4545 Movies

地球が静止する日 The Day the Earth Stood Still (2008)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

ロバート・ワイズが30代半ばで監督したSF映画の名作「地球に静止する日」(1951)のリメイク。
地球の環境を破壊し続ける人類への警告のため飛来した謎の生命体の行動を描く、監督スコット・デリクソン、主演キアヌ・リーヴスジェニファー・コネリーキャシー・ベイツジョン・クリーズジェイデン・スミス他共演のSFアクション。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:スコット・デリクソン
製作
ポール・ハリス・ボードマン

グレゴリー・グッドマン
アーウィン・ストフ
原作:ハリー・ベイツFarewell to the Master
原案:エドマンド・H・ノース

脚本:デヴィッド・スカルパ
編集:ウェイン・ウォーマン
音楽:タイラー・ベイツ

出演
キアヌ・リーヴス:クラトゥ/登山家
ジェニファー・コネリー:ヘレン・ベンソン
キャシー・ベイツ:レジーナ・ジャクソン国防長官
ジョン・クリーズ:カール・バーンハート博士
ジェイデン・スミス:ジェイコブ・ベンソン
ジョン・ハム:マイケル・グラニエ博士
カイル・チャンドラー:ジョン・ドリスコル
ジェームズ・ホン:ウー
ヒロ・カナガワ:イケガワ博士

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
2008年製作 103分
公開
北米:2008年12月12日
日本:2008年12月19日
製作費 $80,000,000
北米興行収入 $79,366,980
世界 $230,831,980


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1928年、インドカラコルム山脈。
雪山で、ある登山家(キアヌ・リーヴス)が、光る球体を見つけ、彼が表面を壊すと、その場で気を失ってしまう。

登山家が目覚めると球体は消え去り、彼の手には傷痕が残っていた。

現在。
プリンストン大学の著名な宇宙生物学者ヘレン・ベンソン博士(ジェニファー・コネリー)は、義理の息子ジェイコブ(ジェイデン・スミス)と食事を取ろうとしていた時に、政府の機関から強制招集される。

ヘレンは、各分野の専門家や科学者らと、ヘリコプターでニュージャージーリンウッドにある陸軍士官学校に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

原作は1940年に発表された、ハリー・ベイツのSF短編小説”Farewell to the Master”で、原案は、旧作の脚本を担当したエドマンド・H・ノース

*(簡略ストー リー)
著名な宇宙生物学者ヘレン・ベンソン博士は、政府の機関から強制招集される。
ヘレンは、各分野の科学者らと共に、78分後に秒速3万kmの速度でマンハッタンに衝突する、宇宙からの物体に対処する科学者チームに加わえられる。
その後、巨大な光る球体は衝突寸前で減速し、セントラルパークに舞い降りる。
軍隊がそれを取り囲み、宇宙船らしい球体から生物が現れるのだが、軍隊の発砲を受けて生物は倒れる。
直後に現れた巨大ロボットは、”クラトゥ、バラタ、ニクト”と生物に語りかけて動きを止める。
運ばれた生物の中から、地球人と同じ人体構造をした男が現れる。
同時に、ジャクソン国防長官は、世界各地に球体が飛来していることを知り、衛星を介して国防秘密を全て奪われたという見解に達する。
しかし、破壊活動をしない彼らの行動から、友好目的で現れたとも考えられた。
意識が戻った男は”ラクトゥ”と名乗り、国連で、飛来した目的を話すということを、国防長官に伝える。
しかし、国務長官はそれを拒絶し、ラクトゥをより厳重な監視下に置く。
そのため、ヘレンは、人類にとっての重要な発見の損失を懸念して、ラクトゥの逃亡を助けるのだが・・・。
__________

旧作が、核兵器の侵略など、冷戦下における当時の時代背景を映し出しているのと同じく、本作も、地球の環境を破壊し続ける人類への警告をテーマにしている。

人気スターのキアヌ・リーヴスと、目覚しい活躍を見せる実力派俳優に成長したジェニファー・コネリー共演によるパニック超大作として話題になった。

しかし、主人公クラトゥが謎の球体から現れ、人間の姿を借りて登場するあたりまでは興味深く見られたが、逃亡が始まってからの緊張感も乏しく、押し付けがましいテーマもいまいち深みがなく、中盤から呆気ないラストまで物足りなさを感じてしまう。
全く比較にならない特撮映像などにも拘らず、SF映画のスタンダードとして広く知られる旧作に比べると平凡そのもので、評価も低く、期待が大きかっただけに残念だ。

当然、個人的にも、前作と比べないわけにはいかず、厳しい評価とさせてもらった。

旧作を遥かに上回る巨大さと迫力のロボットの”ゴート”の再登場は嬉しかったのだが、ナノロボットの大群が建物や街を食い尽くしながら移動する、CG映像などもそれ程の驚きはない。

北米興行収入は、上記のように期待外れとなる約7900万ドル、全世界では約2億3100万ドルのヒットとなった。
*製作費 $80,000,000

登山家でも登場し、エイリアンということで、感情を抑え演じていたキアヌ・リーヴスは新鮮味に欠けるが、義理の息子に愛情を注ぐ、母親と科学者を無難に演じたジェニファー・コネリーはまずまずの好演を見せる。

ついに、国防長官にまでなってしまったキャシー・ベイツは貫禄があるものの、ウィル・スミスの息子ジェイデン・スミスの演技に慣れ過ぎているようなところも気になる。

異星人の心を動かす物理学者で、出番は少ないが印象に残るジョン・クリーズNASAの科学者ジョン・ハム、政府関係者カイル・チャンドラー、70年間も地球人として潜伏していた異星人ジェームズ・ホンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021