4311 Movies

スウィッチ Switch (1991)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

女性に恨まれて殺されたプレイボーイが、天国に行くための試練として女性に生まれ変わり巻き起こす騒動を描く、監督、脚本ブレイク・エドワーズ、主演エレン・バーキンジミー・スミッツジョベス・ウィリアムズロレイン・ブラッコトニー・ロバーツブルース・ペイン他共演のファンタジー・コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ブレイク・エドワーズ

製作:トニー・アダムス
製作総指揮
アーノン・ミルチャン
パトリック・ワックスバーガー
脚本:ブレイク・エドワーズ
撮影:ディック・ブッシュ
編集:ロバート・パーガメント
音楽
ヘンリー・マンシーニ
ドン・グレイディ

出演
アマンダ・ブルックス:エレン・バーキン
ウォルター・ストーン:ジミー・スミッツ
マーゴ・ブロフマン:ジョベス・ウィリアムズ
シーラ・ファクストン:ロレイン・ブラッコ
アーノルド・フリードキン:トニー・ロバーツ
悪魔:ブルース・ペイン
スティーヴ・ブルックス:ペリー・キング
スティーヴの秘書:キャサリン・キーナー
ダン・ジョーンズ:ケヴィン・キルナー
ヒギンズ:ベイジル・ホフマン
リズ:リセット・アンソニー
フェリシア:ヴィクトリア・マホーニー
コニー:ティア・レオーニ
作業員:マイケル・バダルコ
メイ:イヴェット・フリーマン
看護師:リリー・マライエ
コールドウェル弁護士:デヴィッド・ウォール

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1991年製作 103分
公開
北米:1991年5月10日
日本:1991年9月7日
製作費 $14,000,000
北米興行収入 $15,545,940


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
広告代理店に勤務するプレイボーイのスティーヴ・ブルックス(ペリー・キング)は、富豪夫人で関係のあるマーゴ・ブロフマン(ジョベス・ウィリアムズ)からの電話を受けて、パーティーに誘われる。

同じく関係を持つリズ(リセット・アンソニー)とフェリシア(リセット・アンソニー)も来ると言われたスティーヴは、それを楽しみにして退社する。

マーゴら三人に歓迎されたスティーヴは、ジャグジーに入り楽しむものの、自分を恨んでいた彼女らに殺されてしまう。

息を吹き返したスティーヴを射殺したマーゴは、三人で死体を川に沈める。

死後に天国に行ける資格はあることを知ったスティーヴは安心するが、女性に対する卑劣な行為を神に批判される。

現世に戻り、自分を本当に好きな女性を見つけられたら天国へ、できなければ永遠に地獄行きだと言われたスティーヴは納得するしかなかった。

また同じことを繰り返す恐れがあるスティーヴに、試練を与えることを悪魔(ブルース・ペイン)から提案された神は、彼を女性にすることを許す。

アマンダ(エレン・バーキン)という女性になったスティーヴは驚き、叫び声をあげて気を失う。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
広告代理店に勤務するプレイボーイのスティーヴ・ブルックスは、関係も持っていた富豪夫人のマーゴらに恨まれて殺される。
女性に対する仕打ちを神に批判されたスティーヴは、自分を好きな女性がいたら天国に行けると言われ、現世に戻されてしまう。
更に試練を与えようとした悪魔は、スティーヴを女性の姿に変えてしまう。
女性アマンダになったスティーヴは、同僚で親友のウォルターと共に自分を好きな女性探しを始めるのだが・・・。
__________

多くの話題作を世に送り出したブレイク・エドワーズが、脚本を兼ねて監督した作品。

死後に女性蔑視を神に責められ、現世に女性として戻されたプレイボーイが巻き起こす騒動をコミカルに描くファンタジー・コメディ。

往年の作品で見せたウィットに富んだ雰囲気で展開する、ブレイク・エドワーズらしい愉快なコメディに仕上がっている。
ブレイク・エドワーズは、二年後に公開された「ピンク・パンサーの息子」(1993)を最後に引退しているが、本作でも、盟友でもあるヘンリー・マンシーニが音楽を担当していることなどはファンには嬉しい。

無名時代のキャサリン・キーナー(主人公の秘書)、ティア・レオーニ(モデル)が端役出演していることにも注目したい。

主演のエレン・バーキンは、内面の男性を終始通しながら、魅力的な女性を熱演しているものの、ユーモアの演出がややくどいところが気になる。

親友で同僚の生まれ変わりである主人公に恋してしまうジミー・スミッツ、付き合っていたプレイボーイ(ペリー・キング)を恨み、同じく関係を持っていた友人(リセット・アンソニー/ヴィクトリア・マホーニー)と共に彼を殺してしまう富豪夫人ジョベス・ウィリアムズ、その知人の会社社長で、ゲイであり主人公をに好意を持つロレイン・ブラッコ、主人公を雇う広告代理店社長のトニー・ロバーツ、主人公に試練を与える悪魔のブルース・ペイン、主人公に迫る同僚のケヴィン・キルナー、主人公のアパートの管理人ベイジル・ホフマン、道路作業員のマイケル・バダルコ、マーゴ(ジョベス・ウィリアムズ)もメイド、イヴェット・フリーマン、看護師のリリー・マライエ、弁護士のデヴィッド・ウォールなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020