4502 Movies

三十九夜 The 39 Steps (1935)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★ヒッチコック登場場面
5star

1915年に発表された、ジョン・バカンの冒険小説”三十九階段”を基に製作された作品。
国家秘密を奪おうとするスパイ戦に巻き込まれた男が、協力者と共に疑惑を晴らすまでを描く、監督アルフレッド・ヒッチコック、主演ロバート・ドーナットマデリーン・キャロルルーシー・マンハイムゴッドフリー・タールペギー・アシュクロフト他共演のサスペンスの傑作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作
マイケル・バルコン

イヴォール・モンタギュー
原作:ジョン・バカン三十九階段
脚本
チャールズ・ベネット

アルマ・レヴィル
イアン・ヘイ
撮影:バーナード・ノウルズ
編集:デレク・トゥイスト
音楽
ルイス・レヴィ

ジャック・ビーヴァー

出演
リチャード・ハネイ:ロバート・ドーナット

パメラ:マデリーン・キャロル
アナベラ・スミス:ルーシー・マンハイム
ジョーダン教授:ゴッドフリー・タール
マーガレット:ペギー・アシュクロフト
ジョン:ジョン・ローリー
”シェリフ”ワトソン:フランク・セリア
ルイーザ・ジョーダン:ヘレン・ヘイ
ミスター・メモリー:ワイリー・ワトソン

イギリス 映画
配給 Gaumont British Distributors
1935年製作 86分
公開
イギリス:1935年6月6日
北米:1935年8月1日
日本:1936年3月5日
製作費 £60,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロンドン
カナダから帰国したリチャード・ハネイ(ロバート・ドーナット)は、あるミュージック・ホールに入る。

ステージに立つ図抜けた記憶力を持つミスター・メモリー(ワイリー・ワトソン)は、客の質問を受ける。

ハネイも質問する中、場内は騒がしくなり喧嘩が始まる。

その時、銃声が鳴り響いたためその場はパニックとなり、観客は出口に殺到して混乱する。

外に出たハネイはアナベラ・スミス(ルーシー・マンハイム)に声をかけられ、連れ帰ってほしいと言われたため彼女と共にバスに乗る。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

★ヒッチコック登場場面
上映から約7分、ミュージック・ホールから出たロバート・ドーナットルーシー・マンハイムがバスに乗ろうとする際、その横を通り過ぎながら煙草の箱を投げ捨てる太った男性がアルフレッド・ヒッチコック
正面を向かないので注意していなければ分からない。

*(簡略ストー リー)
ロンドン
カナダから帰国したリチャード・ハネイは、あるミュージック・ホールに入る。
騒ぎが起き銃声がした後、混乱した場内から出たハネイは、怯える女性アナベラを伴いアパートに向かう。
国家機密が奪われる危機に対処している諜報員だと言う男達に追われているアナベラだったが、何者かに殺害されてしまう。
その場から逃れたハネイは殺人犯と疑われ、アナベラの話を参考にしてスコットランドに向かう。
小作人ジョンの妻マーガレットの協力で警察の追跡を逃れたハネイは、ジョーダン教授の元に向いアナベラのことを話す。
そしてハネイは、ジョーダンがアナベラが言っていた危険人物だと気づくのだが・・・。
__________

後のアルフレッド・ヒッチコックの作風に大きな影響を与えた記念すべき作品で、「逃走迷路」(1942)と「北北西に進路を取れ」(1959)などは明らかに本作を意識している。

巻き込まれ型サスペンスの傑作と言っていい作品で、ジョン・バカンの原作を生かした観客の冒険心を刺激する舞台設定、イギリス映画らしい皮肉を散りばめた脚本、抜群のユーモアセンスなど、ヒッチコックの小細工なしの演出が冴え渡る超一級のサスペンスに仕上がっている。

その中で、食べ物を粗末にするヒッチコック特有の演出も注目で、主人公の二人が手錠に繫がれたままサンドイッチ食べ、更には下品にも女性がストッキングを脱ぎながら下半身だけ映す描写などは、1930年代半ば当時としては考えられないシーンだと思われる。

1959年の”The 39 Steps”は本作のリメイク。

殺人犯に疑われる危機に際してもユーモアを失わず、抜群の個性を見せてくれるロバート・ドーナットと、彼と反発し合いながらも事件解決に協力するマデリーン・キャロルが、観客の期待通り、徐々に関係が深まっていく微妙な演出も素晴らしい。

主人公に国家の危機を知らせながら序盤で殺される諜報員ルーシー・マンハイム、敵側の工作員だった教授ゴッドフリー・タール、小作人ジョン・ローリーの妻ペギー・アシュクロフト、判事フランク・セリア、教授の妻ヘレン・ヘイ、記憶力男ワイリー・ワトソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021