4311 Movies

ラブストーリーズ エリナーの愛情 The Disappearance of Eleanor Rigby: Her (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

幼い息子を亡くし心癒されない日々を送る夫婦の苦悩を描く、製作、監督、脚本ネッド・ベンソン、主演ジェームズ・マカヴォイジェシカ・チャステイン(製作兼)、ヴィオラ・デイヴィスビル・ヘイダーニナ・アリアンダニッキー・M・ジェームズイザベル・ユペールウィリアム・ハートジェス・ワイクスラー他共演のドラマ。


ドラマ(ロマンス)

ジェシカ・チャステイン / Jessica Chastain / Pinterest
ジェームズ・マカヴォイ / James McAvoy / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ネッド・ベンソン
製作
カサンドラ・クルクンディス
ネッド・ベンソン
ジェシカ・チャステイン
トッド・J・ラバロウスキ
エマニュエル・マイケル
脚本:ネッド・ベンソン
撮影:クリストファー・ブローヴェルト
編集:クリスティーナ・ボーデン
音楽:サン・ラックス

出演
エリナー・リグビー:ジェシカ・チャステイン
コナー・ラドロー:ジェームズ・マカヴォイ
リリアン・フリードマン教授:ヴィオラ・デイヴィス
メアリー・リグビー :イザベル・ユペール
ジュリアン・リグビー:ウィリアム・ハート
ケイティ・リグビー :ジェス・ワイクスラー
スチュアート:ビル・ヘイダー
チャーリー:キャサリン・ウォーターストン
アレクシス:ニナ・アリアンダ
シーア:ニッキー・M・ジェームズ
クラブの男 :ライアン・エッゴールド
伝道師:ジェレミー・シェイモス

アメリカ 映画
配給 ワインスタイン・カンパニー
2013年製作 105分
公開
北米:2014年10月10日
日本:2015年2月14日
製作費 $3,000,000(1,2作)
北米興行収入 $587,770(1,2作)
世界 $985,010 (1,2作)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
自転車で橋を渡るエリナー・リグビー(ジェシカ・チャステイン)は、歩き始めてハドソン川に飛び込む。

救助されたエリナーは一命を取り留め、病院に運ばれる。

退院するエリナーは、妹ケイティ(ジェス・ワイクスラー)に迎えに来てもらい、伝道師(ジェレミー・シェイモス)に見送られてその場を去る。

実家に着いたエリナーは母メアリー(イザベル・ユペール)に迎えられる。

二階に上がるエリナーは、夫コナー(ジェームズ・マカヴォイ)が写っている写真に気づき、メアリーはそれを外して隠しておくようにケイティに指示する。

部屋に向かったエリナーは、現れた父ジュリアン(ウィリアム・ハート)から、家族が揃ったと言われる。

エリナーは、両親から今後のことを訊かれる。

大学教授のジュリアンは、授業を聴講してはどうかとエリナーに尋ねる。

メアリーから大学に復学することを提案されたエリナーは、後で話したいと伝える。

コナーのことも訊かれたエリナーは、ケイティの息子で甥のフィリップが現れたために彼を抱きしめる。

エリナーに気を遣うジュリアンらは、彼女を独りにしてあげる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ラブストーリーズ コナーの涙」(2013)
・「ラブストーリーズ エリナーの愛情」(2013)
・「Them」(2014)

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
幼い息子を亡くしたことで悲しみ、心癒えない日々を送っていたエリナー・リグビーは、思い余ってハドソン川に飛び込む。
退院したエリナーは、迎えに来た妹のケイティと共に実家に向かい、両親ジュリアンとメアリーに迎えられる。
気遣ってくれる家族と共に暮らし始めたエリナーは、大学教授である父の勧めで大学に通うようになる。
紹介された教授のリリアンと親しくなったエリナーは、接触してきたコナーとの関係に戸惑いながら日々を過ごすのだが・・・。
__________

幼い息子を亡くし心癒されない日々を送る夫婦の苦悩を、夫と妻の視点でそれぞれ描いた、2013年に同時に公開された2作のう内の”妻編”である。

当然ではあるが、夫婦に起きている事態は”夫編”と同じであり、併用して使用している映像もあり、まったく同じ状況で撮り直しているシーンでは、違った印象を与えるために、セリフや衣装を変えていることなどにも注目したい。

両作、どちらから観ても問題ない内容ではあるが、先に観る作品によって感じ方は変わるという面白さもある。

本作はヒロインの視点で描かれているために、”夫編”よりもさらに、悲しみの心情を伝える妻役を深く演ずるジェシカ・チャステインの好演は光る。

”夫編”に比べて登場シーンが少ないのが残念なジェームズ・マカヴォイ、ヒロインと友人に近い関係になる大学教授を印象的に演ずるヴィオラ・デイヴィス、ヒロインの母親イザベル・ユペール、大学教授である父親のウィリアム・ハート、ヒロインの妹ジェス・ワイクスラー、コナーの友人でシェフのビル・ヘイダー、バーテンダーのニナ・アリアンダ、ウエイトレスのニッキー・M・ジェームズ、ヒロインの友人キャサリン・ウォーターストン、ヒロインとクラブで出会う青年ライアン・エッゴールド、伝道師のジェレミー・シェイモスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020