4452 Movies

ハート・オブ・マン What Men Want (2019)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2000年に公開された「ハート・オブ・ウーマン」のリメイク。
仕事第一のスポーツ・エージェントが人間らしい生活と恋を手に入れるまでを描く、製作総指揮、監督アダム・シャンクマン、製作総指揮、主演タラジ・P・ヘンソンオルディス・ホッジジョシュ・ブレナーエリカ・バドゥリチャード・ラウンドトゥリートレイシー・モーガン他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト
監督:アダム・シャンクマン

製作
ウィル・パッカー
ジェームズ・ロペス
製作総指揮
タラジ・P・ヘンソン
エイミー・セイアーズ
アダム・シャンクマン
マット・ウィリアムズ
デヴィッド・マクファッゼン
デート・メサーヴ
原作
ハート・オブ・ウーマン
ジョシュ・ゴールドスミス
キャシー・ユスパ
ダイアン・ドレイク
原案
ジャス・ウォーターズ
ティナ・ゴードン
脚本
ティナ・ゴードン
ピーター・ハイク
アレックス・グレゴリー
撮影:ジム・デノールト
編集:エマ・E・ヒコックス
音楽:ブライアン・タイラー

出演
アリソン”アリ”デイヴィス:タラジ・P・ヘンソン
ウィル:オルディス・ホッジ
ブランドン・ウォレス:ジョシュ・ブレナー
シスター:エリカ・バドゥ
スキップ・デイヴィス:リチャード・ラウンドトゥリー
ジョー”ドラ”バリー:トレイシー・モーガン
オリヴィア:ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ
マリ:タマラ・ジョーンズ
シャッラ:フィービー・ロビンソン
ケヴィン・マートル:マックス・グリーンフィールド
イーサン・ファウラー:ジェイソン・ジョーンズ
ニック・アイバーズ:ブライアン・ボスワース
エディ・アレン:クリス・ウィタスキ
ジャマル・バリー:シェーン・ポール・マッギー
キャプテン・ファックタスティック:ケラン・ラッツ
本人:ジョン・コリンズ
本人:シャキール・オニール
本人:グラント・ヒル
本人:マーク・キューバン
本人:カール=アンソニー・タウンズ
本人:リサ・レスリー
ダニー:ピート・デヴィッドソン
ベン:オーストン・ジョン・ムーア

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2019年製作 117分
公開
北米:2019年2月8日
日本:未公開
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $54,611,900
世界 $72,216,290


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
アトランタ
スポーツ・エージェントのアリソン”アリ”デイヴィス(タラジ・P・ヘンソン)は、迎えに来たゲイのアシスタント、ブランドン・ウォレス(ジョシュ・ブレナー)と出かける。

隣人のキャプテン・ファックタスティック(ケラン・ラッツ)に出くわしたアリは、ブランドンから彼がゲイだと言われ、それを否定する。

サミット・ワールドワイド・マネジメント。
出社したアリは、同僚のイーサン・ファウラー(ジェイソン・ジョーンズ)と話し、会議室に向かい、ケヴィン・マートル(マックス・グリーンフィールド)の隣りに座る。

現れた社長のニック・アイバーズ(ブライアン・ボスワース)は、地元出身の”NBA”のドラフト1位候補ジャマル・バリー(シェーン・ポール・マッギー)の担当と会社の共同経営権をエディ・アレン(クリス・ウィタスキ)に与える。

間違いなく自分だと思っていたアリは、大恥をかいてしまいショックを受ける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
アトランタ
スポーツ・エージェントとして忙しい日々を送るアリソン”アリ”デイヴィスは、昇進できなかったためにショックを受ける。
そんなアリは、地元出身のバスケットボール選手で、”NBA”ドラフト1位確実のジャマルと、その父親ジョーと契約しようとする。
ある日アリは、バーテンダーのウィルと一夜を過ごすが、彼には幼い息子ベンがいたために驚いてしまう。
友人マリから霊能者シスターを紹介されたアリは、彼女に飲まされたお茶のせいで、男性の心の声が聞こえるようになってしまう。
アリは、その能力を利用してジョーの考えを知り、何とかジャマルと契約しようとするのだが・・・。
__________

2000年に公開された「ハート・オブ・ウーマン」の内容を、主人公を女性に置き換えてアレンジしたリメイク。

仕事第一のスポーツ・エージェントが、人間らしい生活と恋を手に入れるまでを描くロマンチック・コメディ。

コメディを得意とするアダム・シャンクマンが製作総指揮を兼ねた監督作品で、魅力的なキャスティングや有名スポーツ選手などが多数出演したことなどで話題になった作品。

”男性と分かち合えない”キャリアウーマンが、男性の心の声を聞くことができる能力を身につけたことで巻き起こる騒動が描かれる内容は面白味があり、個性豊かな出演者の演技が見どころなのだが、批評家の評価は思わしくなかった。

とはいうものの、北米興行収入は約5500万ドル、全世界では7200万ドルと健闘した。

自己中心的で仕事一筋のキャリアウーマンだったものの、人間らしさと恋人を手に入れる主人公を熱演するタラジ・P・ヘンソン、彼女と惹かれ合う仲になるオルディス・ホッジ、その息子オーストン・ジョン・ムーア、主人公のアシスタントをいい雰囲気で演ずるジョシュ・ブレナー、主人公に特殊能力を与える霊能者のエリカ・バドゥ、主人公の父親リチャード・ラウンドトゥリー、主人公が契約しようとするバスケットボール選手シェーン・ポール・マッギーの父親トレイシー・モーガン、主人公の友人ウェンディ・マクレンドン=コーヴィタマラ・ジョーンズフィービー・ロビンソン、主人公の同僚マックス・グリーンフィールドジェイソン・ジョーンズクリス・ウィタスキピート・デヴィッドソン、その上司ブライアン・ボスワース、主人公の隣人ケラン・ラッツ、本人役でジョン・コリンズシャキール・オニールグラント・ヒルマーク・キューバンカール=アンソニー・タウンズリサ・レスリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021