4311 Movies

ステイン・アライブ Staying Alive (1983)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

世界中に衝撃を与えた大ヒット作「サタデー・ナイト・フィーバー」(1977)の続編。
かつてディスコ・キングと言われた青年がブロードウェイのスターになろうとする努力と苦悩そして成長を描く、製作、脚本、監督シルヴェスター・スタローン、主演ジョン・トラボルタシンシア・ローズフィノラ・ヒューズ他共演のドラマ。


ドラマ

シルヴェスター・スタローン / Sylvester Stallone 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:シルヴェスター・スタローン

製作
シルヴェスター・スタローン
ロバート・スティグウッド
脚本
シルヴェスター・スタローン
ノーマン・ウェクスラー
撮影:ニック・マクリーン
編集
マーク・ワーナー
ピーター・E・バーガー
ドン・ジマーマン
音楽
ビージーズ
フランク・スタローン

出演
アンソニー”トニー”マネロ:ジョン・トラボルタ
ジャッキー:シンシア・ローズ
ローラ:フィノラ・ヒューズ
ジェシー:スティーヴ・インウッド
フロー・マネロ:ジュリー・ボヴァッソ
バトラー:チャールズ・ウォード
カール:フランク・スタローン
振付師:カートウッド・スミス
音響技師:スティーヴ・ビックフォード
マーク:ジェシー・ドーラン
街の通行人:シルヴェスター・スタローン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1983年製作 93分
公開
北米:1983年7月15日
日本:1983年12月10日
製作費 $22,000,000
北米興行収入 $64,892,670
世界 $127,092,700


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
かつてディスコ・キングと言われたアンソニー”トニー”マネロ(ジョン・トラボルタ)は、ブルックリンを離れてマンハッタンに移り、ブロードウェイのダンサーを目指していた。

オーディションを何度受けても落ちてしまうトニーは、ダンス・スクールの同僚インストラクターである恋人のジャッキー(シンシア・ローズ)に、その日の結果もダメだったことを伝える。

ダンス・スクールでのレッスンの仕事を終えてアパートに戻ったトニーは、クラブに向いウエイターのバイトをする。

ダンサーとしてトップを目指すトニーは、何人もの女性に声をかけられるものの、それを拒み、寝る間も惜しんで自分を売り込むためエージェント回りをする。

全く相手にされないトニーはジャッキーに愚痴をこぼすが、競争意識をコントロールするよう彼女に助言される。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
かつてディスコ・キングと言われたアンソニー”トニー”マネロは、ブロードウェイのスターを夢見ていた。
恋人のジャッキーと共にダンス・スクールのインストラクターをしながら努力を続けるトニーだったが、何度オーディションを受けても落ちてしまい焦る。
そんなトニーは、イギリス人のトップ・ダンサーのローラの才能と美しさに惹かれ、彼女と組むことを考えるのだが、それにより心の迷いが生じてしまう・・・。
__________

世界中にディスコ・ブームが巻き起こり、社会現象にまでなった大ヒット作「サタデー・ナイト・フィーバー」(1977)の続編。

翌年公開された「グリース」(1978)もそれを上回るヒットを記録し、世界の映画ファンの心を捉えたジョン・トラボルタが、ディスコ・キングからブロードウェイのスターを目指す青年を演じ、こちらも「ロッキー」(1976)でトップ・スターとなったシルヴェスター・スタローンが、製作、監督、脚本を兼ねた作品ということで、大いに期待された作品。

シルヴェスター・スタローンは、ジョン・トラボルタと肩がぶつかる街の通行人でカメオ出演もしている。

しかし、内容は貧弱で、ブロードウェイの内幕的な恋も交えたドラマも訴えるものがなく、主演のジョン・トラボルタが画面に登場しているだけ、としか言いようのない作品。

大劇場で絶賛されるクライマックスのショーは、超一流として描かれるはずなのだが、そのパフォーマンスも心を打つものでもなく、シルヴェスター・スタローンの演出、脚本も平凡極まりない。

当然、本作は批評家観客から酷評されたのだが、それでも前作のお蔭と言っていいだろう、北米興行収入は約6500万ドル、全世界では約1億2700万ドルのヒットとなった。

整った顔立ちで鍛え上げた美しい体、女性を引き付ける魅力があるジョン・トラボルタは熱演するが、結局、本作を境に低迷期に入り、1990年代に復活するまで役に恵まれない時期が続くことになる。

本作でのジョン・トラボルタが、「ランボー」シリーズのシルヴェスター・スタローンを連想させる容姿に思えたのは私だけだろうか・・・。

主人公の心の支えになる恋人のダンサー、シンシア・ローズ、主人公を振り回すトップ・ダンサーのフィノラ・ヒューズ、主人公の才能を認めて見守りながらも厳しく接する演出家スティーヴ・インウッド、主人公の母親ジュリー・ボヴァッソ、主人公に役を奪われるダンサーのチャールズ・ウォード、音楽も担当した、バンドのギタリスト役フランク・スタローンシルヴェスター・スタローンの弟)、振付師のカートウッド・スミス、そして、ジョン・トラボルタと肩がぶつかる街の通行人でシルヴェスター・スタローンがカメオ出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020