4553 Movies

サスペリア Suspiria (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1977年に公開された、ダリオ・アルジェント監督、脚本によるイタリアのホラー映画「サスペリア」のリメイク。
西ベルリンの舞踏団に入団したアメリカ人女性が体験する恐怖と秘められた謎を描く、監督ルカ・グァダニーノ、主演ダコタ・ジョンソンティルダ・スウィントンミア・ゴスジェシカ・ハーパークロエ・グレース・モレッツ他共演のホラー。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

クロエ・グレース・モレッツ / Chloë Grace Moretz / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ルカ・グァダニーノ
製作
マルコ・モラビート
ブラッドリー・J・フィッシャー
ルカ・グァダニーノ
デヴィッド・カイガニック
シルヴィア・ヴェンチュリーニ・フェンディ
フランチェスコ・メルツィ・デリル
ウィリアム・シェラック
ガブリエレ・モレッティ
製作総指揮
キンバリー・スチュワード
ローレン・ベック
ジョシュ・ゴッドフリー
ジェームズ・ヴァンダービルト
マッシミリアーノ・ヴィオランテ
原作
サスペリア
ダリオ・アルジェント
ダリア・ニコロディ
脚本:デヴィッド・カイガニック
撮影:サヨムプー・ムックディプローム
編集:ヴァルテル・ファサーノ
音楽:トム・ヨーク

出演
スザンナ”スージー”バニオン/マザー・サスピリオラム:ダコタ・ジョンソン
マダム・ブラン/ジョセフ・クレンペラー博士/マザー・ヘレナ・マルコス:ティルダ・スウィントン
サラ・シムズ:ミア・ゴス
アンケ・マイヤー:ジェシカ・ハーパー
パトリシア・ヒングル:クロエ・グレース・モレッツ
オルガ・イヴァノヴァ:エレナ・フォキナ
ジョセフ・クレンペラー博士:ルッツ・エバースドルフ
タナー:アンゲラ・ヴィンクラー
ヴェンデガスト:イングリット・カーフェン
グリフィス:シルヴィー・テステュー
フーラー:レネ・ソーテンダイク
パブラ:ファブリツィア・サッキ
ミリアス:アレック・ウェック
バニオン夫人/デス:マウゴーシャ・ベラ
カパリット:ブリジット・キュベリエ
バルフォア:クリスティン・ルブット
ダニエル:マジョライン・ウスコッティ
グロックナー:マイケル・オルソン
アルブレヒト:フレッド・クレメン

イタリア/アメリカ 映画
配給
Amazon Studios(北米)
Videa(イタリア)
2018年製作 153分
公開
イタリア:2019年1月1日
北米:2018年10月26日
日本:2019年1月25日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $2,483,470
世界 $7,940,490


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー

第一幕

1977年、西ベルリン
ドイツ赤軍”によるテロ事件”ドイツの秋”に誘発されて学生達がデモを起こす中、世界的舞踊団“マルコス・ダンス・カンパニー”のダンサー、パトリシア・ヒングル(クロエ・グレース・モレッツ)は、心理療法士のジョセフ・クレンペラー博士(ルッツ・エバースドルフ)を訪ねる。

患者の予約があるので出直してほしいと言われたパトリシアは、意味不明なことを話しながら、”彼女”を生かし続ける気だとクレンペラーに伝える。

それが”マルコス”であることを確認にしたクレンペラーは、動揺するパトリシアから、あいつは魔女だと言われる。

妄想が深刻化しているとメモしたクレンペラーは、”マザー・マルコス”が自分の中に入ろうとしていると言うパトリシアのことを心配しながら、去ろうとする彼女を見送る。

オハイオ州。
メイナイトキリスト教アナバプテストの教派)の信者であるバニオン夫人(マウゴーシャ・ベラ)は、病床で苦しんでいた。

オハイオ州から来たアメリカ人のスザンナ”スージー”バニオン(ダコタ・ジョンソン)は、オーディションを受けるためにマルコス・ダンス・カンパニーに向かい、主席指導員のタナー(アンゲラ・ヴィンクラー)に迎えられる。

緊張しながらオーディションを受けるスージーは、マダム・ブランがいないことを気にするが、チャンスを与えられただけで満足するべきだと言われる。

レッスン中に何かを感じたマダム・ブラン(ティルダ・スウィントン)は、オーディションを受けるスージーの元に向かい、彼女のダンスを見つめる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1977年、西ベルリン
ドイツ赤軍”によるテロ事件”ドイツの秋”に誘発されて学生達がデモを起こし、世の中は混乱していた。
アメリカのオハイオ州から到着したメイナイトの信者スザンナ”スージー”バニオンは、世界的な舞踏団”マルコス・ダンス・カンパニー”のオーディションを受けようとする。
舞踏団ではダンサーのパトリシアが失踪していたが、マダム・ブランの指導の下、次の作品に備えた準備が行われていた。
パトリシアから相談を受けていた心理療法士のクレンペラー博士は、舞踏団が魔女に操られていると言っていた彼女の言葉が気になり調査を始める。
マダム・ブランに気に入られて入団が決まったスージーは、レッスン中に取り乱し姿を消したオルガに代わり主役に抜擢されるのだが・・・。
__________

1970年代の世界的なオカルト・ブームの中で、独自の路線でホラー映画をてがけたダリオ・アルジェントによる衝撃作「サスペリア」(1977)のリメイク。

1977版は「魔女3部作」の1作目であり、その後「インフェルノ」(1980)、「サスペリア・テルザ 最後の魔女」(2007)が公開された。

世界的な舞踏団の裏で進行する魔女による怪奇事件が、同時期に西ドイツ国内を混乱させた、”ドイツ赤軍”によるテロ事件”ドイツの秋”の”ルフトハンザ航空181便ハイジャック事件”の情報と同時に描かれ、当時の世情を映し出す映像が興味深い。

また、第二次世界大戦当時の30年以上前に姿を消した妻の想い出の中で生きる、失踪したダンサーの調査をする心理療法士の人生と共に展開する内容など、凝った演出が見どころの作品。

その失踪した妻役で博士の幻覚として登場する、旧作でヒロインを演じたジェシカ・ハーパーの出演もファンには嬉しい。

主演のダコタ・ジョンソンは、冒頭で登場する母の存在とメイナイトキリスト教アナバプテストの教派)の信者であることから謎めいた雰囲気を持ち、クライマックスでその正体を明らかにするヒロインを熱演している。

舞踏団の指導者であり、部分的に特殊メイクでクレンペラー博士と、おぞましい姿のマザー・ヘレネ・マルコスを演ずるティルダ・スウィントン、主人公と親交を深め、儀式の犠牲となるダンサーのミア・ゴスエレナ・フォキナ、同じく失踪するクロエ・グレース・モレッツ、彼女の調査をする心理療法士ルッツ・エバースドルフ、彼とは戦時中に離れ離れになった妻ジェシカ・ハーパー、主席指導員アンゲラ・ヴィンクラー、同じくイングリット・カーフェンシルヴィー・テステューレネ・ソーテンダイクアレック・ウェック、ブリジット・キュベリエ、クリスティン・ルブット、マジョライン・ウスコッティ、ダンサーのファブリツィア・サッキ、主人公の母親と死神を演ずるマウゴーシャ・ベラ、刑事のマイケル・オルソンとフレッド・クレメンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021