4350 Movies

地球の静止する日 The Day the Earth Stood Still (1951)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1940年に発表された、ハリー・ベイツのSF短編小説”Farewell to the Master”を基に製作された作品。
宇宙の平和維持のために現れた友好的な宇宙人が地球人に警告を発し、その確信を得ようとする姿を描く、監督ロバート・ワイズ、主演マイケル・レニーパトリシア・ニールヒュー・マーロウサム・ジャフェ他共演によるSF映画の古典的名作。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・ワイズ
製作:ジュリアン・ブロースタイン
原作:ハリー・ベイツFarewell to the Master
脚本:エドムンド・H・ノース

撮影:レオ・トーヴァー
編集:ウィリアム・H・レイノルズ
音楽:バーナード・ハーマン

出演
クラトゥ:マイケル・レニー

ヘレン・ベンソン:パトリシア・ニール
トム・スティーブンス:ヒュー・マーロウ
ジェイコブ・バーンハート博士:サム・ジャフェ
ゴート:ロック・マーティン
ボビー・ベンソン:ビリー・グレイ
ハーリー大統領補佐官:フランク・コンロイ
バーリー夫人:フランセス・バヴィア
ブレディ:テイラー・マクヴェイ

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1951年製作 92分
公開
北米:1951年9月28日
日本:1952年3月28日
製作費 $1,200,000
北米興行収入 $1,850,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
高度6万メートルを、時速6400キロの速さで飛行する物体が、世界中で確認される。

飛行物体は速度を落とし、アメリカのワシントンD.C.に飛来し、”President’s Park”の”The Ellipse”に着陸する。

即刻、軍隊が出動して謎の物体を取り囲み警戒するのだが、内部から人間に似た男(マイケル・レニー)が現れる。

男は、平和を願って訪れたことを英語で伝え、軍隊に何かを差し出すが、ある兵士が彼に発砲してしまう。

男は傷を負い、その後、飛行物体の内部からロボットのようなものが現れ、兵士の銃や戦車などををレーザーで消滅させる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
アメリカの首都ワシントンD.C.に飛来した宇宙船から、”クラトゥ”という友好的な宇宙人が現れる。
しかし、クラトゥが何かを差し出そうとした時に、軍の兵士が発砲してしまう。
宇宙船から現れたロボット”ゴート”は、兵士の銃や戦車などををレーザーで消滅させてしまう。
クラトゥはゴートを制止し、渡そうとした物が、地球及び他の惑星存続にかかわる重大事項だったことを伝える。
傷を負ったクラトゥは病院に収容され、大統領補佐官ハーリーの訪問を受け、大統領から謝罪される。
クラトゥの要求を受け、大統領は各国首脳を集めようと努力するが、現在の国家間の複雑な問題を考慮すると、それは不可能に近かった。
驚くべき回復力で完治したクラトゥは、病院を抜け出して、市民に扮して人々と接触しようとする。
その後、クラトゥは科学者バーンハート博士に会い、地球人の暴走が、やがて他の惑星を危険にさらすことを警告するのだが・・・。
__________

2008年に、キアヌ・リーヴス主演のSF大作としてリメイクされた。
・「地球が静止する日

1995年、アメリカ議会図書館国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

”空飛ぶ円盤”や”ロボット”が登場する映像は、現在の進歩した技術や特撮からすると、当然のごとく見劣りするが、当時ののどかな社会生活と最先端技術(宇宙船など)のミスマッチが、ファンタジックな感覚で描かれているところも注目。

平穏に見える社会だが、世界では第二次大戦後の冷戦下、一触即発の核戦争の危険性もある生活を送らざるを得ない。
そんな、自分達の愚かさに気づかない人類への警鐘もきっちりと描くロバート・ワイズの演出も見ものだ。

多くのB級作品の演出に甘んじていたロバート・ワイズだが、下積み生活の中でその後、才能を開花させる布石となる、彼の若き日の代表作でもある。

特撮が・・とは言ったものの、宇宙船から現れるタラップや継ぎ目のない開閉式ハッチ、そして、”抑圧”の象徴的な存在の巨大ロボットの”ゴート”、また、ホワイトハウスの正面にある円形の巨大運動広場”The Ellipse”に宇宙船が飛来するという、絵になる舞台設定などは、当時の人々には驚きだったことが、容易に想像できる、今見てもわくわくする映像の連続だ。

新鋭及び、実力派ベテラン俳優などのキャスティングも魅力的で、既に「悪魔の金」(1941)でアカデミー作曲賞を受賞していたヒッチコック作品でもお馴染みであるバーナード・ハーマンの、神秘的で恐怖感を煽る音楽なども抜群の効果を上げている。

当初の企画では、主人公の”クラトゥ”役にはスペンサー・トレイシークロード・レインズも予定されていたというのだから、本作の期待が大きかったことが分かる。

ワシントンD.C.在住の少年(ビリー・グレイ)が、当時の地元のフランチャイズであるメジャー・リーグ・チームの”ワシントン・セネタース”(現ミネソタ・ツインズ)ではなく、”ニューヨーク・ヤンキース”の野球帽を被っていたことが気になった。

沈着冷静で全く隙のない異星人ながら、地球人的な感情や人間味も兼ね備えた人物を好演するマイケル・レニーは、英知の結集した未知の世界から来た使者の雰囲気を見事に表現している。

20代半ばには見えない落ち着いた女性を、清潔感ある美しさで演ずるパトリシア・ニール、その息子のビリー・グレイ、恋人で英雄願望と”クラトゥ”への嫉妬で、彼を救おうとしないヒュー・マーロウ、一方、協力する科学者役のサム・ジャフェ、大統領補佐官役のフランク・コンロイ、そして、頑強なロボット”ゴート”を演ずる身長231cmのロック・マーティンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020