4260 Movies

魔術の恋 Houdini (1953)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

伝説の奇術師ハリー・フーディーニの半生を描く、監督ジョージ・マーシャル、主演トニー・カーティスジャネット・リートーリン・サッチャーアンジェラ・クラーク他共演の実録ドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ジョージ・マーシャル

製作:ジョージ・パル
原作:ハロルド・ケロック”Houdini”
脚本:フィリップ・ヨーダン
撮影:アーネスト・ラズロ
編集:ジョージ・トマシーニ
音楽:ロイ・ウェッブ

出演
ハリー・フーディーニトニー・カーティス
ベス・フーディーニジャネット・リー
オットー:トーリン・サッチャー
ヴェイス夫人:アンジェラ・クラーク
ドイツの検察官:ステファン・シュナベル
マルエ:イアン・ウルフ
シュルツ:シグ・ルーマン
ドゥーリー:マイケル・ペイト
シュルツ夫人:コニー・ギルクリスト
イギリスの刑務所長:マルコム・リー・ベッグス
ハンター:フランク・オース
マーリックケイブ:バリー・バーナード
シムズ:ダグラス・スペンサー
ウェイター/用心棒:フレッド・アルドリッチ

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1953年製作 106分
公開
イギリス:年月日
北米:1953年7月2日
日本:1954年5月2日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1890年代、ニューヨークコニーアイランド
学生のベス・ラーナージャネット・リー)は、カーニバルの見世物小屋に興味を持ち、野生人”ブルート”を見物する。

ブルートに扮していた三流芸人のハリー・フーディーニトニー・カーティス)は、案内人のシュツツ(シグ・ルーマン)に檻の外から鞭打たれる。

見物していたベスはシュルツを制止し、隣りの見世物に向かう。

ベスに惹かれたハリーは、野生人からマジシャン”グレート・フーディーニ”の衣装に変えてショーを始める。

ベスを舞台に上げて手伝ってもらったハリーは、彼女の名前を当てるマジックで客を驚かせる。

また会いたいことをベスに伝えたハリーは、無礼だと言われるものの、諦めずにブルートのマスクを被り、彼女に迫り騒ぎを起こしてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1890年代、ニューヨークコニーアイランド
見世物小屋の三流奇術師ハリー・フーディーニは、見物人の学生ベスに惹かれる。
ベスに付きまとうハリーは、苦労しながら彼女の心を射止めて結婚する。
芸人として一流になれないハリーは、ベスに説得されて平凡な生活を選び、鍵工場の工員になる。
夢を諦めきれないハリーは、あるマジックのショーで才能を認められ、芸の世界に戻るのだが・・・。
__________

1928年に発表された、ハロルド・ケロックの小説”Houdini”を基に製作された作品。

伝説の奇術師ハリー・フーディーニが、三流芸人から成功し生涯をマジックに捧げる人生を描く実録ドラマ。

ハリー・フーディーニと妻ベスとの愛の物語をベースにした作品は、見世物小屋の芸人だった主人公が、最高の奇術師として頂点を極めることになる人生を、史実に従いかなり忠実に描いている。

妻以上に愛する母親との関係や、自分の芸に霊的なものを感じながらそれを追及する姿、母の死後に心霊術に傾倒するもののトリックだと気づき、それを暴くことに取り組んだ事実なども興味深く描かれている。

19世紀末以降の時代の雰囲気もよく再現され、マジックのショーの芸も多彩であり、娯楽作品としても十分に楽しめる。

主演のトニー・カーティスは見事なマジックを披露しながら、ユーモアをまじえてハリー・フーディーニを熱演し、実生活で彼の妻である美しいジャネット・リーは、息の合った演技で、フーディーニの妻役ベス・フーディーニを好演している。

主人公が捜し求める奇術師のアシスタントであり協力者となるトーリン・サッチャーフーディーニの母親アンジェラ・クラークドイツの法廷の検察官ステファン・シュナベルフーディーニの才能を認めるショーの主催者イアン・ウルフコニーアイランドの見世物小屋の運営者シグ・ルーマン、その妻コニー・ギルクリスト、クライマックスで主人公を取材する記者マイケル・ペイトイギリスの刑務所長マルコム・リー・ベッグス、他フランク・オースフレッド・アルドリッチなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020