンターに送る。

アパートに戻ったマッコールは、中庭の菜園にいた隣人ファーティマ(サキナ・ジャフリー)に声をかける。

その夜、”シッダールタ”を読み終えたマッコールは、亡き妻ヴィヴィアンのことを想う。

ベルギーブリュッセル
レズニック(ジョナサン・スカーフ)らは、DIAの協力者カルベルとその妻を殺害して、自殺に見せかける。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「イコライザー」(2014)
・「イコライザー2」(2018)

*(簡略ストーリー)
マサチューセッツ州、ボストン
海兵隊員で”DIA/アメリカ国防情報局”工作員であったロバート・マッコールは、”Lyft”のドライバーをする傍ら、仕事請負人として悪に立ち向かっていた。
ある日マッコールは、元同僚である親友スーザンがベルギーで殺されたことを知りショックを受ける。
スーザンの夫ブライアンから、携帯電話などの遺品を預かったマッコールは、事件の調査を始める。
強盗殺人として処理されようとしていた事件で、スーザンがプロに殺されたことを確信したマッコールは復讐を誓い、元同僚のヨークの協力を得て犯人を捜そうとするのだが・・・。
__________

2014年に公開された「イコライザー」の続編。
親友を殺した元同僚の陰謀に立ち向かう、”イコラザ-/仕事請負人”の戦いを描くサスペンス・アクション。

前作に続き、製作を兼ねて主演したデンゼル・ワシントンアントワーン・フークアが組んだ、ファン待望の続編。

舞台は前作と同じボストンなのだが、主人公の職業が”Lyft”のドライバーという設定に変わり、その乗車客や周囲の人々との関係の中で、悪に立ち向かい、”イコラザ-/仕事請負人”として容赦なく制裁を加える姿が描かれている。

元同僚のプラマー夫妻が前作に続き登場し、その妻スーザンの死の真相を突き止めた主人公の復讐劇が描かれ、事件に関与していた元同僚たちとの戦いが繰り広げられる。

前作同様、主演のデンゼル・ワシントンの重厚な演技に支えられた作品であり、人間味を感じさせる主人公を彼は見事に演じている。

北米興行収入は1億ドルを超し、全世界では約1億9000万ドルのヒットとなり、前作とほぼ同じ結果を残した。

主人公の元同僚で、命懸けで任務をこなしたものの政府に見放され殺人チームを組織したペドロ・パスカル、主人公に人生の道を教えられる美術学校に通う青年アシュトン・サンダース、主人公の常客であるホロコーストの生存者オーソン・ビーン、主人公の親友である元同僚夫婦ビル・プルマンメリッサ・レオ、主人公の元同僚である殺し屋ジョナサン・スカーフサキナ・ジャフリー、カジー・タウギナス、ギャレット・A・ゴールデン、主人公が娘を取り戻す書店の経営者タマラ・ヒッキー、その娘リース・コート、彼女を母親から奪うトルコ人の元夫アダム・カーストなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021