4509 Movies

サイダーハウス・ルール The Cider House Rules (1999)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1985年に発表された、ジョン・アーヴィングの小説”The Cider House Rules”を基に製作された作品。
外の世界を知らない孤児院で育った青年と彼を愛し育てた医師との親交や別れ、そして大人へと成長していく青年の心の動きを描く、監督ラッセ・ハルストレム、主演トビー・マグワイアマイケル・ケインシャーリーズ・セロンデルロイ・リンドポール・ラッドキャシー・ベイカー他共演による感動のドラマ。


ドラマ

シャーリーズ・セロン / Charlize Theron 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ラッセ・ハルストレム
製作:リチャード・N・グラッドスタイン
原作:ジョン・アーヴィングThe Cider House Rules
脚本:ジョン・アーヴィング
撮影:オリヴァー・ステイプルトン
編集:リサ・ゼノ・チャージン
美術・装置
デヴィッド・グロップマン
ベス・A・ルビーノ
音楽:レイチェル・ポートマン

出演
トビー・マグワイア:ホーマー・ウェルズ
マイケル・ケイン:ウィルバー・ラーチ
シャーリーズ・セロン:キャンディ・ケンドール
デルロイ・リンド:アーサー・ローズ
ポール・ラッド:ウォリー・ワージントン
キャシー・ベイカー:アンジェラ
ジェーン・アレキサンダー:エドナ
エリカ・バドゥ:ローズ・ローズ
キーラン・カルキン:パスター
J・K・シモンズ:レイ・ケンドール
ケイト・ネリガン:オリーヴ・ワージントン
K・トッド・フリーマン:マディ
エヴァン・パーク:ジャック
スカイ・マッコール・バートシアク:ヘイゼル
エリック・パー・サリヴァン:ファジー・ストーン
パス・デ・ラ・ウエルタ:メアリー・アグネス
ヘヴィー・D:ピーチス
アニー・コーレイ:カーラ

アメリカ 映画
配給 ミラマックス
1999年製作 125分
公開
北米:1999年12月10日
日本:2000年7月1日
製作費 $24,000,000
北米興行収入 $57,536,360
世界 $88,545,090


アカデミー賞
第72回アカデミー賞

・受賞
助演男優(マイケル・ケイン
脚色賞
・ノミネート
作品・監督・編集・作曲・美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューイングランドメイン州、セント・クラウズ。
孤児院で生まれ育ったホーマー・ウェル(トビー・マグワイアズ)は、引き取り先が見つからず、ウィルバー・ラーチ院長(マイケル・ケイン)は、彼の将来のために医術を教えてきた。

助産医のラーチは、恵まれない子供を救うために、禁止されていた堕胎手術を行っていたが、ホーマーはその道を拒んだ。

1943年3月。
エーテル中毒のラーチを気遣いながら、助手として彼を支えるホーマーは、人の役に立つと考えるラーチから堕胎処置を行うように言われても、それだけには従わなかった。

ラーチから、技術的には立派な産婦人科医だと言われたホーマーは、看護師のアンジェラ(キャシー・ベイカー)とエドナ(ジェーン・アレキサンダー)らと共に働きながら、バスター(キーラン・カルキン)や心臓の弱いファジー・ストーン(エリック・パー・サリヴァン)ら子供達の世話もした。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
孤児院で生まれ育ったホーマー・ウェルズは、引き取り先が見つからず、彼の将来を考えたラーチ院長は医術を教えてきた。
助産医のラーチは、恵まれない子供を救うため、禁じられていた堕胎手術を行っていたのだが、ホーマーはそれだけは拒んだ。
その後ホーマーは、外の世界を見るために、堕胎手術を受けに来たキャンディと恋人ウォリーと共に、孤児院を出る決意をする。
ウォリーの母親のリンゴ園で仕事をすることになったホーマーは、宿舎のサイダーハウスで暮らし始める。
仕事には厳しいが情のあるリンゴの収穫主任アーサーは、新入りのホーマーに仕事を教え込む。
軍人のウォリーは戦場に戻り、仕事にも慣れたホーマーは、キャンディとの親交を深め、やがて愛し合うようになるのだが・・・。
__________

スウェーデン出身のラッセ・ハルストレムの、 詩の朗読を聴いているかのような繊細な演出は出色だ。

落ち着いた雰囲気のニューイングランドの風景と、美しいレイチェル・ポートマンのテーマ曲が実に心地よい。

第72回アカデミー賞では、助演男優(マイケル・ケイン)、脚色賞を受賞した。
・ノミネート
作品、監督、編集、作曲、美術賞

主演のトビー・マグワイアは、世間知らずで物静かだが、好奇心旺盛な青年役を見事に演じ、本作が彼の出世作となった。

子供達の未来を心配し、最も手をかけた主人公の青年が巣立ったのを知り、やがて悲しい死を迎えるマイケル・ケインの、燻し銀の演技 も秀逸だ。

特に、心臓病の幼い子供を亡くした際、子供達の話を聞きながら涙するシーンは印象に残る。

ヒロイン役のシャーリーズ・セロンは、恋人が傍にいない寂しさと、新たな恋の狭間で揺れ動く女心を見事に演じている。
港町の漁師の娘とは思えない美しさが際立つ彼女の、この後、演技派として活躍する確かな実力も窺える。

収穫労働者のリーダーで、娘を傷つけてしまい不幸な死を迎えるデルロイ・リンド、キャンディ(シャーリーズ・セロン)の気のいい恋人ポール・ラッド、孤児院で献身的に働く看護師キャシー・ベイカージェーン・アレキサンダー、父親(デルロイ・リンド)に傷つけられるエリカ・バドゥ、キャンディの父親J・K・シモンズ、ウォリー(ポール・ラッド)の母親ケイト・ネリガン、主人公を慕う孤児キーラン・カルキン、心臓病で亡くなる少年エリック・パー・サリヴァン、孤児スカイ・マッコール・バートシアク、主人公に惹かれる孤児院の少女パス・デ・ラ・ウエルタ、収穫労働者のK・トッド・フリーマンエヴァン・パークヘヴィー・D、堕胎手術を受ける女性アニー・コーレイなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021