4373 Movies

ブレア・ウィッチ・プロジェクト The Blair Witch Project (1999)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

魔女伝説による呪われた森の調査を兼ねたドキュメンタリー映画を撮影するために、現地に向かった三人の学生が体験する恐怖を描く、監督、脚本、編集ダニエル・マイリックエドゥアルド・サンチェス、出演ヘザー・ドナヒュージョシュア・レナードマイケル・C・ウィリアムズによる異色のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督

ダニエル・マイリック
エドゥアルド・サンチェス
製作
グレグ・ヘイル
ロビン・カウイ
脚本
ダニエル・マイリック
エドゥアルド・サンチェス
撮影:ニール・フレデリックス
編集
ダニエル・マイリック
エドゥアルド・サンチェス
音楽:アントニオ・コーラ

出演
ヘザー・ドナヒュー:ヘザー・ドナヒュー
ジョシュア”ジョシュ”レナード:ジョシュア・レナード
マイケル”マイク”ウィリアムズ:マイケル・C・ウィリアムズ

アメリカ 映画
配給 Artisan Entertainment
1999年製作 81分
公開
北米:1999年7月30日
日本:1999年12月23日
製作費 $60,000
北米興行収入 $140,539,100
世界 $248,639,100


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1994年10月。
映画学科の学生が、メリーランド州、パーキッツヴィルの森に向い、ドキュメンタリー映画の撮影を行うものの行方不明となり、1年後に映像だけが発見された。
____________

モンゴメリー・カレッジ映画学科の学生で監督のヘザー・ドナヒュー(ヘザー・ドナヒュー)は、撮影担当のジョシュア”ジョシュ”レナード(ジョシュア・レナード)と録音担当のマイケル”マイク”ウィリアムズ(マイケル・C・ウィリアムズ)と共に、”ブレア・ウィッチ(魔女)伝説”を調べるためのドキュメンタリー撮影のために、パーキッツヴィルのブラック・ヒルズの森に向かう。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

参考:
・「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」(1999)
・「ブレアウィッチ2」(2000)
・「ブレア・ウィッチ」(2016)

*(簡略ストー リー)
1994年10月、メリーランド州。
モンゴメリー・カレッジ映画学科の学生で監督のヘザー、撮影のジョシュ、録音のマイクは、”ブレア・ウィッチ(魔女)伝説”の調査を兼ねたドキュメンタリー映画撮影のために、パーキッツヴィルのブラック・ヒルズの森に向かう。
かつて惨殺事件などがあったという不気味な森で撮影を始めた三人だったが、野営した場所で何かの物音を聞き警戒する。
その後、道に迷った三人は車の場所に戻れなくなり、再び聞く物音や怪奇現象に怯える・・・。
__________

わずか6万ドルの低予算、少人数で製作された作品にも拘わらず、北米で約1億4100万ドル、全世界では約2億4900万ドルという驚異的な大ヒット作となった異色のホラー・ムービー。

物語は、映画学科の学生が、メリーランド州、パーキッツヴィルの森に向い、ドキュメンタリー映画を撮影した後に行方不明となり、1年後に残った映像だけが発見されたという設定になっている。

その映像を編集して映画化したような構成となっているため、その臨場感を出す工夫が凝らされている。

当然ながら、実際には脚本が用意され、オーディションで選ばれた俳優が採用されている。

ラスト・シーンの映像を含めて、モキュメンタリーの効果が生かされ、目に見えない恐怖を体験する人間の心理が見事に描かれた作品。

2000年に続編「ブレアウィッチ2」が公開された。

ドキュメンタリー映画製作に意欲を燃やすものの、呪われた森で恐怖の体験をする学生で監督のヘザー・ドナヒュー、途中で姿を消す撮影担当のジョシュア・レナード、録音担当のマイケル・C・ウィリアムズが出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021