4504 Movies

スタンド・バイ・ミー Stand By Me (1986)

  •  
  •  
  • 10
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1982年に発表された、スティーヴン・キングの中編小説「恐怖の四季」の中の(秋の目覚め)”The Body”を基に製作された作品。
事故死した少年の死体を捜すために初めて町を出た4人の少年の夏の思い出をノスタルジックに描く、監督ロブ・ライナー、出演ウィル・ウィートンリバー・フェニックスコリー・フェルドマンジェリー・オコンネルキーファー・サザーランドリチャード・ドレイファスジョン・キューザック他共演による青春ドラマの秀作。


ドラマ(青春)


スタッフ キャスト
監督:ロブ・ライナー
製作
ブルース・A・エヴァンス

レイノルド・ギデオン
アンドリュー・シェインマン

原作:スティーヴン・キングThe Body
脚本
レイノルド・ギデオン
ブルース・A・エヴァンス

撮影:トーマス・デル・ルース
編集:ロバート・レイトン
音楽:ジャック・ニッチェ
主題曲:ベン・E・キング

出演
ゴードン”ゴーディ”ルチャンス(12歳):ウィル・ウィートン

ゴードン・ラチャンス(作家):リチャード・ドレイファス
クリストファー”クリス”チェンバーズ:リバー・フェニックス
テディ・ドゥチャンプ:コリー・フェルドマン
バーン・テッシオ:ジェリー・オコンネル
ジョン”エース”メリル:キーファー・サザーランド
ビリー・テッシオ :ケイシー・シーマツコ
デニス”デニー”ルチャンス:ジョン・キューザック
ルチャンス:マーシャル・ベル
ルチャンス夫人:フランシス・リー・マッケイン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1986年製作 88分
公開
北米:1986年8月8日
日本:1987年4月18日
製作費 $8,000,000
北米興行収入 $52,287,410


アカデミー賞
第59回アカデミー賞

・ノミネート
脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
作家のゴーディ・ルチャンス(リチャード・ドレイファス)は、新聞記事で、弁護士のクリス・チャンバースが刺殺されたことを知る。

__________

1959年、夏、オレゴン州、 キャッスルロック
人口1281人の小さな町に住む12歳のゴードン”ゴーディ”ラチャンス(ウィル・ウィートン)にとって、そこが全世界だった。

ツリーハウスに向かったゴーディには、いつも行動を共にする三人の友人がいた。

変わり者のテディ・ドゥチャンプ(コリー・フェルドマン)、誰もがグレると思っているリーダー格のクリストファー”クリス”チェンバーズ(リバー・フェニックス)、そして、お人好しのバーン・テッシオ(ジェリー・オコンネル)だった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1959年、夏、オレゴン州、 キャッスルロック
人口1281人の田舎町に住む、仲良しの4人組であるゴーディ、クリス、テディ、バーンは、ある日、線路で撥ねられた少年の死体があるという噂話を聞く。
町から出たこともない少年達は、キャンプだと偽り、数十キロ離れた現場に向かうことになる。
それぞれ家庭で問題を抱える少年達は、旅を続ける過程で、友情を深め新たな信頼関係を築いていく・・・。
__________

誰にでも経験のある子供時代の思い出や、友達を懐かしむ心の扉を開かせてくれるような、ノスタルジックな気持ちになれる作品。

善悪を問わず、登場人物はほとんど少年達で、成長して作家になった主人公の回顧物語として淡々と描かれている。

第59回アカデミー賞では、脚色賞にノミネートされた。

4人の少年達それぞれの個性を生かすロブ・ライナーの演出は冴え、特に、主人公コーディとクリスが、互いをの心の傷を知り思いやる姿や、大人の世界では大騒動となる行方不明者の死体捜しを、探検や宝探し程度に思ってしまう子供心などを実にうまく表現、描写している。

ドラマの舞台と同じ時代の1961年にヒットした、ベン・E・キングの”スタンド・バイ・ミー”が効果的に使われ、再び大ヒットした。

期待の息子(長男)の死で、両親からの愛情を受けられず悩み続けるウィル・ウィートン、精神的な逞しさはあるものの、信頼していた大人の裏切りに傷つき将来を諦めかけるリバー・フェニックス、精神を病んでいる父を戦争の英雄と信じ尊敬するコリー・フェルドマン、気のいいお人好しのジェリー・オコンネル、憎らしいこと極まりないが、印象に残る不良を演ずるキーファー・サザーランド、友との約束を果たして作家となった主人公を演ずるリチャード・ドレイファス、そして、その兄を演ずる若きジョン・キューザック、バーン(ジェリー・オコンネル)の兄ケイシー・シーマツコ、コーディ(ウィル・ウィートン)の両親マーシャル・ベルフランシス・リー・マッケインなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021