4504 Movies

砂丘の敵 Sundown (1941)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アフリカへの武器密輸の陰謀に立ち向かうイギリス軍兵士の戦いを描く、製作ウォルター・ウェンジャー、監督ヘンリー・ハサウェイ、主演ジーン・ティアニーブルース・キャボットジョージ・サンダースハリー・ケリージョセフ・カレイア他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト
監督:ヘンリー・ハサウェイ

製作:ウォルター・ウェンジャー
原作:バー・リンドン
脚本
チャールズ・G・ブース
バー・リンドン
撮影:チャールズ・ラング
編集:ドロシー・スペンサー
美術・装置
アレクサンダー・ゴリツェン
リチャード・アーヴァイン
音楽:ミクロス・ローザ

出演
ジア:ジーン・ティアニー
ウィリアム”ビル”クロフォード大尉:ブルース・キャボット
A.L.クームス少佐:ジョージ・サンダース
デューイ:ハリー・ケリー
パリーニ:ジョセフ・カレイア
ロディ・ターナー中尉:レジナルド・ガーディナー
ヤン・カイペンス:カール・エスモンド
アブディ・ハマッド:マーク・ローレンス
クームス司教:セドリック・ハードウィック
アラン・アシュバートン:ギルバート・エメリー
ミリアミ:ジェニ・ル・ゴン
キプサン:エメット・スミス
キプサンの花嫁:ドロシー・ダンドリッジ
部族警察官:ウディ・ストロード

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1941年製作 90分
公開
北米:1941年10月16日
日本:1952年3月7日
製作費 $1,200,000


アカデミー賞
第14回アカデミー賞

・ノミネート
美術(白黒)・撮影(白黒)・ドラマ音楽賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
イギリス領東アフリカ、ライノロック近郊。
航空機で到着したジア(ジーン・ティアニー)は、キャラバン隊に迎えられてマニカに向かう。

マニカ。
地方長官のウィリアム”ビル”クロフォード大尉(ブルース・キャボット)は、ナイロビの総督に連絡を取り、地元の部族センシの研究のために1ヵ月間の一時帰国を要請する。

その直後に同僚のロディ・ターナー中尉(レジナルド・ガーディナー)は、センシが敵対的になっているとして、クロフォードの休暇要請を却下するよう総督にメッセージを送る。

クロフォードは、部隊員でもある部族民キプサン(エメット・スミス)と花嫁(ドロシー・ダンドリッジ)の結婚を認める。

夕暮れになり、2機の飛行機が到着し、機内から大量のライフルが運び出される。

クロフォードとターナーは、総督の代理人A.L.クームス少佐(ジョージ・サンダース)を迎える。

クームスは、亡くなったアラブの商人アブ・カリが住んでいた、今は空き家となった屋敷が気になる。

見張りが少ないことが気になるクームスは、イタリア人捕虜のパリーニ(ジョセフ・カレイア)がコックをしているため、監禁するようクロフォードとターナーに指示する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
イギリス領東アフリカ、マニカ。
地方長官のクロフォードは、総督代理のクームスから、武器密輸に関する調査をすることを知らされる。
アラブ人とのハーフであるジアのキャラバンが到着し、クームスは、彼女が密輸に絡んでいることを疑い、町からの退去を命ずる。
ジアは、測量士カイペンスの訛りからオランダ人ではないことに気づき、彼が黒幕だと考え、協力すると見せかけて行動を共にするのだが・・・。
__________

サタデー・イブニング・ポスト”に掲載された小説を基にバー・リンドンが脚色し、ウォルター・ウェンジャーの製作でヘンリー・ハサウェイが監督した作品。

明確に反ナチ作品という形では宣伝されていないが、クライマックスで登場するセドリック・ハードウィックが演ずる司祭が、信仰を持つものは必ず勝利すると皆に語るシーンは、第二次大戦が激化する中での、国民に対する強烈なメッセージであることは明らかだ。

ユナイテッド・アーティスツは、前年デビューしたばかりのジーン・ティアニーを、広告宣伝を含めすべての項目でファーストクレジットとする条件で20世紀FOXから借り受け、豪華スター競演で製作した大作として話題になった。

舞台は現ケニアなのだが、ブロンソン渓谷モハーヴェ砂漠ニューメキシコ州のシップロックなどが撮影が効果的に使われ、現地の雰囲気をだしている。

第14回アカデミー賞では、美術(白黒)、撮影(白黒)、ドラマ音楽賞にノミネートされた。

主演のジーン・ティアニーは、謀略に身を投じるヒロインを、謎めいた雰囲気で魅力的に演じている。

地方長官として領地を守るイギリスの軍人を熱演するブルース・キャボット、彼と共に武器密輸の陰謀を調査する少佐ジョージ・サンダース、主人公らに協力するハンターのハリー・ケリーイタリア人捕虜であるヒロインの知人でイギリス軍に協力するジョセフ・カレイア、地方長官の同僚である中尉レジナルド・ガーディナー、陰謀の黒幕だったカール・エスモンド、武器密輸に加担する地元民マーク・ローレンス、ラストで登場する司祭でクームス(ジョージ・サンダース)の父親セドリック・ハードウィック、現地への軍隊派遣を拒む士官ギルバート・エメリー、ヒロインの召使いジェニ・ル・ゴンイギリス部隊に所属する部族民エメット・スミス、その妻ドロシー・ダンドリッジ、部族警察官のウディ・ストロードなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021