4293 Movies

48時間PART2 Another 48 Hours (1990)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ヒットした「48時間」(1982)の続編。
暴走刑事と彼に協力させられる囚人が繰り広げる犯罪捜査を描く、監督ウォルター・ヒル、主演エディ・マーフィニック・ノルティブライオン・ジェームズエド・オロス他共演のサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:ウォルター・ヒル
製作総指揮
マーク・リプスキー

ラルフ・シングルトン
製作
ローレンス・ゴードン

ロバート・D・ウォックス
脚本
ラリー・グロス

ジェブ・スチュアート
ジョン・ファサノ
撮影:マシュー・F・レオネッティ
編集
フリーマン・デイヴィス
カーメル・デイヴィス
ドン・アーロン
音楽:ジェームズ・ホーナー

出演
レジー・ハモンド:エディ・マーフィ

ジャック・ケイツ:ニック・ノルティ
ベン・キーホー:ブライオン・ジェームズ
フランク・クルーズ:エド・オロス
ブレイク・ウィルソン:ケヴィン・タイ
ウィリー・ヒコック:デヴィッド・アンソニー・マーシャル
リチャード”チェリー”ギャンズ:アンドリュー・ディヴォッフ

タイローン・バローズ:ブレント・ジェニングス
マルコム・プライス:テッド・マークランド
カークランド・スミス:バーニー・ケイシー
刑務所長:フェリス・オーランディ
エンジェル・リー:ペイジ・レオン
エイミー・スミス:ティシャ・キャンベル=マーティン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1990年製作 93分
公開
北米:1990年6月8日
日本:1990年10月
製作費 $38,000,000
北米興行収入 $80,820,000
世界 $153,518,970


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
砂漠のバーにいたバイカーのマルコム・プライス(テッド・マークランド)は、バイクで現れた仲間のウィリー・ヒコック(デヴィッド・アンソニー・マーシャル)とリチャード”チェリー”ギャンズ(アンドリュー・ディヴォッフ)に、受け取った前金を見せる。

写真を見せられたチェリーは、殺す相手が、兄を警察に売った男レジー・ハモンド(エディ・マーフィ)だと言うことを確認する。

そこに現れた女性警官は、ヒコックとチェリーに会ったことがあるような気がするが、直後に射殺される。

パトカーにいた警官と、バーの店主も射殺される。

サンフランシスコ
市警の刑事ジャック・ケイツ(ニック・ノルティ)は、麻薬組織の謎の黒幕アイスマンを追い、モトクロスのレース場で取引現場を押さえる。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
サンフランシスコ
市警の刑事ジャック・ケイツは、麻薬取引の黒幕アイスマンを追い、取引現場を押さえるものの、売人に逃げられてしまう。
その場でジャックは、かつて強引に捜査に協力させた囚人レジー・ハモンドの写真を見つける。
服役中のレジーの元に向かったジャックだったが、預かっていた現金のことで揉めてしまい、情報収集どころではなくなる。
レジーの殺害を請け負ったチェリーは、兄を殺したジャックに襲い掛かり、出所したレジーの命も狙う。
難を逃れたジャックは、レジーと共に現金を隠してある彼の愛車ポルシェを取りに行くが、車は目の前で爆破されてしまう。
その後ジャックは、不法発砲で停職を言い渡され、拳銃とバッジを取り上げられるてしまう。
窮地に追い込まれたジャックは、現金がアイスマンのもので、チェリーが自分達に復讐をしようとしていることをレジーから知らされる・・・。
__________

監督は、前作「48時間」(1982)に続きアクション派のウォルター・ヒルで、1作目には及ばないものの、見せ場も多いまずまずの内容と言ったところだろうか。

音楽も、前作同様ジェームズ・ホーナーが担当している。

主人公の刑事が追う麻薬事件に再び借り出される囚人の活躍で、事件を解決して真の友情で結ばれるという、前作とあまり代わり映えしない内容となっている。

評判の高かった前作の8年振りの続編ということで、期待と不安が入り混じった公開となったが、作品の内容よりも、大スターとなっていたエディ・マーフィの人気が先行し、世界の興行収入では約1億5400万ドルのヒットとなった。

注目は、衝撃的とも言えるデビュー作の前作から8年の間に、エディ・マーフィが一気にハリウッドの頂点を極めていたことだ。
そのため、本作ではクレジットのトップは彼であり、親子ほど歳の差があるニック・ノルティは主演を譲るしかなかったものの、より貫禄のついた彼の迫力も健在だ。

前作のストーリーを継承する展開と、無理矢理に話を持っていったという印象もある同僚の裏切りなども安っぽい感じであり、期待のエディ・マーフィも、世慣れてきたせいか新鮮味がない。

実は麻薬組織の黒幕だったというのは、どんでん返しとしていかがなものか・・・前作でもジャック(ニック・ノルティ)のよき協力者だった同僚刑事のブライオン・ジェームズ、同じく裏切り者の刑事エド・オロス、殺し屋のアンドリュー・ディヴォッフとデヴィッド・アンソニー・マーシャル、その連絡係テッド・マークランド、ヤクの売人ブレント・ジェニングス、内務調査官ケヴィン・タイ、レジー(エディ・マーフィ)に貸しのある囚人仲間バーニー・ケイシー、その娘ティシャ・キャンベル、刑務所長役のフェリス・オーランディ、チェリー(アンドリュー・ディヴォッフ)の女ペイジ・レオンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020