4373 Movies

スターリンの葬送狂騒曲 The Death of Stalin (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ソ連の最高指導者ヨシフ・スターリン死去後の権力闘争を描く、監督、脚本アーマンド・イアヌッチ、主演スティーヴ・ブシェミサイモン・ラッセル・ビールパディ・コンシダインルパート・フレンドジェイソン・アイザックスマイケル・ペイリンアンドレア・ライズボロージェフリー・タンバーオルガ・キュリレンコ他共演のブラック・コメディ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:アーマンド・イアヌッチ
製作
ヤン・ゼヌー
ローラン・ゼトゥンヌ
ニコラ・デュヴァル・アダソフスキ
ケヴィン・ローダー
製作総指揮
ジャン=クリストフ・コールソン
原作
La Mort de Staline
ファビアン・ニュリ
ティエリー・ロバン
脚本
ファビアン・ニュリ
アーマンド・イアヌッチ
デヴィッド・シュナイダー
イアン・マーティン
撮影:ザック・ニコルソン
編集:ピーター・ランバート
音楽:クリストファー・ウィリス

出演
ニキータ・フルシチョフスティーヴ・ブシェミ
ラヴレンチー・ベリヤサイモン・ラッセル・ビール
ユーリ・アンドレーエフ:パディ・コンシダイン
ワシーリー・スターリンルパート・フレンド
ゲオルギー・ジューコフジェイソン・アイザックス
ヴャチェスラフ・モロトフマイケル・ペイリン
スヴェトラーナ・アリルーエワアンドレア・ライズボロー
ゲオルギー・マレンコフジェフリー・タンバー
ヨシフ・スターリンエイドリアン・マクラフリン
マリヤ・ユーディナオルガ・キュリレンコ
アナスタス・ミコヤンポール・ホワイトハウス
ニコライ・ブルガーニンポール・チャヒディ
ラーザリ・カガノーヴィチダーモット・クロウリー
クリメント・ヴォロシーロフ将軍:ジェームズ・バリスケール
ジューコフの参謀:リーロイ・マレー
イワン・コーネフ:ダニエル・フェーン
キリル・モスカレンコ:ルーク・ディシルバ
レオニード・ブレジネフジェラルド・レプコウスキー
周恩来デイブ・ウォン
アナトリー・タラソフリチャード・ブレイク
ポリーナ・モロトワダイアナ・クイック
スパルタク・ソコロフ:ジャスティン・エドワーズ
セルゲイ:トム・ブルック
ボリス・ブレスナヴィッチ:ニコラス・ウッドソン
ルコムスキー医師:カール・ジョンソン
リディヤ・ティマシュク:カーラ・ホーガン
メツニコフ:ジョナサン・アリス
音楽家:ロジャー・アシュトン=グリフィス
ニーナ・フルシチェワシルヴェストラ・ル・トゥーゼル
デロフ:ポール・レディ

イギリス/フランス /ベルギー 映画
配給
Entertainment One(イギリス)
IFC Films(北米)
2017年製作 107分
公開
イギリス:2017年10月20日
北米:2018年3月9日
日本:2018年8月3日
製作費 $13,000,000
北米興行収入 $8,047,860
世界 $24,646,060


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1953年、ソ連モスクワ
NKDV/内務人民委員部”は、ヨシフ・スターリンルパート・フレンド)政権下で、”敵”と見なした者をリストにして粛清していた。
*実際にはNKDVは1946年に解散している。

ラジオ・モスクワモスクワ放送)。
ピアニストのマリヤ・ユーディナオルガ・キュリレンコ)の演奏会の放送中、ディレクターのユーリ・アンドレーエフ(パディ・コンシダイン)は、17分後にスターリンに電話をすることを指示される。

NKDVの内務人民委員ラヴレンチー・ベリヤサイモン・ラッセル・ビール)は、スターリンから受け取った粛清リストを部下に渡し、一斉検挙が開始される。

時間になったためにスターリンに電話したアンドレーエフは、行われている演奏の録音を届けるようにという指示を受ける。

録音していないことを知ったアンドレーエフは焦り、観客を戻してもう一度、演奏しようとする。

その頃、スターリンダーチャ(別荘)で、党政治局員のニキータ・フルシチョフスティーヴ・ブシェミ)、ベリヤ、外務大臣のヴャチェスラフ・モロトフマイケル・ペイリン)、閣僚会議副議長のゲオルギー・マレンコフジェフリー・タンバー)らと共に食事をして西部劇を楽しむ。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1953年3月5日、ソ連の最高指導者ヨシフ・スターリンが死去する。
党政治局員のニキータ・フルシチョフや粛清を仕切っていたベリヤは、後継者を指名しないままスターリンが亡くなったことから代行となったマレンコフを操りながら、葬儀の準備を始める。
ベリヤを失脚させたいフルシチョフは、軍トップのジューコフ元帥と手を組み、幹部たちを巻き込んで政権掌握を画策するのだが・・・。
__________

ファビアン・ニュリティエリー・ロバンによるグラフィック・ノベル”La Mort de Staline”を基に製作された作品。

ソ連の最高指導者ヨシフ・スターリン死去後の権力闘争を描くブラック・コメディ。

放送作家として高く評価されているスコットランド出身のアーマンド・イアヌッチが、脚本を兼ねて監督した作品。

恐怖の大粛清時代を背景に、ソ連共産党の権力争いをシニカル且つユーモラスに描く、コメディの快作に仕上がっている。

共産党幹部他、各キャラクターを演ずる出演者の個性を活かし、アーマンド・イアヌッチの見事な脚本と軽快な演出は冴え渡る。

ドラマの中で重要な存在となる”NKDV/内務人民委員部”が、舞台となる時代には存在していなかった歴史的事実などを気にする声などもあるが、細かいことは抜きにして楽しめる傑作コメディであり、批評家からも絶賛された作品。

持ち味を活かしニキータ・フルシチョフを怪演するスティーヴ・ブシェミ、大粛清のキーマン、そして”変態”でもあり失脚し処刑されるラヴレンチー・ベリヤサイモン・ラッセル・ビール、”ラジオ・モスクワ”のディレクター、パディ・コンシダインスターリンの息子ワシーリー・スターリンルパート・フレンド、その妹スヴェトラーナ・アリルーエワアンドレア・ライズボローゲオルギー・ジューコフ元帥を豪快に演ずるジェイソン・アイザックス、外務大臣ヴャチェスラフ・モロトフマイケル・ペイリン、最高指導者代行となるオルギー・マレンコフジェフリー・タンバーヨシフ・スターリンエイドリアン・マクラフリン、ピアニスト、マリヤ・ユーディナオルガ・キュリレンコ、貿易大臣アナスタス・ミコヤンポール・ホワイトハウス、国防大臣ニコライ・ブルガーニンポール・チャヒディ、労働大臣ラーザリ・カガノーヴィチダーモット・クロウリー、陸軍の将軍ジェームズ・バリスケール、同じくイワン・コーネフのダニエル・フェーン、同じくキリル・モスカレンコのルーク・ディシルバ、ジューコフの参謀リーロイ・マレー、レオニード・ブレジネフジェラルド・レプコウスキー周恩来デイブ・ウォン、アイスホッケー・コーチ、アナトリー・タラソフリチャード・ブレイクモロトフの妻ポリーナ・モロトワダイアナ・クイック、指揮者のジャスティン・エドワーズ、怪我をした彼の代理ニコラス・ウッドソンラジオ・モスクワのアシスタント、トム・ブルックスターリンを診察する老医師のカール・ジョンソン、彼のことを当局に通報するカーラ・ホーガンNKDVジョナサン・アリスポール・レディ、音楽家のロジャー・アシュトン=グリフィスフルシチョフの妻ニーナ・フルシチェワシルヴェストラ・ル・トゥーゼルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021