4501 Movies

男の魂 The Sea Chase (1955)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

第二次世界大戦勃発と同時にイギリス海軍の巡洋艦に追われることになった、ドイツの貨物船船長の信念を貫こうとする祖国への航海を描く、製作、監督ジョン・ファロー、主演ジョン・ウェインラナ・ターナーデヴィッド・ファーラーライル・ベトガー他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)

ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧
ジョン・ウェイン / John Wayne/Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジョン・ファロー

製作:ジョン・ファロー
原作:アンドリュー・ギア”The Sea Chase”
脚本
ジェームズ・ワーナー・ベラ
ジョン・ツイスト
撮影:ウィリアム・H・クローシア
編集:ウィリアム・H・ジーグラー
音楽:ロイ・ウェッブ

出演
カール・アーリック:ジョン・ウェイン
エルザ・ケラー:ラナ・ターナー
ジェフリー・ネーピア:デヴィッド・ファーラー
カーシュナー:ライル・ベトガー
ウェッサー:タブ・ハンター
シュライター:ジェームズ・アーネス
ウォルター・ステム:リチャード・ダヴァロス
シュミット:ジョン・クゥオーレン
マックス・ハインツ:ポール・フィックス
エヴァンス:ローウェル・ギルモア
マッツ:ルイス・ヴァン・ロッテン
ウェンツ:アラン・ヘイル
ヘプケ:ウィルトン・グラッフ
バックマン:ピーター・ホイットニー
ウィンクラー:クロード・エイキンズ
ボーズン:ジョン・ドーセット

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1955年製作 117分
公開
北米:1955年6月4日
日本:1955年9月16日
製作費 $6,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
オーストラリアシドニー第二次世界大戦前夜。
港に停泊していたドイツの老朽貨物船”アーガンストラス”の船長カール・アーリック(ジョン・ウェイン)は、ヒトラーの演説に聴き入る船員に持ち場に戻るよう指示する。

イギリス海軍の巡洋艦”ロックハンプトン”の副長ジェフリー・ネーピア中佐(デヴィッド・ファーラー)は、旧知の仲であるアーリックを訪れ再会を喜ぶ。

二人は開戦の話になり、臨戦態勢に入るよう命令を受けたと言うネーピアは、数日後にはナチスと戦うことになると伝える。

アーリックは既に戦っていると言うネーピアは、開戦前に自分の立場を考えるべきだと助言する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想
アンドリュー・ギアの小説”The Sea Chase”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
オーストラリアシドニー第二次世界大戦前夜。
ドイツの老朽貨物船”アーガンストラス”の船長カール・アーリックは、旧友であるイギリス海軍の巡洋艦”ロックハンプトン”の副長ネーピア中佐から、開戦を前に、自分の置かれている立場を考えるようにと言われる。
ネーピアが結婚を決めた女性エルザと会ったアーリックは、何人もの男をたぶらかした彼女の正体を知っていたため、エルザに姿を消すよう伝えて従わせる。
出航したアーリックは、総領事から祖国に連れてい行くよう頼まれた常客が、スパイであったエルザだと知る。
その後、イギリスナチス・ドイツに宣戦布告し、ロックハンプトンは、アーガンストラスを拿捕する命令を受ける。
信念を貫き、船と乗員と共に祖国に戻ることを決意したアーリックは、理解し合えたエルザとの愛を深めながら航海を続けるのだが・・・。
__________

アンドリュー・ギアの原作を、ジョン・フォードの騎兵隊三部作、「アパッチ砦」(1948)、「黄色いリボン」(1949)、「リオ・グランデの砦」(1950)の原作などで知られるジェームズ・ワーナー・ベラジョン・ツイストが脚色し、ジョン・ファローが監督した戦争ドラマ。

第二次世界大戦前夜から開戦直後の太平洋から大西洋、そして北海を舞台にした作品で、軍艦同士の戦いではなく、イギリス海軍の巡洋艦に追われることになった、ドイツの老朽貨物船の船長と乗員達の祖国に戻るための苦難の航海を描いた大作でもある。

船と乗員を祖国に戻すことを使命と考える船長の戦いと苦悩を描く内容に加え、圧倒的な存在感で主人公である貨物船船長を演ずるジョン・ウェインと、スパイということで魔性の女的に登場する美しいラナ・ターナーとのロマンスが、追跡劇と共にドラマの一つのテーマとして進行していく。

航海を成功させるために乗員に厳しく接する船長の一貫した姿勢や、それに反発する者や理解者との絡みなども複雑に描かれる、ジョン・ファローの奥深さに加えた力強い演出も見所の作品。

ラナ・ターナーが小柄であるため、長身のジョン・ウェインの巨体が際立つ描写も興味深いのだが、スクリーンに映えるラナ・ターナーの美しさは、場面によっては、存在感でジョン・ウェインに負けていないことにも注目したい。

また、ジョン・ウェインとは共演作も多い面々、”ジョン・フォード一家”でもある、主人公のよき理解者の機関長を演ずるジョン・クゥオーレンジョン・ウェインとは27作で共演している、コックの助手役でポール・フィックス、また、体格ではジョン・ウェインを上回る乗員役のジェームズ・アーネスクロード・エイキンズジョン・ドーセットなどの共演もファンには嬉しい。

主人公とは旧知の仲であるイギリス海軍の巡洋艦の副長デヴィッド・ファーラー、主人公と意見が対立する一等航海士のライル・ベトガー、主人公に育てられた若い乗員タブ・ハンター、乗員のリチャード・ダヴァロスイギリス海軍の巡洋艦艦長ローウェル・ギルモアバルパライソの総領事ウィルトン・グラッフ、乗員のルイス・ヴァン・ロッテンアラン・ヘイルピーター・ホイットニーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021