4452 Movies

ハンターキラー Hunter Killer (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ロシア軍部によるクーデターを阻止する任務を受けた潜水艦艦長らの戦いを描く、主演ジェラルド・バトラーゲイリー・オールドマンコモンミカエル・ニクヴィストリンダ・カーデリーニ他共演、監督ドノヴァン・マーシュによるアクション・スリラー。


アクション/アドベンチャー

ゲイリー・オールドマン / Gary Oldman / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ドノヴァン・マーシュ
製作
ニール・H・モリッツ
トビー・ジャッフェ
ジェラルド・バトラー
アラン・シーゲル
タッカー・トゥーリー
マーク・ギル
ジョン・トンプソン
マット・オトゥール
レス・ウェルドン
製作総指揮
アヴィ・ラーナー
トレヴァー・ショート
ボアズ・デヴィッドソン
ヤリフ・ラーナー
ダグラス・アーバンスキー
ラティ・グロブマン
クリスタ・キャンベル
アーン・L・シュミット
ライアン・カヴァナー
ケン・ハルスバンド
ケヴィン・キング
クリスティーン・オタール
原作
”Firing Point”
ジョージ・ウォーレス
ドン・キース
脚本
アーン・L・シュミット
ジェイミー・モス
撮影:トム・マライス
編集:マイケル・J・ドゥーシー
音楽:トレヴァー・モリス

出演
ジョー・グラス:ジェラルド・バトラー
チャールズ・ドネガン提督:ゲイリー・オールドマン
ジョン・フィスク少将:コモン
セルゲイ・アンドロポフ艦長:ミカエル・ニクヴィスト
ジェイン・ノークィスト:リンダ・カーデリーニ
ウォラック:デヴィッド・ジャーシー
ヒメネス:ガブリエル・チャバリア
マット・ジョンストン:ライアン・マクパートリン
ブライアン・エドワーズ:カーター・マッキンタイア
ポール・マルティネリ:ゼイン・ホルツ
ベルフォード:テイラー・ジョン・スミス
デヴィン・ホール:マイケル・トルッコ
ビル・ビーマン:トビー・スティーブンス
ドミトリー・ドゥロフ/ロシア国防相:ミハイル・ゴア
ニコライ・ザカリン/ロシア大統領:アレクサンドル・ディアチェンコ
オレグ:ユーリー・コロコリニコフ
ウラジミール・ストレフ:イリア・ヴォロック
アイリーン・ドーヴァー/アメリカ合衆国大統領:キャロライン・グッドール
トレチャク:イゴール・ジジキン
アメリカ原子力潜水艦タンパベイ艦長:コーリィ・ジョンソン
ターナー:シェーン・テイラー
メディック・ジョーンズ:リチャード・ヒルズ

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート
2018年製作 121分
公開
北米:2018年10月26日
日本:2019年4月12日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $15,767,500
世界 $31,672,680


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロシアバレンツ海
ロシア海軍の”アクラ型原子力潜水艦/コーニク”を、アメリカ海軍の”ロサンゼルス級原子力潜水艦/USSタンパ・ベイ”が追跡する。

タンパ・ベイの艦長(コーリィ・ジョンソン)はコーニクの爆発を確認し、緊急遭難信号を受信する。

その直後に魚雷が近づき、タンパ・ベイは撃沈される。

ペンタゴン、国家軍事指揮センター。
海軍のジョン・フィスク少将(コモン)は、タンパ・ベイが消息不明になり詳細な情報もないことを知る。

統合参謀本部議長のチャールズ・ドネガン提督(ゲイリー・オールドマン)は、フィスクからタンパ・ベイの報告を受けて、ハンターキラー/攻撃型潜水艦を現地に向かわせるよう指示する。

救難艦がないことを指摘したドネガンは、艦長を失った”バージニア級潜水艦USSアーカンソー”に、アナポリス/海軍兵学校を卒業していないジョー・グラス中佐(ジェラルド・バトラー)を新任の艦長として任命したことを知る。

スコットランドハイランド
狩りをしていたグラスは連絡を受けて”クライド海軍基地”に向かい、アーカンソーを前に、”誇りを深く秘め 潜水艦隊”と刻まれたコインを見つめる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロシアバレンツ海で米ロの潜水艦が沈没し、”バージニア級潜水艦USSアーカンソー”の艦長ジョー・グラス中佐は、統合参謀本部議長ドネガン提督とフィスク少将の命令を受けて、調査のために現地に向かう。
同じ頃、ロシア国防相ドゥロフは、ポリャールヌイ海軍基地に到着したザカリン大統領を拘束し、権限を奪いクーデターを企てる。
それを知ったフィスクは、偵察部隊として”Navy SEALs”のビーマン大尉らを現地に派遣する。
ロシア潜水艦沈没がアメリカ側の攻撃でないことを知ったグラスは、ロシア側の生存者アンドロポフ艦長を救出し、彼に協力を求めるのだが・・・。
__________

2012年に発表された、ジョージ・ウォーレスとドン・キースの小説”Firing Point”を基に製作された作品。

ロシア軍部によるクーデターを阻止する任務を受けながら、両国の対立による開戦を回避しようとする潜水艦艦長らの戦いを描くアクション・スリラー。

米ロが激突する第三次大戦の危機を描く展開は緊迫感はあるものの、荒唐無稽な内容で他の作品で観たような場面が多い平凡な作品。

批評家の評価も低く、魅力的なキャスティングにも拘らず、北米興行成績は約1600万ドル、全世界では約3200万ドルに留まり、製作費の4000万ドルを回収できなかった。

主演のジェラルド・バトラーは、エリートの乗員とは違い下積みからの叩き上げであり、様々な経験を基に直感を信じて行動する、統率力のある艦長を熱演している。

米ソ開戦寸前の状態に直面する統合参謀本部議長ゲイリー・オールドマン、任務の指揮を執る海軍少将のコモン、彼に協力する”NSA/国家安全保障局”の分析官リンダ・カーデリーニ、沈没したロシア潜水艦艦長で主人公に協力するミカエル・ニクヴィスト、アーカンソー副長補佐のデヴィッド・ジャーシー、副長のカーター・マッキンタイア、”DSRV/深海救難艇”の操縦士ガブリエル・チャバリア、現地に派遣される”Navy SEALs”の隊長トビー・スティーブンス、その部下ライアン・マクパートリンマイケル・トルッコゼイン・ホルツ、アーカンソー、ソナー・オペレーターのテイラー・ジョン・スミス、クーデターを企てるロシア国防相のミハイル・ゴア、その部下である”スペツナズ”のイゴール・ジジキンロシア大統領のアレクサンドル・ディアチェンコ、その警護官ユーリー・コロコリニコフ、ロシア駆逐艦ヤヴチェンコ艦長のイリア・ヴォロック、アメリカ合衆国大統領のキャロライン・グッドール、アメリカ原子力潜水艦タンパベイ艦長のコーリィ・ジョンソン、アーカンソー乗員のシェーン・テイラーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021