4545 Movies

ファミリーズ・シークレット City Island (2009)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

それぞれ秘密を持ちながら諍いが絶えない家族が、あることがきっかけにして幸せを掴むまでを描く、製作、監督、脚本レイモンド・デ・フェリッタ、製作、主演アンディ・ガルシアジュリアナ・マルグリーズスティーヴン・ストレイトエミリー・モーティマードミニク・ガルシア=ロリドエズラ・ミラーアラン・アーキン他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:レイモンド・デ・フェリッタ
製作
アンディ・ガルシア
レイモンド・デ・フェリッタ
ザカリー・マッツ
ローレン・ヴェアセル
製作総指揮
マリア・テレサ・アリダ
ルシア・セアブラ
ミルーティン・G・ギャツビー
マイケル・ロバン
グレッグ・ハイダロヴィッチ
脚本:レイモンド・デ・フェリッタ
撮影:ヴァーニャ・ツァーンユル
編集:デヴィッド・レナード
音楽:ヤン・A・P・カチュマレク

出演
ヴィンス・リゾ:アンディ・ガルシア
ジョイス・リゾ:ジュリアナ・マルグリーズ
トニー・ナデラ:スティーヴン・ストレイト
モリー・チャールズワース:エミリー・モーティマー
ヴィヴィアン・リゾ:ドミニク・ガルシア=ロリド
ヴィンス”ヴィニー”リゾJr.:エズラ・ミラー
マイケル・マラコフ:アラン・アーキン

アメリカ 映画
配給 Anchor Bay Entertainment
2009年製作 104分
公開
北米:2010年3月19日
製作費 $6,000,000
北米興行収入 $6,671,040
世界 $7,875,860


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨークブロンクスシティ島
刑務所の矯正官であるヴィンス・リゾ(アンディ・ガルシア)は、妻ジョイス(ジュリアナ・マルグリーズ)と高校生の息子ヴィンスJr./ヴィニー(エズラ・ミラー)と共に平凡な日々を送っていた。

ある朝、ジョイスから、大学生の娘ヴィヴィアン(ドミニク・ガルシア=ロリド)が帰ると言われたヴィンスは、ポーカーがあると伝える。

ジョイスに学校に送ってもらったヴィニーは、シェリルをドーナッツ・ショップに誘ってサボろうとする。

自分が太っていることへの皮肉だと思ったシェリルは、気分を害してその場を去る。

新入りの受刑者トニー・ナデラ(スティーヴン・ストレイト)が気になるヴィンスは、同僚のマットから、重窃盗にコカイン所持だという犯罪歴を知らされる。

マットから、仮釈放の条件が親族の引き取りで、30日は出られることを知らされたヴィンスだったが、無理だろうと言われる。

スプリングブレイクで戻ってくるヴィヴィアンに電話をしたヴィンスは、迎えに行くと伝える。

ある理由でストリップバーでバイトをしていたヴィヴィアンは、それをヴィンスに話すはずもなかった。

ヴィヴィアンを駅に迎えに行ったヴィンスは、勉強のことなどで話に夢中になり、前の車に衝突してしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨークブロンクスシティ島
刑務所の矯正官であるヴィンス・リゾは、役者になる夢を捨てきれず、妻ジョイスに内緒で演技クラスに通っていた。
そんなヴィンスは、受刑者であるトニーが、かつての恋人との間に生まれた息子だと知り、彼にはそれを話さないまま仮釈放の引受人になる。
夫婦関係も冷めていたジョイスは、犯罪者を連れてきたヴィンスに呆れてしまう。
ヴィンスの娘で大学生のヴィヴィアンも、奨学金を取り消されたためにストリッパーでアルバイトをしていることを家族に隠し、息子のヴィニーも、肥満嗜好であることを話す相手もいなかった。
演技クラスのパートナーであるモリーが良き相談相手になったヴィンスは、彼女から、すべての秘密を家族に話すことを勧められるのだが・・・。
__________

インディペンデント映画監督のレイモンド・デ・フェリッタが製作を兼ねて演出した作品で、同じく製作も担当したアンディ・ガルシアが主演した彼の意欲作でもある。

それぞれが秘密を抱える崩壊しかける家族が、あることをきっかけにして家族の絆を取り戻すまでを描くコメディ・ドラマ。

平凡な家庭ではあるが、”戦争”のように繰り返される夫婦間の争いなどが現実的に描かれる中で、犯罪者である主人公の息子が家で暮らすことになり、彼の存在がまるで”神の力”のように描写されるところなどはファンタジックな雰囲気を持ち、レイモンド・デ・フェリッタの人間味あふれる演出が実に心地よい秀作に仕上がっている。

拡大公開もされない小作ではあるが、批評家の評価は高く、主人公の刑務官を演ずるアンディ・ガルシアは、キャリア最高の演技と言っていい愛すべきキャラクターを好演している。

夫を信じることができず見下しているヒステリックな妻を熱演するジュリアナ・マルグリーズ、犯罪者でありながら、家族の絆を取り戻すきっかけを作る主人公の息子だった青年スティーヴン・ストレイト、主人公を常に支える”天使”のような存在である演技パートナーのエミリー・モーティマー、主人公の娘を演ずる、アンディ・ガルシアの実娘ドミニク・ガルシア=ロリド、その弟を愉快に演ずるエズラ・ミラー、主人公が演技指導を受ける役者のアラン・アーキンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021