That's Movie Talk!     4034 Movies

ヴィンセントが教えてくれたこと St. Vincent (2014) 3.52/5 (33)

  •  
  • 1
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ギャンブルと酒に溺れる自堕落な老人と隣人の少年との友情と人生を見つめ直す姿を描く、製作、監督、脚本セオドア・メルフィ、主演ビル・マーレイメリッサ・マッカーシーナオミ・ワッツクリス・オダウドジェイデン・リーバハー他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:セオドア・メルフィ

製作
ピーター・チャーニン
セオドア・メルフィ
フレッド・ルース
ジェンノ・トッピング
製作総指揮
G・マック・ブラウン
ドン・チードル
ケイ・リバーマン
ディラン・セラーズ
キャスリン・チュース=アデイル
脚本:セオドア・メルフィ
撮影:ジョン・リンドリー
編集
サラ・フラック
ピーター・テッシュナー
音楽:セオドア・シャピロ

出演
ヴィンセント・マッケンナ:ビル・マーレイ
マギー・ブロンスタイン:メリッサ・マッカーシー
ダカ・パリモヴァ:ナオミ・ワッツ
ブラザー・ジェラティ:クリス・オダウド
オリヴァー・ブロンスタイン:ジェイデン・リーバハー
アナ:キンバリー・クイン
サンディ・マッケンナ:ドナ・ミッチェル
ズッコ:テレンス・ハワード
ロバート・オシンスキー:ダリオ・バロッソ
ロジャー:レイ・ヤンニチェッリ
デヴィッド・ブロンスタイン:スコット・アドシット
テリー:ネイト・コードリー
ミッチェル:レニー・ヴェニート
シャーリー:アン・ダウド
ガス:レグ・E・キャシー
リンダ:ディードル・オコンネル

アメリカ 映画
配給 ワインスタイン・カンパニー
20147年製作 102分
公開
北米:2014年10月24日
日本:2015年9月4日
製作費 $13,000,000
北米興行収入 $44,137,710
世界 $54,837,230


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨークブルックリンシープスヘッド
酒とギャンブルに溺れ自堕落な日々を送るヴィンセント・マッケンナ(ビル・マーレイ)は、ロシア人のストリッパーの売春婦ダカ・パリモヴァ(ナオミ・ワッツ)と毎週、愛し合っていた。

ストリップバーにダカを送ったヴィンセントは、金がないために来週払うことを約束する。

妊娠しているダカは、前ほど稼げないと言って愚痴をこぼし、来週2倍払うようにとヴィンセントに伝える。

銀行に向かったヴィンセントは、銀行の窓口担当のテリー(ネイト・コードリー)から融資を断られ、口座を解約しようとするものの、引き出し額が預金額を上回りマイナスだったためにそれもできなかった。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨークブルックリンシープスヘッド
酒とギャンブルに溺れ自堕落な日々を送るヴィンセント・マッケンナは、ロシア人のストリッパー兼売春婦のダカと付き合っていた。
そんなヴィンセントは、ひょんなことから、隣に越してきた、離婚問題を抱える放射線技師のマギーの息子オリヴァーを子守りすることになり、その後も時給でそれを引き受ける。
ぶっきらぼうで偏屈なヴィンセントと過ごすようになったオリヴァーは、彼が痴呆症の妻サンディを高級介護施設に入れて世話をしていることを知る。
その後もヴィンセントと行動を共にするオリヴァーは、彼からギャンブルや喧嘩の仕方を教わり親交を深めるのだが・・・。
__________

映画製作者、脚本家としても評価が高い、セオドア・メルフィの監督デビュー作であり、わずか4館で限定公開された本作は評判となり拡大公開されて、2週間後には北米で約2300館で上映された注目作。

貧困、離婚、差別などアメリカの抱える問題を描きつつ、親子愛や友情、人の心の暖かさなどをしみじみと伝える、セオドア・メルフィの演出と脚本が見どころの作品。

本作の登場人物はセオドア・メルフィの家族を基にしていて、彼の妻のキンバリー・クインが介護施設の看護師役で出演している。

ジャック・ニコルソンの主演が噂された本作だが、正にはまり役のビル・マーレイは、偏屈で自堕落な老人を熱演して各方面で高評価を受け、ゴールデングローブ賞では主演男優賞(コメディ・ミュージカル部門)にノミネートされた。

ビル・マーレイ以外の個性派スターの出演も注目で、離婚問題を抱えて苦悩する母親を切実に演ずるメリッサ・マッカーシー、彼女にしては珍しい”汚れ役”である、ストリップバーのダンサー兼売春婦役のナオミ・ワッツ、主人公と親交を深める隣人の少年ジェイデン・リーバハーの好演が光る。

カトリック系小学校の教師である神父のクリス・オダウド、痴呆症である主人公の妻ドナ・ミッチェル、主人公の借金を仲介している男テレンス・ハワード、少年(ジェイデン・リーバハー)のクラスメイトで、彼をいじめていたが、喧嘩をきっかけに友情が芽生えるダリオ・バロッソ、バーの店主レイ・ヤンニチェッリ、弁護士であるマギー(メリッサ・マッカーシー)の夫スコット・アドシット、銀行の窓口担当者ネイト・コードリーロブ・コードリーの弟)、学校の体育教師レニー・ヴェニート、介護施設の管理者アン・ダウド、バーの常連客レグ・E・キャシーディードル・オコンネルなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up