4238 Movies

ブレードランナー Blade Runner (1982)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1968年に発表された、アメリカのSF作家フィリップ・K・ディックの、「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を基に製作された作品。
反乱を起こしたレプリカント抹殺指令を受けた、”ブレードランナー”の主人公が、レプリカントと判明して苦悩する女性との愛を深めながらも任務を果たしていく姿を描く、監督リドリー・スコット、主演ハリソン・フォードルトガー・ハウアーショーン・ヤングエドワード・ジェームズ・オルモスダリル・ハンナ共演のSFサスペンス・アクション。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:リドリー・スコット
製作総指揮
ブライアン・ケリー

ハンプトン・フィンチャー
製作:マイケル・ディーリー
原作:フィリップ・K・ディック
脚本
ハンプトン・フィンチャー

デイヴィッド・ピープルズ
撮影:ジョーダン・クローネンウェス
編集:テリー・ローリングス
美術・装置
ローレンス・G・ポール

デヴィッド・スナイダー
リンダ・デシーナ
音楽:ヴァンゲリス

出演
リック・デッカード:ハリソン・フォード

ロイ・バッティ:ルトガー・ハウアー
レイチェル:ショーン・ヤング
ガフ:エドワード・ジェームズ・オルモス
ブライアント:M・エメット・ウォルシュ
プリス:ダリル・ハンナ
リオン・コワルスキー:ブライオン・ジェームズ
エルドン・タイレル博士:ジョー・ターケル
J・F・セバスチャン:ウィリアム・サンダーソン
ゾーラ:ジョアンナ・キャシディ
ホールデン:モーガン・ポール
ハンニバル・チュウ:ジェームズ・ホン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1982年製作 世界・FC117分/北米・DC116分
公開
北米:1982年6月25日
日本:1982年6月3日
製作費 $28,000,000
北米興行収入 $32,868,940


アカデミー賞 ■
第55回アカデミー賞
・ノミネート
美術・視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
21世紀の初め、アメリカのタイレル社は、”ネクサス”人間型ロボットを開発した。

ネクサス6型レプリカントは、人間の能力を全ての点で上回り、地球外基地の奴隷労働や惑星探査に利用されていた。

しかし、ある時期を境にレプリカントは反乱を起こし、人間の敵となったため、地球に戻ったレプリカントを処分するために、”ブレードランナー”(特殊警察部隊)が組織された。
__________

2019年11月、ロサンゼルス
侵入したレプリカント4人を見つけ出そうとしていたブレードランナーのホールデン(モーガン・ポール)は、タイレルの新入社員で、廃棄物処理技術者レオン・コワルスキー(ブライオン・ジェームズ)に射殺される。

酸性雨が降りしきる夜の街角、元ブレードランナーのリック・デッカード(ハリソン・フォード)は、食事中に謎の男ガフ(エドワード・ジェームズ・オルモス)に警察署に連れて行かれる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
2019年11月、ロサンゼルス
21世紀の初頭。
アメリカ企業のタイレル社は、”ネクサス”人間型ロボットを開発するが、その後、人間の能力を上回る6型レプリカントは反乱を起ここす。
それらを処分するために、特殊警察部隊である”ブレードランナー”が組織されていた。
元ブレードランナーのリック・デッカードは、4人のレプリカントを捜すよう元上司に命ぜられる。
タイレル社に向かったデッカードは、社長で天才科学者のタイレル博士と面会する。
そしてデッカードは、タイレルの助手レイチェルを、レプリカントだと見分けるのだが・・・。
__________

出世作「エイリアン」(1979)で独特の世界観を表現して、世界にその名を知らしめたリドリー・スコットの初期の代表作にして、SF映画の傑作として非常に評価の高い作品。

しかし、公開当時の不人気は有名な話で、本国を含めて興行成績は期待ほどではなく、上映打ち切りが相次いだのも事実だ。

製作費 $28,000,000
北米興行収入 $32,868,940

その後、徐々に評価は高まり、1992年に、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品になった。

第55回アカデミー賞では、美術賞と視覚効果賞にノミネートされた。

今までのSF映画に在りがちな、整った未来都市のイメージを一新した、混沌とした気だるいダークな雰囲気で迫る斬新な映像センス、どこか古風なサスペンス風の展開など、SFを見飽きていた時代に公開されたために、日の目を見なかった作品価値が、その後に評価されたのが納得できる、リドリー・スコットの力感溢れる演出は素晴らしい。

当時、各方面で大活躍していた、今ではスタンダードになっているヴァンゲリスのテーマ曲も耳に残る名曲だ。

スター・ウォーズ」及び「インディ・ジョーンズ」シリーズの合間に出演したハリソン・フォードは、正に飛ぶ鳥を落とす勢いの、最盛期を迎えていた頃の作品であり、野性味のある、男らしい一匹狼的な役柄を見事に演じている。

クライマックスの、”作動停止”して息絶える姿が印象的な、レプリカントのリーダー格ルトガー・ハウアー、短命な彼女のその後が気になるショーン・ヤング、警察に協力する謎の男役エドワード・ジェームズ・オルモス、主人公の元上司M・エメット・ウォルシュ、レプリカントのダリル・ハンナブライオン・ジェームズジョアンナ・キャシディ、その製造者であるジョー・ターケルウィリアム・サンダーソンジェームズ・ホン、ブレードランナーのモーガン・ポールなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020