4373 Movies

サリヴァンの旅 Sullivan’s Travels (1941)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

貧しい人々の気持ちを知るために浮浪者に扮して旅立った人気映画監督が巻き起こす騒動を描く、製作、監督、脚本プレストン・スタージェス、主演ジョエル・マクリーヴェロニカ・レイクロバート・ワーウィックウィリアム・デマレスト他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:プレストン・スタージェス

製作
プレストン・スタージェス
ポール・ジョーンズ
脚本:プレストン・スタージェス
撮影:ジョン・サイツ
編集:スチュアート・ギルモア
音楽
レオ・シューケン
チャールズ・ブラッドショウ

出演
ジョン・L・サリヴァン:ジョエル・マクリー
女優志願の女性:ヴェロニカ・レイク
ルブラン:ロバート・ワーウィック
ジョーンズ:ウィリアム・デマレスト
カザルシス:フランクリン・パングボーン
ヘイドリアン:ポーター・ホール
ジョニー・ヴァルデル:バイロン・フォルガー
秘書:マーガレット・ヘイズ
バロウズ:ロバート・グリーグ
サリヴァンの使用人:エリック・ブロア
医師:トーベン・マイヤー
ゼフィー:エスター・ハワード
浮浪者:ジョルジュ・レナヴェント
鉄道職員:エモリーパーネル

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1941年製作 90分
公開
北米:1942年1月28日
日本:1994年6月4日
製作費 $689,665


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ハリウッド
若手人気監督のジョン・L・サリヴァン(ジョエル・マクリー)は、スタジオのルブラン(ロバート・ワーウィック)とヘイドリアン(ポーター・ホール)に、社会問題をテーマにした悲劇を撮りたいことを伝える。

娯楽作品を望むルブランらに、今は失業と貧困の時代だと伝えたサリヴァンだったが、苦労をしてきた二人から、恵まれた生活しか経験していないことを指摘される。

納得したサリヴァンは、浮浪者に扮して体験をすることを思いつき、それを即、実行しようとする。

衣裳部屋で服を用意したサリヴァンは屋敷に戻り、浮浪者になり切ろうとして、使用人(エリック・ブロア)と執事のバロウズ(ロバート・グリーグ)に協力してもらう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ハリウッド
若手人気監督のジョン・L・サリヴァンは、スタジオ側が要望するコメディ作品ではなく、社会情勢を反映した悲劇を撮ろうとする。
苦労したことがないサリヴァンは、自分が浮浪者となって人々の苦しみを知ろうと考える。
周囲の反対を押し切り、スタッフを乗せたトレーラーハウスがついて行くことを条件に旅立ったサリヴァンは、途中で女優志願の女性に出会い、彼女と共に世の中の情勢を知ろうとするのだが・・・。
__________

製作、脚本を兼ねるプレストン・スタージェスが、得意のスクリューボール・コメディ・タッチで、混乱する社会情勢をシニカルに描く傑作コメディ。

ヨーロッパで戦争が激化する時代、混乱する社会情勢の中で、貧しい人々の気持ちを知るために浮浪者に扮して旅立った人気映画監督が、出会った女優志願の女性と共に巻き起こす騒動を描くコメディ。

1990年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

主演のジョエル・マクリーは、無謀な実験を強行する苦労知らずの人気監督を熱演し、ヒロインのヴェロニカ・レイクは、主人公と行動を共にする女性を、撮影当時18歳とは思えない魅力で好演している。

主人公のわがままな行動を仕方なく許すスタジオの社長バート・ワーウィック、同じく重役のポーター・ホール、主人公の旅をサポートするスタッフのウィリアム・デマレストフランクリン・パングボーンバイロン・フォルガー、秘書のマーガレット・ヘイズ、医師のトーベン・マイヤー、主人公の執事ロバート・グリーグ、使用人のエリック・ブロア、主人公が世話になる未亡人エスター・ハワード、主人公の靴を盗む浮浪者ジョルジュ・レナヴェント、主人公を痛めつける鉄道職員のエモリーパーネルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021