4213 Movies

ウッドストックがやってくる! Taking Woodstock (2009)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
 ★★★☆☆

監督アン・リー。向上心のある青年が、返済に追われる古びた両親のモーテルと町興しのために奮起し、世紀のイベント”ウッドストック・フェスティバル”を招致して、成功させようとする奮闘記を描いたドラマ。アン・リーは、カンヌ国際映画祭パルム・ドールにノミネートされた。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:アン・リー

製作総指揮:マイケル・ハウスマン
製作
ジェームズ・シェイマス
セリア・D・コスタス
アン・リー
原作
エリオット・タイバー
トム・モンテ
脚本:ジェームズ・シェイマス
撮影:エリック・ゴーティエ
編集:ティム・スクワイアーズ
音楽:ダニー・エルフマン

出演
エリオット・タイチバーグ/タイバーディミトリ・マーティン
ジェイク・タイチバーグ:ヘンリー・グッドマン
ソニア・タイチバーグ:イメルダ・スタウントン
マイケル・ラングジョナサン・グロフ
ティシャ:メイミー・ガマー
ビリー:エミール・ハーシュ
デヴォン:ダン・フォグラー
ヴェティ・フォン・ヴィルマ:リーヴ・シュレイバー
マックス・ヤスガーユージン・レヴィ
ダン:ジェフリー・ディーン・モーガン
ジョン・P・ロバーツスカイラー・オースティン
ヒッピー:ポール・ダノ
ヒッピー:ケリ・ガーナー
ダン牧師:リチャード・トーマス

アメリカ 映画
配給 フォーカス・フィーチャーズ
2009年製作 120分
公開
北米:2009年8月29日
日本:2011年1月15日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $7,443,010
世界 $9,975,740


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1969年7月、ニューヨーク州ホワイトレイク
インテリア・デザイナーのエリオット・タイチバーグ(ディミトリ・マーティン)は、”エル・モナコ”という古いモーテルを経営する両親ジェイク(ヘンリー・グッドマン)とソニア(イメルダ・スタウントン)と共に銀行に向かい、何とか夏の終わりまで返済を延ばしてもらうことができる。

銀行には、町興しの案があるといってしまったエリオットは、商工会の会長でもあるため、わずか数人の町民集会で、馬鹿げた案しかでないことにうんざりしながらも話し合いを続ける。

ダン(ジェフリー・ディーン・モーガン)から提案された、桟橋での、魚投げコンテストの申請を受け付けたエリオットは、自分自身は、好きな音楽のコンサート開催を申請して承認される。

エリオットは、ベトナムから帰還したダンの弟ビリー(エミール・ハーシュ)との再会を喜ぶが、心的外傷後ストレス障害である、様子のおかしい彼のことを心配する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■
2007年に発表された、エリオット・タイバーの回顧録”Taking Woodstock:A True Story of a Riot, a Concert, and a Life”を基に映画化された作品。

*(簡略ストー リー)
インテリア・デザイナーのエリオット・タイチバーグは、老朽化する両親のモーテルが抱える借金返済に行き詰まる。
エリオットは、何とか返済延長を銀行に承知してもらい、商工会の会長でもあるために、町興しのイベントを考え、自分自身でコンサートを開く申請をする。
そんな時エリオットは、ウォールキルが市民の反対で、世紀の大イベント”ウッドストック・フェスティバル”の開催許可を撤回したことを知る。
閃いたエリオットは、自分が提出したコンサートの申請を思い出し、”ウッドストック”を町に招致しようとする。
早速、マイケル・ラング率いる視察団を呼び寄せたエリオットだったが、自宅の土地では開催が難しいことが分かる。
そこでエリオットは、酪農家マックス・ヤスガーの数キロ離れた牧場を思い出し、その場にラングを連れて行き、理想の場所だと言われ契約を成立させる。
モーテルがスタッフの宿泊場所となり、手数料を含めた大金を、エリオットはその場で受け取る。
その後、ヤスガーが大幅な借地料の値上げを要求し、主催者側と話し合うことになるが、既に10万枚もチケットが売れているために、主催者は後には引けない状況だった。
そして、町はにわかに活気付き、溢れんばかりの若者が集まり始める。
しかし、町のために寝る間もなく働くエリオットは、ヒッピーやドラッグの巣にされることを嫌う町民に非難されることになる・・・。
__________

余りにも有名な、史上空前の歴史的野外コンサート”ウッドストック・フェスティバル”に携わった人々の舞台裏を描いたドラマで、コンサート自体は、遠方のステージが映し出されるだけで全く登場しない。

様々なジャンルを手掛けるアン・リーが、各世代を通し、正に時代の息吹を感じられる、激動の1960年代を締めくくる一大イベントをテーマにして描く、力感溢れる仕上がりになっている。
外国人監督でありながら、アメリカ人にとって特別な想いのある出来事、そしてその時代の雰囲気を見事に描写した、アン・リーの演出は見事だ。

アン・リーは、カンヌ国際映画祭パルム・ドールにノミネートされた。

大スターの出演もなく、商業的には失敗に終わった作品のため小作と言われがちだが、製作費に3000万ドルかけてあるだけあり、舞台となる牧場や人々の様子などを映し出す映像は、かなりスケール感もある。

実に味のある一家、主人公の三人は、それぞれが人間味のある役を好演している。

町民、そして両親のためのイベントとなったのか・・・、この出来事をきっかけに旅立つことになる主人公エリオット・タイチバーグを好演するディミトリ・マーティン、終盤しみじみとした演技を見せる父親ヘンリー・グッドマン、登場シーンから注目である憎まれ役の母親イメルダ・スタウントン、コンサート主催者の一人マイケル・ラングジョナサン・グロフ、彼のアシスタントで、メリル・ストリープの娘であるメイミー・ガマー心的外傷後ストレス障害ベトナム帰還兵のエミール・ハーシュ、その兄でコンサートに反対するジェフリー・ディーン・モーガン、前衛劇団のリーダー、ダン・フォグラー、ゲイの用心棒リーヴ・シュレイバー、コンサートに牧場を提供する酪農家マックス・ヤスガーユージン・レヴィ、主催者ジョン・P・ロバーツスカイラー・オースティン、ヒッピーの若者ポール・ダノケリ・ガーナー、牧師のリチャード・トーマスなど、個性派の競演も注目だ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020