4504 Movies

ブレードランナー 2049 Blade Runner 2049 (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

フィリップ・K・ディックの原作を基に1982年に公開された「ブレードランナー」の続編。
ブレードランナーとして活動するある秘密を知った捜査官の戦いと運命を描く、製作リドリー・スコット、監督ドゥニ・ヴィルヌーヴ、主演ライアン・ゴズリングハリソン・フォードアナ・デ・アルマスシルヴィア・フークスロビン・ライトマッケンジー・デイヴィスジャレッド・レト他共演のSFサスペンス・アクション。


SF

アナ・デ・アルマス / Ana de Armas / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
製作
アンドリュー・A・コソーヴ
ブロデリック・ジョンソン
バッド・ヨーキン
シンシア・サイクス・ヨーキン
製作総指揮
リドリー・スコット
ティム・ギャンブル
フランク・ギストラ
イェール・バディック
ヴァル・ヒル
ビル・カラッロ
原作:フィリップ・K・ディック(キャラクター)
原案:ハンプトン・ファンチャー
脚本
ハンプトン・ファンチャー
マイケル・グリーン
撮影:ロジャー・ディーキンス
編集:ジョー・ウォーカー
美術・装置
デニス・ガスナー
アレッサンドラ・ケルゾーラ
音楽
ハンス・ジマー
ベンジャミン・ウォルフィッシュ

出演
K:ライアン・ゴズリング
リック・デッカード:ハリソン・フォード
ジョイ:アナ・デ・アルマス
ラヴ:シルヴィア・フークス
ジョシ警部補:ロビン・ライト
マリエット:マッケンジー・デイヴィス
アナ・ステリン博士:カーラ・ジュリ
ミスター・コットン:レニー・ジェームズ
サッパー・モートン:デイヴ・バウティスタ
ニアンダー・ウォレス:ジャレッド・レト
ガフ:エドワード・ジェームズ・オルモス
ドク・バッジャー:バーカッド・アブディ
フレイザ:ヒアム・アッバス
ココ:デヴィッド・ダストマルチャン
ナンデス:ウッド・ハリス
ファイル係:トーマス・レマルキス
レプリカント:サリー・ハームセン
レイチェル:ローレン・ペタ
レイチェル:ショーン・ヤング

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ(北米)
Sony Pictures Releasing(世界)
2017年製作 163分
公開
北米:2017年10月6日
日本:2017年10月27日
製作費 $150,000,000
北米興行収入 $92,054,160
世界 $259,334,550


アカデミー賞
第90回アカデミー賞

・受賞
撮影・視覚効果賞
・ノミネート
美術・音響編集・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
人間に代わる労働力のレプリカントは、タイレル社が開発した人造人間であり、反乱を繰り返したために製造が禁止され、会社は倒産にした。

2020年に生態系が崩壊し、企業家である盲目の天才科学者ニアンダー・ウォレスの合成農業により、飢餓が回避された。

タイレルの資産を買い取ったウォレスは、新型レプリカントの製造を始めた。

寿命制限のない旧型ネクサス-8の残党は、”引退/抹殺”の対象となり追跡された。

それを追う捜査官は、ブレードランナーと呼ばれた。

2049年、カリフォルニア
ネクサス-9のレプリカントであるロサンゼルス市警のブレードランナー”K”(KD6-3.7)は、合成農場に到着する。

それに気づいた製造番号NK-68514のネクサス-8、サッパー・モートン(デイヴ・バウティスタ)は部屋に戻り、待っていたKに合成プロテインを作る農夫だと伝える。

カランサのコロニーから脱走したことを確認したKは、逮捕で済ませようとするものの、モートンに襲われる。

モートンを叩きのめして殺したKは、彼の眼球を摘出して持ち帰ろうとする。

上司のジョシ警部補(ロビン・ライト)に報告したKは、敷地の木の根元に箱か埋まっていることに気づく。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ブレードランナー」(1982)
・「ブレードランナー 2049」(2017)

*(簡略ストーリー)
2049年、カリフォルニア
ネクサス-9のレプリカントであるロサンゼルス市警のブレードランナー”K”は、処理する旧型を追跡していた。
Kは、ある合成農場で発見した遺骨を調べた結果、レプリカントだった女性が妊娠していたことを知る。
社会への影響を考えたKの上司ジョシ警部補は、その子供を含めたすべての痕跡を抹消するようKに命ずる。
Kは、現場に残されていたある数字が、自分の記憶と一致していたために戸惑う。
一方、旧型を製造したタイレル社の事業を引き継いだウォレス社もそれに気づき、Kの行動を追うのだが・・・。
__________

フィリップ・K・ディックの原作を基にリドリー・スコットが監督し、1982年に公開されたSF映画の名作「ブレードランナー」の35年ぶりの続編。

ある秘密を知った、ブレードランナーとして活動する捜査官の戦いと運命を描くSFサスペンス・アクション。

前作から30年後の世界が描かれ、その雰囲気を継承しつつも時代の変化を感じさせる、圧倒的な映像美で迫る内容は、ファンを納得させる仕上がりとなっている。

前作が製作された、1982年の時代から創造された”2019年”の30年後であるため、登場する機材などの発達具合や、”PAN AM/パンアメリカン航空”が存在しているという細やかな設定など、玄人好みの演出も注目だ。

物語は淡々と進み、上映から約1時間45分で前作の主人公”リック・デッカード”役のハリソン・フォードがようやく登場し、重要な役柄を演じてドラマに厚み加えている。

第90回アカデミー賞では、ロジャー・ディーキンスが念願の撮影賞を、また視覚効果賞も受賞した。
・ノミネート
美術、音響編集、録音賞

製作費に1億5000万ドルをかけた超大作であり、北米興行収入は約9200万ドルに留まり、全世界では約2億6000万ドルのヒットとなったものの、作品自体の好評価にも拘わらず、興行的には期待を大きく下回る結果となった。

主演のライアン・ゴズリングは、自分の記憶に関係する秘密を知りながら、冷静に対処し捜査を続けるレプリカントを好演している。

主人公と生活するA.I.ホログラム・プログラムを魅力的に演ずるアナ・デ・アルマス、主人公の行動を監視するウォレス社の運営担当者シルヴィア・フークス、主人公の上司である警部補ロビン・ライト、主人公に関わる、レジスタンスの一員でもあった娼婦マッケンジー・デイヴィス、レプリカント用記憶創造者である研究者のカーラ・ジュリ、孤児院の経営者レニー・ジェームズ、合成農場に身を潜める旧型レプリカントのデイヴ・バウティスタ、盲目の天才科学者であるレプリカントの開発者ジャレッド・レト、リック・デッカードの元同僚として前作にも出演したエドワード・ジェームズ・オルモス、主人公の木馬を分析するバーカッド・アブディ、レジスタンスのリーダー、ヒアム・アッバス、遺骨を調べる捜査官のデヴィッド・ダストマルチャンウッド・ハリス、ウォレス社のファイル係トーマス・レマルキス、新型レプリカントのサリー・ハームセン、レイチェルのクローン役ローレン・ペタ、そして、前作のレイチェル役ショーン・ヤングが写真で登場する。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021