4236 Movies

俺たちステップ・ブラザース Step Brothers (2008)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

親同士の結婚により義兄弟になってしまった独身中年男2人が、いがみ合いながらもひょんなことから意気投合し騒動を巻き起こしつつ、家族、兄弟愛を取り戻すという、製作総指揮、原案、脚本、監督アダム・マッケイ、製作総指揮、原案、脚本、主演ウィル・フェレル、原案、出演ジョン・C・ライリーメアリー・スティーンバージェンリチャード・ジェンキンス他共演の大爆笑コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:アダム・マッケイ
製作
ジミー・ミラー
ジャド・アパトー
製作総指揮
ウィル・フェレル
アダム・マッケイ
デヴィッド・ハウスホルター
原案
ウィル・フェレル
アダム・マッケイ
ジョン・C・ライリー
脚本
ウィル・フェレル
アダム・マッケイ
撮影:オリヴァー・ウッド
編集:ブレント・ホワイト
音楽:ジョン・ブライオン

出演
ウィル・フェレル:ブレナン・ハフ
ジョン・C・ライリー:デール・ドーバック
メアリー・スティーンバージェン:ナンシー・ハフ/ドーバック
リチャード・ジェンキンス:ロバート・ドバック
アダム・スコット:デレク:ハフ
キャスリン・ハーン:アリス・ハフ
アンドレア・サヴェージ:デニース
セス・ローゲン:スポーツ店店長
フィル・ラマール:家の購入希望者
エリカ・ヴィッティナ・フィリップス:家の購入希望者
イアン・ロバーツ:セラピスト
ホレイショ・サンズ:リード・シンガー
ケン・チョン:就職斡旋代理人

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
2008年製作 98分
公開
北米:2008年7月25日
日本:未公開
製作費 $65,000,000
北米興行収入 $100,468,790
世界 $128,107,560


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
男やもめの医師ロバート・ドーバック(リチャード・ジェンキンス)は、学会で知り合った離婚女性ナンシー・ハフ(メアリー・スティーンバージェン)と恋に落ちて結婚する。

ロバートには、40歳の息子デール(ジョン・C・ライリー)が、ナンシーには、39歳の息子ブレナン(ウィル・フェレル)が、それぞれ未だに親元で暮らしていた。

2人の息子は、親の結婚などバカバカしくてどうでも良い話だったが、4人はロバートの家で同居することになってしまう。

対面したブレナンとデールは、険悪な雰囲気で食事を済ませ、同じ部屋で寝ることになってしまう。

2人はお互いを罵り牽制し合い、嫌がらせを始め一触即発のムードになる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
男やもめの医師ロバート・ドーバックは、学会で知り合った離婚女性ナンシー・ハフと恋に落ち結婚する。
ロバートには40歳の息子デールが、ナンシーには39歳の息子ブレナン、それぞれ親元で暮らしていたために、4人は同居することになる。
しかし、デールとブレナンの義兄弟は、会った瞬間から険悪なムードとなり、一触即発となる。
そして、子供じみた大喧嘩を始めたデールとブレナンに憤慨したロバートは、2人に1ヶ月以内に職を見つけ独立するようるよう命ずる。
そんな時、ビジネスで成功しているナンシーの次男デレクが現れるが、デールが彼の態度に腹を立て殴ってしまう。
それをきっかけに、弟のデレクを嫌っているブレナンとデールは意気投合するのだが・・・。
__________

製作、原案、脚本を兼ねるウィル・フェレルの大奮闘が見ものだが、原案に参加した個性派ジョン・C・ライリーや、リチャード・ジェンキンスメアリー・スティーンバージェンなどの実力派が脇を固める、安っぽさを感じないコメディ。

とは言うものの、主人公2人の言動はかなり下品で、それが理由でもないだろうが、豪華キャスティングにも拘らず、日本では未公開に終わってしまった作品。

批評家の評価は低かったものの、北米だけでも1億ドルを超えるヒットとなった。

世界 $128,107,560

”童心”の無気力男達が独立を迫られ、仕方なく自立していく様や、逆境を跳ね返し”大人”へと成長し、道を切り開いていく様子なども、意外にきっちり描かれているのには感心する。

得意な歌声を今回も披露してくれるウィル・フェレルは、長身のジョン・C・ライリーよりさらに大柄で、巨体2人の子供のような振る舞いは実に可笑しい。

スケールの大きな2人の演技は迫力があり、全てが丸く収まるラストも痛快だ。

過保護気味の母親と、呆れ果てる父親を絶妙に演じるメアリー・スティーンバージェンリチャード・ジェンキンス、特に、シリアスな役柄を得意とするR・ジェンキンスは、コミカルな演技も見事にこなしている。

意地の悪い弟アダム・スコット、情欲を求めるその妻キャスリン・ハーン、セラピストのアンドレア・サヴェージ、スポーツ店店長のセス・ローゲン、ステージ歌手ホレイショ・サンズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020