4509 Movies

ドリーマーズ The Dreamers (2003)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

5月革命前夜のパリを舞台に、映画を愛するアメリカ人留学生と双子の姉弟の奇妙な関係を描く、監督ベルナルド・ベルトルッチ、主演マイケル・ピットエヴァ・グリーンルイ・ガレル他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ベルナルド・ベルトルッチ

製作:ジェレミー・トーマス
原作:ギルバート・アデアThe Holy Innocents
脚本:ギルバート・アデア
撮影:ファビオ・チャンチェッティ
編集:ジャコポ・カドリ

出演
マシュー:マイケル・ピット
イザベル:エヴァ・グリーン
テオ:ルイ・ガレル
ジョルジュ:ロバン・ヌルーチ
母親:アンナ・チャンセラー
本人:ジャン=ピエール・カルフォン
本人:ジャン=ピエール・レオ
本人:ジャン=ポール・ベルモンド(映像)
本人:アンリ・ラングロワ(映像)
本人:フランソワ・トリュフォー(映像)

イギリス/フランス/イタリア 映画
配給
フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
TFM Distribution(フランス)
Medusa Distribuzione(イタリア)
2003年製作 115分
公開
イタリア:2003年10月10日
フランス:2003年12月10日
イギリス:2004年2月6日
北米:2004年2月20日
日本:2004年7月31日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $2,531,460
世界 $15,121,170


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1968年2月、パリ
20歳のアメリカ人留学生マシュー(マイケル・ピット)は、フランス語を学ぶのが目的だったが、人生そのものを学んでいた。

文化大臣アンドレ・マルローが”シネマテーク・フランセーズ”の創設者であるアンリ・ラングロワを追放したため、映画を愛する者達は抗議活動を始める。

集会でイザベル(エヴァ・グリーン)とテオ(ルイ・ガレル)の姉弟と出会ったマシューは、二人と意気投合して、映画や政治、音楽のことなどを延々と話し続けた。

翌日、テオからの電話で食事に誘われたマシューは、その前に待ち合わせをして、イザベルとテオと共に二人の自宅に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想
1988年に発表された、ギルバート・アデアの小説”The Holy Innocents”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
1968年、パリ

20歳のアメリカ人留学生マシューは、”シネマテーク・フランセーズ”の創設者であるアンリ・ラングロワが追放されたことへの抗議集会で、イザベルとテオの姉弟と知り合う。
映画好きの三人は意気投合し、時を忘れて語り合う。
イザベルとテオの自宅に招待されたマシューは、両親が休暇旅行で不在になるため滞在することになる。
マシューは、ベッドを共にするイザベルとテオの異常な関係などを気にしながらも、二人との時間を楽しむのだが・・・。
__________

5月革命前夜の揺れ動くパリを舞台に、その社会情勢の中で奔放に生きる若間達の自由気ままな日々を描く作品。

抗議活動に参加しながら三角関係にも夢中になり、運動は疎かになるものの、”革命勃発”と共に再びそれに身を投じる、若者の揺れ動く心を捉えた、独特の映像美で人の心に訴える、ベルナルド・ベルトルッチの感性が光る一作。

姉弟の近臣相関的な愛や、二人に関係するアメリカ人留学生との三角関係や性描写も大胆だが、ベルナルド・ベルトルッチらしい、いやらしさを感じさせない”美”を追及した描写、映像に注目したい。

映画を愛する三人の若者が主人公であるため、ヌーヴェル・ヴァーグハリウッド作品へのオマージュ的な内容でもあり、ファンには興味深い作品に仕上がっている。

”異常”な関係の姉弟に翻弄される、ナイーヴなアメリカ人留学生を好演するマイケル・ピット、本作がデビュー作とは思えない、大胆な演技は驚きのエヴァ・グリーン、異様な雰囲気を感じるその弟ルイ・ガレル、二人の両親ロバン・ヌルーチアンナ・チャンセラー、本人や映像などで、ジャン=ピエール・カルフォンジャン=ピエール・レオジャン=ポール・ベルモンドアンリ・ラングロワフランソワ・トリュフォーなどが登場する。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021