4214 Movies

ディクテーター The Dictator (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アフリカ某国の独裁者が、核開発で国際社会の非難を受ける中、国連での声明発表を求められ、それに応じながら側近のおじによる失脚の陰謀に巻き込まれるという、監督ラリー・チャールズ、製作、脚本、主演サシャ・バロン・コーエンアンナ・ファリスベン・キングズレージョン・C・ライリー他共演の爆笑過激コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ラリー・チャールズ
製作総指揮
ピーター・ベイナム

ダン・メイザー
マリ=ジョーウィンクラー
製作
アレック・バーグ

サシャ・バロン・コーエン
ジェフ・シェーファー
デヴィッド・マンデル
スコット・ルーディン
脚本
サシャ・バロン・コーエン

アレック・バーグ
ジェフ・シェーファー
デヴィッド・マンデル
撮影:ローレンス・シャー
編集
エリック・キサック

グレッグ・ヘイデン
音楽:エラン・バロン・コーエン

出演
ハファズ・アラジーン将軍/エファード:サシャ・バロン・コーエン

ゾーイ:アンナ・ファリス
タミール:ベン・キングズレー
ナダル:ジェイソン・マンツォーカス
クレイトン:ジョン・C・ライリー
ラオ:ボビー・リー
アンカーマン:クリス・パーネル
デニース:ジェシカ・セント・クレア
ウェイター:フレッド・アーミセン
医師:アーシフ・マンドヴィ
妊婦:キャスリン・ハーン
本人:ミーガン・フォックス
本人:エドワード・ノートン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

2012年製作 83分
公開
北米:2012年5月16日
日本:2012年9月7日
製作費 $65,000,000
北米興行収入 $59,650,220
世界 $177,547,350


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
アフリカ
ワディヤ共和国の独裁者ハファズ・アラジーン将軍(サシャ・バロン・コーエン)の圧政、そして、核開発に対する国際批判の高まる。

しかしアラジーンは、世界の声を気にもせずに核開発を進める。

側近であるおじのタミール(ベン・キングズレー)と共に、核施設を訪れたアラジーンは、開発の遅れを非難する。

アラジーンは、責任者である”核”のナダル(ジェイソン・マンツォーカス)を、自分が2年前に処刑してしまったことを知らさせる。

現責任者も処刑してしまったアラジーンは、核保有を否定し、制裁が解除された後に石油の採掘権を売るべきだとタミールに助言される。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
アフリカの国ワディヤの独裁者ハファズ・アラジーン将軍は、圧政に加えて核開発を推進し、国際社会の非難を浴びる。
国連決議で空爆も迫る中、アラジーンは、それを回避するため、国連での声明発表を求められる。
ニューヨークに着いたアラジーンだったが、側近であるおじタミールの陰謀で拉致され、影武者と入れ替わる事態となる。
タミールは、独裁国家脱却を宣言させて、石油の利権を得ようと企む。
殺し屋だった、警護のクライトンに捕えられたアラジーンは、隙を見てその場を逃れタミールの陰謀を知る。
身分を証明できないアラジーンは捕えられそうになるが、自然食品店を営むゾーイに救われる。
アラジーンは、自分が処刑を命じたものの生きていた核開発者ナダルに会い、復帰を条件にして彼の協力を得て、陰謀の対抗策を考えるのだが・・・。
__________

何かと話題を振りまくイギリスのコメディアン、サシャ・バロン・コーエン製作、脚本、主演、ヒットした「ブルーノ」(2009)でも組んだラリー・チャールズの監督作品。

彼らの元に集結し出演する、豪華共演陣も見逃せない。

善悪を問わず、世の中の全ての物を皮肉ったどぎついジョークと過激な描写、サシャ・バロン・コーエンの特異な”才能”が生かされた爆笑コメディ。

馬鹿げていると言えばそれまでだが、各方面への配慮など全く無視した内容、作風、下ネタの連発、ここまで徹底すれば許せるというところだろうか。

製作費は6500万ドル、北米興行収入は約6000万ドル、全世界では約1億7800万ドルのヒットとなった。

主人公を救い、退け、そして愛が芽生えるアンナ・ファリス、主人公のおじで、石油の利権を手にしようとするベン・キングズレー、核開発者ジェイソン・マンツォーカス、主人公を拉致する殺し屋のジョン・C・ライリー中国大使ボビー・リー、アンカーマン、クリス・パーネル、コメンテーターのジェシカ・セント・クレア、反体制派レストランのウェイター役フレッド・アーミセン、医師アーシフ・マンドヴィ、妊婦キャスリン・ハーン、本人役でミーガン・フォックスエドワード・ノートンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020