4545 Movies

ラブストーリーズ コナーの涙 The Disappearance of Eleanor Rigby: Him (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

幼い息子を亡くし心癒されない日々を送る夫婦の苦悩を描く、製作、監督、脚本ネッド・ベンソン、主演ジェームズ・マカヴォイジェシカ・チャステイン(製作兼)、キアラン・ハインズビル・ヘイダーニナ・アリアンダニッキー・M・ジェームズイザベル・ユペール他共演のドラマ。


ドラマ(ロマンス)

ジェームズ・マカヴォイ / James McAvoy / Pinterest
ジェシカ・チャステイン / Jessica Chastain / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ネッド・ベンソン

製作
カサンドラ・クルクンディス
ネッド・ベンソン
ジェシカ・チャステイン
トッド・J・ラバロウスキ
エマニュエル・マイケル
脚本:ネッド・ベンソン
撮影:クリストファー・ブローヴェルト
編集:クリスティーナ・ボーデン
音楽:サン・ラックス

出演
コナー・ラドロー:ジェームズ・マカヴォイ
エリナー・リグビー:ジェシカ・チャステイン
スペンサー・ラドロー:キアラン・ハインズ
スチュアート:ビル・ヘイダー
アレクシス:ニナ・アリアンダ
シーア:ニッキー・M・ジェームズ
メアリー・リグビー :イザベル・ユペール
伝道師:ジェレミー・シェイモス
フィービー:マルタ・ミランス
無銭飲食の男 :クリスチャン・コールソン
無銭飲食の女 :イザベル・マクナリー
リリアン・フリードマン教授:ヴィオラ・デイヴィス

アメリカ 映画
配給 ワインスタイン・カンパニー
2013年製作 96分
公開
北米:2014年10月10日
日本:2015年2月14日
製作費 $3,000,000(1,2作)
北米興行収入 $587,770(1,2作)
世界 $985,010 (1,2作)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
あるレストランで食事をしたコナー・ラドロー(ジェームズ・マカヴォイ)とエリナー・リグビー(ジェシカ・チャステイン)は、食い逃げをすることで同意し、それを成功させる。

公園まで逃げたコナーは、ホタルが飛んでいることに気づき、それをエリナーにそれを知らせて楽しい時間を過ごす。

数年後、結婚したコナーとエリナーは、幼い息子を亡くしたことで傷心の日々を送っていた。

ある日、レストランを経営するコナーは、バーテンダーのアレクシス(ニナ・アリアンダ)がかけている曲に腹を立てて店を出る。

驚く親友でシェフのスチュアート(ビル・ヘイダー)やアレクシス、そしてウエイトレスのシーア(ニッキー・M・ジェームズ)は、コナーのことを心配する。

自宅に向かったコナーは、金魚のラルフに餌を与え、ベッドに横たわるエリナーに寄り添う。

迫るコナーを拒んだエリナーは、浮気をされた夢を今月だけで4回見たことを話し、そんなことはしないと言う彼に浮気を勧める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ラブストーリーズ コナーの涙」(2013)
・「ラブストーリーズ エリナーの愛情」(2013)
・「Them」(2014)

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
レストランを経営するコナー・ラドローは、妻のエリナーと共に、幼い息子を亡くしたことで悲しみ、心癒えない日々を送っていた。
ある日、思い余ってハドソン川に飛び込んだエリナーが病院に入院したことを知ったコナーは、もう終わりにしたいと言う彼女の意見を聞き入れる。
アパートに戻らなかったエリナーのことが気になり、彼女のことを捜すコナーは苦悩する。
その後、友人でありシェフのスチュアートから、エリナーが大学に通っているようだと言われたコナーは、彼女の行動を追うのだが・・・。
__________

短編映画を手掛けていたネッド・ベンソンが、製作と脚本を兼ねた監督作品。

かつて、ジェシカ・チャステインと恋人関係にあったネッド・ベンソンが、彼女と付き合う中で、男女の視点から描く作品の構想を得たと言われていて、彼女は製作に参加している。

幼い息子を亡くし心癒されない日々を送る夫婦の苦悩を、夫と妻の視点でそれぞれ描いた、2013年に同時に公開された2作の内の”夫編”であり、時系列に沿って描かれた3作目”Them”も2014年に公開された。

冒頭で、主人公の二人が結婚する前の愛の姿が描かれ、その後、最愛の息子を失い、先が見えずえない状況で苦しむ二人の日常を淡々に描いた作品。

本作は夫役のジェームズ・マカヴォイの視点から描かれ、苦しみながら、必死に妻の考えを理解しようとする男性を演じている。

その妻を演ずるジェシカ・チャステインは、息子を失った悲しみから抜け出せず苦悩する女性を好演している。

レストラン業界で成功した主人公の父親を深く演ずるキアラン・ハインズ、主人公の友人であるシェフのビル・ヘイダー、主人公のレストランで働くバーテンダーのニナ・アリアンダ、同じくウエイトレスのニッキー・M・ジェームズ、ヒロインの母親イザベル・ユペール、伝道師のジェレミー・シェイモス、スペンサー(キアラン・ハインズ)の店の接客係マルタ・ミランス、無銭飲食の男 クリスチャン・コールソン、その恋人イザベル・マクナリー、ヒロインが聴講する大学の教授ヴィオラ・デイヴィスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021