4315 Movies

ミニー&モスコウィッツ Minnie and Moskowitz (1971)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

恋愛に恵まれない女性と冴えないが愛を求めている男性の奇妙な恋をく、製作、監督、脚本ジョン・カサヴェテス(出演も)、主演ジーナ・ローランズシーモア・カッセル他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ジョン・カサヴェテス

製作:アル・ルーバン
脚本:ジョン・カサヴェテス
編集:フレデリック・ナッドソン
撮影
アルリック・イーデンス
マイケル・D・マーガリーズ
アーサー・オーニッツ

出演
ミニー・ムーア:ジーナ・ローランズ
シーモア・モスコウィッツ:シーモア・カッセル
ジム:ジョン・カサヴェテス
ゼルモ・スウィフト:ヴァル・エイヴリー
モーガン・モーガン:ティモシー・ケリー
シーバ・モスコウィッツ:キャサリン・カサヴェテス
ジョージア・ムーア:レディ・ローランズ
ジムの妻:ジュディス・ロバーツ
バレエ衣裳の少女:アレキサンドラ・カサヴェテス
赤ん坊の女の子:ゾーイ・R・カサヴェテス

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1971年製作 114分
公開
北米:1971年12月22日
日本:2000年4月8日
製作費 $900,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
駐車場係のシーモア・モスコウィッツ(シーモア・カッセル)は、ダイナーで、文無しの中年男モーガン・モーガン(ティモシー・ケリー)に声をかけられて話す。

意味不明な話ばかりをするモーガンを相手にする気がないモスコウィッツは、店を出てバーに向かう。

客達に知り合いだと言って騒ぎを起こしたモスコウィッツは、別のバーに向かう。

そこでもトラブルを起こしたモスコウィッツは、店から追い出される。

花束を持って母親シーバ(キャサリン・カサヴェテス)を訪ねたモスコウィッツは、カリフォルニアに向かうことを伝える。

ロサンゼルスに着いたモスコウィッツは、アパートを借りる。

美術館に勤める中年女性ミニー・ムーア(ジーナ・ローランズ)は、同僚で友人のフローレンスと映画”カサブランカ”を観る。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
美術館に勤める中年の独身女性ミニー・ムーアは、妻子のある恋人ジムとの関係も冷めつつあった。
そん時ミニーは、自分に惹かれたという男性ゼルモと食事に行ったレストランで、ニューヨークから来た駐車場係のモスコウィッツと出会う。
ゼルモと揉めたモスコウィッツは仕事を失い、その責任をミニーに追及するのだが、彼女に一目惚れしてしまう。
モスコウィッツに付きまとわれたミニーは彼を敬遠するのだが、ジムからも別れを告げられててしまう・・・。
__________

美しく魅力的ではあるものの男運の悪い中年女性と、冴えない駐車場係にも拘わらずプライドだけは高い男性の恋を描いた、異色の恋愛ドラマ。

製作、監督、脚本、そして出演も兼ねるジョン・カサヴェテス自身の体験を元にしていると言われる作品。
ジョン・カサヴェテスの妻ジーナ・ローランズと、彼の作品の常連で盟友でもあるシーモア・カッセルジーナ・ローランズの母親レディ・ローランズジョン・カサヴェテスの母親キャサリン・カサヴェテス、そして、幼い娘のアレキサンドラ・カサヴェテスゾーイ・R・カサヴェテスなども出演させていることを考えると、彼の作品への思いが感じられる。

対照的な生き方をしてきた男女の恋が、どう見てもまともな形で成立しそうもない雰囲気で展開するのだが、これ以上の幸せはないという家族の様子を映し出して終わるラストは実に爽やかだ。

魅力的ではあるが優柔不断気味の中年女性を好演するジーナ・ローランズと、彼女と釣り合う雰囲気でもない冴えない男もに拘わらず、傲慢とも言える態度で彼女を支配しようとするシーモア・カッセルの怪演が光る作品。

主人公の恋人である妻子持ちの男性ジョン・カサヴェテス、主人公に惹かれる変人風の中年男性ヴァル・エイヴリー、ダイナーでモスコウィッツ(シーモア・カッセル)に話しかける男ティモシー・ケリー、モスコウィッツの母親役でジョン・カサヴェテスの実母のキャサリン・カサヴェテス、主人公ジーナ・ローランズの母親役で実母のレディ・ローランズ、ジム(ジョン・カサヴェテス)の妻ジュディス・ロバーツ、その後を映し出すラストに登場する、主人公の娘役でジョン・カサヴェテスジーナ・ローランズの実娘、バレエ衣裳の少女アレキサンドラ・カサヴェテス、赤ん坊の女の子ゾーイ・R・カサヴェテスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020