4383 Movies

超高層プロフェッショナル Steel (1979)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

高層ビルの鉄骨工事の工期に間に合わせるために雇われた男達が、妨害に遭いながら危険な作業に挑む姿を描く、製作総指揮、主演リー・メジャースジェニファー・オニールアート・カーニーハリス・ユーリンジョージ・ケネディ他共演、監督スティーヴ・カーヴァーによるドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:スティーヴ・カーヴァー

製作
ピーター・S・デイヴィス
ウィリアム・N・パンザー
製作総指揮:リー・メジャース
原案
ピーター・S・デイヴィス
ロブ・ユーイング
ウィリアム・N・パンザー
脚本:リー・チャップマン
撮影:ロジャー・シェアーマン
編集:デヴィッド・ブリューイット
音楽:ミシェル・コロンビエ

出演
マイク・キャットン:リー・メジャース
キャス・キャシディ:ジェニファー・オニール
ピグノーズ・モーラン:アート・カーニー
エディ・キャシディ:ハリス・ユーリン
ビッグ・ルー・キャシディ:ジョージ・ケネディ
ケリン:R・G・アームストロング
ハリー・オイル:レドモンド・グリーソン
ヴァレンティノ:テリー・カイザー
ダンサー:リチャード・リンチ
キッド:ベン・マーレイ
ライオネル:ロジャー・E・モーズリー
タンク:アルバート・サルミ
チェロキー:ロバート・テシア
サーファー:ハンター・ヴォン・リール
トム:ジョー・ディー・ニコラ
チャーリーン:キャロル・マロリー
ドリス:ベア・シルヴァーン
レディ:ジャネット・ハドランド
トミー:トミー・J・ハフ

アメリカ 映画
配給 National Broadcasting Company
1979年製作 102分
公開
北米:1980年11月21日
日本:1979年11月3日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
鉄骨組み立て会社社長のビッグ・ルー・キャシディ(ジョージ・ケネディ)は、自らリムジンを運転してビルの建設現場に向かう。

揉め事を鎮めたルーは、鉄骨工の主任ピグノーズ・モーラン(アート・カーニー)と共にビルを上ろうとする。

鉄骨の運搬を任せるため弟のエディ(ハリス・ユーリン)を呼んだルーは、工期に間に合わせるために、不本意ながらトラックを借りたいだけだと伝え、ピグノーズと共にビルの上に向かう。

運送を任せるエディはいいのだが、従業員に手古摺るルーは、労組なども含めて様々な問題を抱えていた。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
高層ビルの鉄骨組み立てを請け負う現場監督のルーは、工期が迫る中、事故により作業中に転落死してしまう。
ルーの娘キャスは、鉄骨の運搬を任されていた叔父のエディが、工事を引き継ぐことを拒む。
ルーの友人でもあった鉄骨工主任ピグノーズから、頼れる現場監督が必要だと言われたキャスは、かつての仲間であるマイク・キャットンに声をかけて協力してもらうことになる。
3週間で9階分の鉄骨を組み立てる困難な工事を進めるため、キャットンは、気心の知れた仲間達を集めて作業を始めるのだが・・・。
__________

1970年代の”600万ドルの男”、1980年代の”俺たち賞金稼ぎ!!フォール・ガイ”などで、その時代のテレビ界で一世を風靡したリー・メジャースが、製作総指揮を兼ねて主演する注目作。

高層ビル建築現場で危険な作業に挑む男達が、迫る工期と事業を乗っ取ろうとする者達の妨害にも屈せず戦う姿を描く、痛快作に仕上がっている。

鉄骨組み立て業者の死で窮地に立った遺族のために集まる男達の心意気、友情や確執をユーモアを交えながら描く、アメリカ人気質を前面に出した作品として大いに楽しめる。

冒頭、鉄骨組み立てを請け負う業者として、自ら作業現場に向かうジョージ・ケネディがボスということで、頼もしいことこの上なく期待したのだが、何と早々に転落してしまう。
彼がゲスト出演だというのは残念なのだが、後を引き受けるリー・メジャースが、それをカバーするいい役柄を演じている。

統率力のある男臭い現場監督を演ずるリー・メジャースが、高所恐怖症を克服しながら仲間達との友情を深め、ボスの娘であるヒロインで美しいジェニファー・オニールとの愛も芽生える姿も、実に爽やかに描かれている。

主人公らを支えるベテランの鉄骨工のアート・カーニー、事業を乗っ取ろうとする、主人公らの作業を妨害するハリス・ユーリン、その兄で鉄骨組み立ての請負業者ジョージ・ケネディ、エディ(ハリス・ユーリン)の部下R・G・アームストロング、主人公に雇われる鉄骨工達、爆破が得意のレドモンド・グリーソン、常に女を変えている伊達男テリー・カイザー、主人公に怪我をさせられたことがあるリチャード・リンチ、彼についてくる若者ベン・マーレイ、友人のハンター・ヴォン・リールを事故で亡くすロジャー・E・モーズリー、クレーン担当のアルバート・サルミ、怪力男ロバート・テシア、主人公の恋人キャロル・マロリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021