4452 Movies

孤児ダビド物語 The Personal History, Adventures, Experience, & Observation of David Copperfield the Younger (1935)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1850年に発表された、チャールズ・ディケンズの小説”デヴィッド・コパフィールド”を基に製作された作品。
両親を亡くしながら周囲の人々に励まされて成長する少年の波乱の人生を描く、製作デヴィッド・O・セルズニック、監督ジョージ・キューカー、出演エドナ・メイ・オリヴァージェシー・ラルフフレディ・バーソロミューベイジル・ラスボーンW・C・フィールズライオネル・バリモア他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ジョージ・キューカー

製作:デヴィッド・O・セルズニック
原作:チャールズ・ディケンズデヴィッド・コパフィールド
脚本
ハワード・エスタブルック
レノア・J・コーヒー
撮影:オリヴァー・T・マーシュ
編集:ロバート・J・カーン
音楽
ハーバート・ストサート
ウィリアム・アクスト(クレジットなし)

出演
ベッツィ・トロットウッド:エドナ・メイ・オリヴァー
クララ・コパーフィールド:エリザベス・アラン
クララ・ペゴティ:ジェシー・ラルフ
デヴィッド・コパフィールド (少年期):フレディ・バーソロミュー
ダニエル・ペゴティ:ライオネル・バリモア
ウィルキンス・ミコーバー:W・C・フィールズ
エマ・ミコーバー:ジャン・カデル
エドワード・マードストーン:ベイジル・ラスボーン
ジェーン・マードストーン:ヴァイオレット・ケンブル=クーパー
デヴィッド・コパフィールド (青年期):フランク・ロートン
ウィックフィールド:ルイス・ストーン
ユライア・ヒープ:ローランド・ヤング
アグネス・ウィックフィールド(成長期):マッジ・エヴァンス
アグネス・ウィックフィールド(少女期):マリリン・ノウルデン
御者バーキス:ハーバート・マンディン
ハム・ペゴティ:ジョン・バックラー
グミッジ夫人:ウナ・オコナー
エムリー:フローリン・マッキーニー
クリケット:エルザ・ランチェスター
チリップ医師:ハリー・ベレスフォード
ディック:レノックス・ポール
ジャネット:レニー・ガッド
ジェームズ・スティアフォース:ヒュー・ウィリアムズ
ドーラ・スペンロウ:モーリン・オサリヴァン
牧師:ヒュー・ウォルポール
リティマー:イヴァン・F・シンプソン
メアリーアン:メイベル・コルコード

アメリカ 映画
配給 MGM
1935年製作 130分
公開
北米:1935年1月18日
日本:12935年12月
製作費 $1,073,000


アカデミー賞
第8回アカデミー賞

・ノミネート
作品・編集・助監督賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
イングランド
ベッツィ・トロットウッド(エドナ・メイ・オリヴァー)は、半年前に夫デヴィッドを亡くした妻クララ・コパーフィールド(エリザベス・アラン)の元に向かう。

甥の妻である悲しむクララと話したベッツィは、彼女が産気づき倒れたため、家政婦クララ・ペゴティ(ジェシー・ラルフ)に医師を呼ぶよう指示する。

クララが男の子を出産したことを医師から知らされたベッツィは、女の子だと思い込んでいたいたために憤慨し、その場を去る。

子供はデヴィッドと名付けられ、クララとペゴティの愛を受けて成長する。

8歳になったデヴィッド(フレディ・バーソロミュー)は、母クララが付き合い始めたエドワード・マードストーン(ベイジル・ラスボーン)を好きになれなかった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
最愛の母を亡くした少年デヴィッド・コパフィールドは、義父エドワードの指示でロンドンのワイン工場で働くことになる。
優しくしてくれた下宿先のミコーバーが街を去ることになり、自分も大伯母ベッツィの家に向かおうとしたデヴィッドは、100km以上離れたドーバーまで歩いて行くことにする。
何とかベッツィの家にたどり着いたデヴィッドは、彼女の世話になり、カンタベリーで教育を受けることになる・・・。
__________

チャールズ・ディケンズの原作を基にデヴィッド・O・セルズニックが製作し、デビュー後、着実にキャリアを重ねていたジョージ・キューカーが監督した作品。

恵まれない環境下で育つ少年の苦悩と成長を描く、チャールズ・ディケンズの原作らしい人間味あふれる内容に加え、多彩な登場人物の個性を活かした、若きジョージ・キューカーの演出手腕が光る作品。

とりわけ、厳しいものの、人間味のある主人公の大伯母を印象的に演ずるエドナ・メイ・オリヴァー、主人公の少年時代を演ずるフレディ・バーソロミューの好演と、彼に優しく接する、貧しいながらも紳士を気取るW・C・フィールズの味のある演技は注目だ。

また、女性表現で定評があるジョージ・キューカーによる、様々なタイプの女性の描写が非常に興味深い。

第8回アカデミー賞では、作品、編集、助監督賞にノミネートされた。

本作のタイトル及び主人公の名前は、マジシャンのデヴィッド・カッパーフィールドの芸名の由来になったことでも知られている。

主人公を愛する母親エリザベス・アラン、その乳母兼家政婦で主人公のために尽くすジェシー・ラルフ、その兄で人情味があるライオネル・バリモア、ミコーバー(W・C・フィールズ)の妻ジャン・カデル、主人公を嫌う義父ベイジル・ラスボーン、意地の悪いその姉ヴァイオレット・ケンブル=クーパー、主人公の青年期フランク・ロートン、主人公を下宿させる法律事務所の経営者ルイス・ストーン、主人公を愛するその娘マッジ・エヴァンス、その少女期マリリン・ノウルデン、法律事務所を乗っ取ろうとするローランド・ヤング、主人公の大伯母の同居人レノックス・ポール、家政婦のレニー・ガッド、主人公の乳母パゴティ(ジェシー・ラルフ)と結婚する御者ハーバート・マンディン、パゴティの甥ジョン・バックラー、彼の婚約者フローリン・マッキーニー、その家族と暮らす夫人ウナ・オコナー、ミコーバー家の家政婦エルザ・ランチェスター、医師のハリー・ベレスフォード、主人公の親友ヒュー・ウィリアムズ、主人公と結婚するモーリン・オサリヴァン、牧師のヒュー・ウォルポール、他イヴァン・F・シンプソンメイベル・コルコードなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021