4217 Movies

ドリーム・チーム The Dream Team (1989)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

極端な現代病を持つ4人の精神患者が繰り広げる、監督ハワード・ジーフ、主演マイケル・キートンクリストファー・ロイドピーター・ボイルロレイン・ブラッコフィリップ・ボスコジェームズ・レマー他共演の痛快爆笑コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ハワード・ジーフ
製作:クリストファー・W・ナイト
脚本
ジョン・コノリー
デヴィッド・ルーカ
撮影:アダム・ホレンダー

編集:C・ティモシー・オメーラ
音楽:デヴィッド・マクヒュー

出演
マイケル・キートン:ビリー・カウフィールド
クリストファー・ロイド:ヘンリー・シコースキー
ピーター・ボイル:ジャック・マクダーモット
スティーブン・ファースト:アルバート・ラヌッツィ
デニス・ボートシカリス:ジェフ・ワイツマン医師
ロレイン・ブラッコ:ライリー
ミロ・オーシャ:ニューワード医師
フィリップ・ボスコ:オマリー
ジェームズ・レマー:ジアネリ
ジョン・ストッカー:マレー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1989年製作 112分
公開
北米:1989年4月7日
日本:1990年1月13日
北米興行収入 $28,890,200


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニュージャージー、神経科医院。
医師ジェフ・ワイツマン医帥(デニス・ボートシカリス)は、自分のグループの4人の患者手を焼いていた。

自己中心的で暴力的なビリー・ カウフィールド(マイケル・キートン)、自分を病院の医師だと思い込む潔癖主義者のヘンリー・シコースキー(クリストファー・ロイド)、自らをイエスだと思い込む誇大妄想狂のジャック・マクダーモット(ピーター・ボイル)、ヤンキースの大ファンで自閉症であるアルバート・ラヌッツィ(スティーブン・ファースト)らだった。

ある日ワイツマンは、治療の目的で4人を、ヤンキースの野球観戦に連れて行くことを計画する。

そしてワイツマンは、院長のニュウワード(ミロ・オーシャ)を説得し、同僚医師の反対を押しきりヤンキースタジアムに向かう。

途中、ひねくれ者のビリー以外で、”Hit the Road Jack”を歌い陽気に目的地に向かう5人だった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
神経科医院のワイツマン医帥は、自分担当するグループの4人の患者ビリー、ヘンリー、ジャック、アルバートを連れて、野外治療としてヤンキースの野球観戦に連れて行く許可を得る。
そして、ヤンキースタジアムに向かった5人だったが、アルバートがトイレに行きたくなり、ワイツマンは車を止める。
アルバートを路地に連れて行ったワイツマンだったが、そこで彼は殺人事件を目撃してしまい、犯人の汚職警官オマリーとジアネリに痛めつけられてしまう。
病院に搬送されたワイツマンだったが、犯人を目撃したアルバートは自閉症のため、それを3人の患者に伝えられない。
ワイツマンが戻らないことに、痺れを切らした4人は別行動をとってしまう。
その頃、殺人犯のオマリーとジアネリは、目撃者ワイツマンを殺そうとしていた・・・。
__________

「プライベート・ベンジャミン」(1980)や、本作の2年後の「マイ・ガール」(1991)などで知られる監督ハワード・ジーフの演出は、単なるドタバタ・コメディに終わることなく、随所に人情味溢れる場面なども散りばめた、味わいのある仕上がりとなっている。

ヤンキースタジアムに向かう場面とエンディングで、主題曲の”Hit the Road Jack”が効果的に使われている。

2ヵ月後に公開の「バットマン」(1989)とは全く違う、実に彼らしいキャラクターを演ずるマイケル・キートンは、乱暴でひねくれ者の危険人物を熱演している。

デビュー2作目の「カッコーの巣の上で」(1975)でも、精神患者を好演したクリストファー・ロイドの、感情を表さない潔癖主義者も可笑しいが、妻と娘に会いに行くシーンは、ホロリとさせてくれる。

ヤング・フランケンシュタイン」(1974)のモンスター役が記憶に残る、ピーター・ボイルの”暴走”ぶりも迫力満点だ。
舞台俳優としての実力者らしく、オーバーアクションが愉快だ。

気弱な自閉症患者のスティーブン・ファーストが、愛すべきキャラクターとして、インパクトのある役柄を好演している。
その後の彼の活躍が、あまり日本では知られないのは残念だ。

野球観戦の引率医師で、殺人事件に巻き込まれるデニス・ボートシカリス、主人公(M・キートン)の元恋人ロレイン・ブラッコ、院長のミロ・オーシャ、汚職刑事フィリップ・ボスコジェームズ・レマー、ジャック(P・ボイル)の友人ジョン・ストッカーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020