4240 Movies

俺たちダンクシューター Semi-Pro (2008)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

プロ・バスケットボール・チームを買収した歌手が、ベテランを補強してNBA入りを目指す奮闘を描く、主演ウィル・フェレルウディ・ハレルソンクリステン・ウィグ他共演、製作総指揮、監督ケント・オルターマンによる爆笑コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ケント・オルターマン
製作:ジミー・ミラー
製作総指揮
ローレン・シュラー・ドナー

トビー・エメリッヒ
ケイル・ボイター
マイケル・アグィラー
デヴィッド・ハウスホルター
ケント・オルターマン

脚本:スコット・アームストロング
撮影:シェーン・ハールバット
編集
デブラ・ニール=フィッシャー

ピーター・テッシュナー
音楽:セオドア・シャピロ

出演
ウィル・フェレル:ジャッキー・ムーン
ウディ・ハレルソン:エド・モニックス
アンドレ・ベンジャミン:クラレンス・ウィザーズ
モーラ・ティアニー:リン
デヴィッド・ケックナー:アラン・オウルト/コミッショナー
ウィル・アーネット:ルー・レッドウッド
アンディ・リクター:ボビー・ディー
ロブ・コードリー:カイル
デレイ・デイヴィス:ビー・ビー・エリス
ジョシュ・ブラーテン:ツィーギー・マンソン
ジャッキー・アール・ヘイリー:デュークス
ピーター・コーネル:ヴァカイデス
クリステン・ウィグ:トレイナー
パット・キルベイン:ペトレッリ
エリア・イングリッシュ:クインシー夫人
パティ・ラベル:ジャッキーの母

アメリカ 映画
配給 ニュー・ライン・シネマ
2008年製作 92分
公開
北米:2008年2月29日
日本:2008年8月9日
北米興行収入 $33,472,850
世界 $43,884,900


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1976年、ミシガン州フリント
”Love Me Sexy”を大ヒットさせた歌手のジャッキー・ムーン(ウィル・フェレル)は、その勢いで地元のABAのバスケットボール・チーム”フリント・トロピックス”を買収していた。

オーナー、コーチ、選手を兼任するジャッキーは、やりたい放題のワンマン経営で観客は激減し、チーム存続が危ぶまれていた。

ジャッキーは、ABAの存続自体を心配するチームメイトを励まし、オーナー会議に向かう。

NBAに吸収されることが決まったことで、ジャッキーは昇格できると高をくくるが、その資格が4チームにしか与えられないことを知る。

トロピックスは、解散することをコミッショナー(デヴィッド・ケックナー)から通達されてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1976年。
大ヒット曲を世に出した歌手のジャッキー・ムーンは、その勢いで地元ABAのバスケットボール・チーム”フリント・トロピックス”を買収する。
オーナーにして選手兼コーチのジャッキーは、自意識過剰、やりたい放題のワンマン経営で、チームを窮地に追い込んでしまう。
その後、ABANBAに吸収されることがオーナー会議で決まり、ジャッキーは、その資格が与えられる4チームに入ろうと意気込む。
そしてジャッキーは、元NBAプレイヤーのエド・モニックスをチームに招き、戦いを挑むのだが・・・。
__________

大味に見えて、日本ではそれほど受けないウィル・フェレルなのだが、彼の得意なハチャメチャなスポコン・コメディで、長身を生かした迫力ある演技は見応えがある。
相変わらずの、下品な言動やお決まりの歌声も披露してくれる、良くも悪くも彼らしい作品に仕上がっている。

ウィル・フェレルの作品にしては、興行的に成功した作品とは言えないが、舞台設定の1970年代を知っている者にはたまらない雰囲気や音楽、そしてファッションなども大いに楽しめる。

北米興行収入 $33,472,850
世界 $43,884,900

実際に存在したABAと、それを吸収したNBAの裏話なども面白味があり、アメリカ・スポーツの層の厚さや、住民と密着しているチームの描き方なども興味深い。

アウトロー的な存在ではあるが、直球勝負に近い演技でドラマを引き締めるウディ・ハレルソン、彼に才能を認められて実力を発揮するアンドレ・ベンジャミン、エド(W・ハレルソン)と寄りを戻す元恋人のモーラ・ティアニー、コミッショナー、デヴィッド・ケックナー、主人公の亡くなった母親役パティ・ラベル、そして、ジャッキー・アール・ヘイリーが余興で賞金を獲得する市民で登場し、ラストも締めくくり、トレイナー、クリステン・ウィグロブ・コードリー、主人公の母親パティ・ラベルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020