4314 Movies

シェフ 三ツ星フードトラック始めました Chef (2014)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

批評家に酷評されたことが原因で職を失ったカリスマ・シェフが、キューバンサンドイッチの移動販売に再起を懸ける姿を描く、製作、監督、脚本、主演ジョン・ファヴローソフィア・ベルガラジョン・レグイザモスカーレット・ヨハンソンオリヴァー・プラットボビー・カナヴェイルダスティン・ホフマンロバート・ダウニーJr.他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)

ロバート・ダウニーJr. / Robert Downey Jr. 作品一覧
スカーレット・ヨハンソン / Scarlett Johansson / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジョン・ファヴロー
製作
ジョン・ファヴロー
セルゲイ・ベスパロフ
脚本:ジョン・ファヴロー
撮影:クレイマー・モーゲンソー
編集:ロバート・レイトン
音楽:マシュー・スクレイヤー

出演
カール・キャスパー:ジョン・ファヴロー
イネズ:ソフィア・ベルガラ
マーティン:ジョン・レグイザモ
モリー:スカーレット・ヨハンソン
ラムジー・ミッシェル:オリヴァー・プラット
トニー:ボビー・カナヴェイル
パーシー:エムジェイ・アンソニー
リーヴァ:ダスティン・ホフマン
ジェン:エイミー・セダリス
マーヴィン:ロバート・ダウニーJr.

アメリカ 映画
配給 オープン・ロード・フィルムズ
2014年製作 114分
公開
北米:2014年5月9日
日本:2015年2月28日
製作費 $11,000,000
北米興行収入 $31,424,000
世界 $45,967,940


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルス
マイアミ出身である、一流レストランのカリスマ・シェフ、カール・キャスパー(ジョン・ファヴロー)は、助手のマーティン(ジョン・レグイザモ)と共に仕込みを終えて、二日酔いの助手トニー(ボビー・カナヴェイル)に後を任せて市場に向かう。

息子のパーシー(エムジェイ・アンソニー)を連れて市場で仕入れをしながら、カールは、今晩、評論家に自慢の料理だすことを話す。

店に戻り、ホステスのモリー(スカーレット・ヨハンソン)からオーナーのリーヴァ(ダスティン・ホフマン)が来ることを知らされたカールは、厨房に入ってきた彼から意見される。

それを迷惑に思われたリーヴァはスタッフを外に出し、厨房では指示してほしくないと言うカールと口論になる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
一流レストランのカリスマ・シェフ、カール・キャスパーは、オーナーのリーヴァの意向に従い平凡な料理を提供するしかなく、批評家のラムジーにその料理を酷評される。
その記事がSNSで拡散してしまい、反撃しようとしたカールは、リーヴァから批判されてクビになってしまう。
失意のカールは、元妻イネズの提案で、息子パーシーと共に故郷マイアミに向かい気分転換することになる。
現地に着いたカールは、キューバンサンドイッチの美味しさに驚き、かねてからイネズに提案されていた、フードトラックでの移動販売を始めようとする。
イネズの元夫マーヴィンから古いトラックを譲り受けたカールは、パーシーと共にそれを掃除して、レストランで助手だった友人のマーティンの協力も得てサンドイッチ販売の準備を始める・・・。
__________

製作、監督、脚本、主演を兼ねるジョン・ファヴローの意欲作で、盟友ロバート・ダウニーJr.などもゲスト出演する豪華競演陣も注目の作品。

カリスマ・シェフの凋落で始まり、再起を懸けたフードトラックの移動販売が問題なく成功してしまう内容はややご都合主義的過ぎる感じはするが、単純なコメディであることを考えれば十分に楽しめる作品。

主人公を慕う友人の献身的な協力や、息子との絆が深まる描写など、ハートウォーミングな雰囲気も心地よい作品には仕上がっている。

この手の作品でいつも感心するのが、様々な料理を作る過程やその料理自体の素晴らしさが伝わってくる映像で、美味しそうな食べ物を見ているだけでも満足できる。

大物ジョン・ファヴローの作品、豪華スター競演、好評価にも拘らず、興行的には成功しなかった作品。

北米興行収入 $31,424,000
世界 $45,967,940

カリスマ・シェフで仕事一筋であったが、失業を機に息子との絆を深めることができる主人公を熱演するジョン・ファヴロー、彼を支える元妻のソフィア・ベルガラ、主人公の友人であり助手で良き協力者のジョン・レグイザモ、主人公の元恋人であるレストランのスタッフ、スカーレット・ヨハンソン、主人公と対決する批評家のオリヴァー・プラット、主人公の助手ボビー・カナヴェイル、主人公の息子エムジェイ・アンソニー、レストランのオーナー、ダスティン・ホフマン、イネズ(ソフィア・ベルガラ)の広報担当エイミー・セダリス、そして、主人公に協力するイネズの元夫ロバート・ダウニーJr.などが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020