4508 Movies

楽聖ショパン A Song to Remember (1945)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ロマン派音楽”を代表するポーランドの作曲家フレデリック・ショパンの生涯を描く、監督チャールズ・ヴィダー、主演ポール・ムニマール・オベロンコーネル・ワイルドニナ・フォック他共演の伝記ドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:チャールズ・ヴィダー

製作
シドニー・バックマン
ルイス・F・エデルマン
原作:エルンスト・マリシュカ
脚本:シドニー・バックマン
撮影
トニー・ゴーディオ
アレン・M・デイヴィ
編集:チャールズ・ネルソン
音楽:ミクロス・ローザ

出演
ヨーゼフ・エルスナーポール・ムニ
ジョルジュ・サンドマール・オベロン
フレデリック・ショパンコーネル・ワイルド
コンスタンシア:ニナ・フォック
ルイ・プレイエル:ジョージ・カラリス
フリードリヒ・カルクブレンナーハワード・フリーマン
フランツ・リストスティーヴン・ベカシー
アンリ・デュポン:シグ・アルノシュ
学生:ダーレン・マクギャヴィン
プレイエルの部下:イアン・ウルフ

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1945年製作 112分
公開
北米:1945年1月18日
日本:1949年7月12日


アカデミー賞
第18回アカデミー賞

・ノミネート
主演男優(コーネル・ワイルド
原案・撮影(カラー)・ドラマ・コメディ映画音楽・編集・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
19世紀、ワルシャワ公国(現ポーランド)。
音楽教師ヨーゼフ・エルスナーポール・ムニ)は、神童と言われている11歳のフレデリック・ショパンを指導していた。

エルスナーは、パリの音楽出版者ルイ・プレイエル(ジョージ・カラリス)から、ショパンを歓迎するという手紙を受け取ったことを両親に伝える。

まだ11歳の子供だと言われたエルスナーは、フランツ・リストは13歳で成功していることを伝える。

経済的に余裕がないと言われたエルスナーは、即、旅立つという話ではなく、時間はあることを両親に伝える。

突然、鍵盤を激しくたたいたショパンから話を聞いたエルスナーは、人々が自由を抑圧され悲しんでいることを知る。

ドイツ人であるエルスナーが考えに賛同してくれたため、ショパンは彼を集会に誘う。

モーツァルトを弾くよう指示されたショパンは、自分の曲を演奏してエルスナーを納得させる。

パリの話をするエルスナーは、そこで認められれば、人々に祖国の自由を訴えれることができて救えるとショパンに伝える。

成長したショパンコーネル・ワイルド)は、ヴィシュティンカ伯爵の屋敷で行われる演奏会に出席することになっていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
19世紀、ワルシャワ公国(現ポーランド)。
ドイツ人の音楽教師ヨーゼフ・エルスナーは、神童と言われている11歳のフレデリック・ショパンを指導していた。
経済的な理由で、エルスナーが勧めるパリに行くことができなかったショパンは、混乱する国家の中で抑圧される人々のために戦うことを誓いながら成長する。
ある祝宴会場の演奏の際、ロシアの総督を侮辱したショパンは、身の危険を感じて逃亡することになり、エルスナーと共にパリに向かう。
著名なピアニストであるリストに曲が認められたショパンは、彼の知人で作家のジョルジュ・サンドを紹介され、彼女に心奪われてしまう。
サンドに誘われ旅立ったショパンは、祖国のことを忘れエルスナーを避けるようになり、彼女と過ごす時間に喜びを感じながら作曲を続けるのだが・・・。
__________

ロマン派音楽”を代表するポーランドの作曲家フレデリック・ショパンが、師であるヨーゼフ・エルスナーと共に歩んだ人生を描く伝記ドラマ。

神童と言われた少年ショパンが、混乱する祖国を愛しながら作曲活動を続ける序盤から、作家ジョルジュ・サンドとの出会いによりまったく違う世界に引き込まれ、人生が一変するドラマチックな展開が興味深い。

39歳の若さで生涯を閉じたショパンだったが、サンドに心奪われ支配される時期がなかったとしたら、コンサート活動により、更に短命に終わったかもしれない。
それを考えると、彼女との生活のおかげで歴史に残る名曲を多く残せたとも言える。

主人公はフレデリック・ショパンを熱演するコーネル・ワイルドなのだが、お人好しではあるものの、ショパンの才能を誰よりも知り厳しい視点で彼を支え続ける、恩師ヨーゼフ・エルスナーを演ずるポール・ムニの、ユーモアをまじえた味わい深い演技が印象に残る。

第18回アカデミー賞では、主演男優(コーネル・ワイルド)、原案・撮影(カラー)、ドラマ・コメディ映画音楽、編集、録音賞にノミネートされた。

この世のすべての者を支配できる雰囲気のある女性である作家ジョルジュ・サンドを好演するマール・オベロン、主人公と共に祖国のために戦う活動家ニナ・フォックショパンと親交を深めるフランツ・リストスティーヴン・ベカシー、著名な音楽家である批評家フリードリヒ・カルクブレンナーハワード・フリーマンショパンの才能を認める音楽編集者ジョージ・カラリス、その秘書シグ・アルノシュ、同じくイアン・ウルフ、学生役でダーレン・マクギャヴィンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021